なんでもまとめ

奨学金満額で借りてるアホ大学生だけど、勉強の休憩がてら自分語りしたい

1 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 04:51:47.48 ID:Xlxccjyl0.net
特定だけはしないお約束だぜ

16 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 05:45:44.01 ID:Xlxccjyl0.net

最後はおばあちゃんについてです。
どうやらおばあちゃんは体が不自由らしく、しかたなく車椅子に乗っているようでした。
でも気づけば、一日中ベッドで寝たきりになっていました。

95 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 19:33:35.56 ID:Xlxccjyl0.net

僕はすべてを重々承知した上で、その上でなお某国立大に出願しようと思うと伝えました。
そこから数日、僕と両親とで高校受験以来の激しい対立がありました。
というより、親子げんかと言った方がしっくりくるかもしれません。
高校受験以上に今後の生活がかかった場面だったので、お互いに絶対に譲りませんでした。

109 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 20:16:23.11 ID:CgInAvle0.net

>>107
そうなると延々と大学にいることに……
学問って本来そういうものだよね
お金かかるけど

54 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 08:44:07.49 ID:Xlxccjyl0.net

一つは、姉が高校でうまくいっていないということでした。
どうも姉が行った高校は地元色が強く、全校生徒が20人もいないような中学校から行った姉には居場所がないということのようでした。
僕から見ると、姉にとって最も過酷だったのはこの時期であり、前のように僕に強く当たってくる元気すらないようでした。

87 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 19:07:00.54 ID:Xlxccjyl0.net

親に結果を報告すると、心底驚いた様子でしたが、やっぱり両親ともに喜んでくれました。
次にお金渡すときは3000円プラスしとくよと言われ、ついにやってやったぞという達成感に満ちあふれました。

94 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 19:30:09.49 ID:Xlxccjyl0.net

すみません、前レス、父に「…」と言われました。の誤字です。

5 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 04:58:21.35 ID:Xlxccjyl0.net

我ながらいろいろ思い出深い人生なので思い出しながら暇を潰していきます

39 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 07:47:30.88 ID:Xlxccjyl0.net

小学校から帰ってくると、珍しく父が先に家にいました。
いつもは夜帰ってくるのを姉弟で待っているのですが、別にこういう日がないわけではありませんでした。
しかし、わかりやすくその日の父は雰囲気が違いました。
そして、もったいぶって「お前たちに話がある」と言って続けました。

62 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 17:31:49.83 ID:i8SSwlcD0.net

チン毛生えてきたのは何歳の時?

123 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 20:54:50.53 ID:Xlxccjyl0.net

コロナの影響もあって軽くヒキニート化してるんですが、他の人に自分の話をするって結構心が楽になりますね。
身の回りの人にこんなだらだら家庭の話をするわけにもいかないので、とてもいい息抜きになりました。
また来週のテストに向けて勉強再開しようと思います。
前期の成績が予想以上に良く、今院試免除の打診を受けているので、このチャンスを逃さないためにも頑張ろうと思います。

65 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 17:42:44.17 ID:Xlxccjyl0.net

程なくして学年が上がり、いよいよ高校受験について考えねばとなったとき、母のがんが再発しました。
お医者さんは「がんとはこういうものですから」と言っていたそうで、確かにそうだとは思いましたが、母的には最初に見つかった時よりショックが大きかったそうです。
すぐに入院、またあの闘病生活が始まりました。

50 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 08:22:56.57 ID:Xlxccjyl0.net

中学校で最初の中間テストに向けて、僕は猛勉強をしていました。
毎日のお見舞いで病室にいる間はずっと母のそばで勉強をしていました。
目に見えて弱々しく痛々しい様子の母でしたが、これで少しは母に力を与えられるんだと理由もなくそう信じていました。

6 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 05:04:02.48 ID:Xlxccjyl0.net

まず生まれがとんだど田舎でして、それはそれは自然豊かで田んぼと山とほんの少しの道路以外なにも無いとこでした。
もちろんコンビニなんか無くて、最寄りのショップは〇〇商店、最寄りのコンビニは歩いて一時間強って感じです。
で、閉鎖的な地域だったから保育園、小学校、中学校が同学区内にあって、ど田舎特有のエスカレーター方式でした。

27 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 06:29:36.40 ID:Xlxccjyl0.net

外は雪がちらついていて肌寒かったですが、上着を持ってくる余裕なんて無かったのでひたすら我慢しました。
校庭の端の方は地割れが起こったらしく、今集まっているところから動かないようにと何度も言われました。
ただただ家族と家のことを何十週も考え続けて一時間ほど待ったら、近所のおっちゃんが迎えに来てくれました。
うちの近くは瓦屋根が落ちたくらいで、家が潰れたりはしてないと聞いて安心しました。

128 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 22:44:19.75 ID:A8j3tNKw0.net

奨学金は成績優秀だと返済が免除される場合がある。俺は院で借りてたやつは全額免除できた。成績以外に学会発表とな課外活動とかも頑張って表彰とかされてたら間違いない。有意義な学生生活を

99 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 19:48:28.28 ID:Xlxccjyl0.net

しかし、僕としては、今までのすべての努力に意味を見つけるためにも、その某国立大合格以外は考えられませんでした。
並々ならぬ思いで来る日も来る日も勉強に明け暮れ、ついにはセンター試験を迎えました。

52 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 08:32:48.46 ID:Xlxccjyl0.net

しばらくして、母の退院が決まりました。
といっても、自宅で安静にしつつ病院に薬を入れてもらいに行く生活で、当然闘病が終わったわけではありませんでした。
お医者さんによると、母は薬の感受性が高く、人一倍抗がん剤が効くため、病状は悪くないということでした。
ですが、その分副作用もひどく、昼夜問わず母が苦しむ姿を見る方が、僕たちとしては母が入院していることよりも辛く感じました。

19 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 05:57:16.94 ID:Xlxccjyl0.net

そのうち自宅専用のナースコールみたいなものや手すりが増設され、おばあちゃんに何かあった時は茶の間に「エリーゼのために」が流れました。
それを聞いたら一目散におばあちゃんの部屋に行って、専用のベッドの角度を調整したり、これまた専用の機械で痰をとってあげたりしました。
時にはトイレやおむつの手伝いもあって、嫌なこともありましたが、エンシュアリキッドというミラクルジュースをくれたのでちゃんといっていました。

56 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 08:51:22.45 ID:Xlxccjyl0.net

さすがにちょっと課題やってきます。
まだ書く元気あったら戻ってきます。

81 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 18:45:37.63 ID:Xlxccjyl0.net

それと、姉を参考にして部活に入ることも決めました。
そこでなんとか居場所を見つけて、なんとか学校生活を乗り切ろうと思いました。
次の日から、僕は決死の覚悟を持って登校しました。
次心が折れたらもう立ち直れないだろうことをなんとなく察していたからです。

129 :名も無き被検体774号+:2021/01/18(月) 07:00:24.14 ID:BVmIuwy+M.net

しっかり勉強続けて親孝行しろよ
入学はゴールじゃなくてただのスタート地点だから…

129 :名も無き被検体774号+:2021/01/18(月) 07:00:24.14 ID:BVmIuwy+M.net

しっかり勉強続けて親孝行しろよ
入学はゴールじゃなくてただのスタート地点だから…

86 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 19:04:58.25 ID:Xlxccjyl0.net

テストが順に返され、結果が張り出されました。
張り出しに自分の名前があるのを見つけました。
中間テストということで周りも相当気合いが入っていたらしく、中間で載るのすげーなと、クラスの人に声をかけられました。
なんだか照れくさくて、でも、とても嬉しい気持ちでした。

2 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 04:53:09.21 ID:Xlxccjyl0.net

というか、初心者なんですがここでつらつら話していっても良いのかな、もっとしかるべき板があるとかなら教えて欲しい

55 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 08:48:12.54 ID:Xlxccjyl0.net

結局、姉は部活動を通して居場所を見つけてまた明るくなっていくのですが、負の連鎖は終わりませんでした。
今度はおばあちゃんの入院が決まりました。
しかも、病気の悪化や肺炎ということではなく、純粋に心肺機能が著しく低下し、もう長くはないからというものでした。
それでも、我が家のフェニックスはそこから数ヶ月にわたって羽ばたき続けました。

73 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 18:11:16.21 ID:Xlxccjyl0.net

どうやら、親としても我が子のできがあまりよくないということに気がついていたようで、無理して〇高にいかず、ランクを落としてもっと楽しい高校生活を送れとのことでした。
といっても、僕はもう心を決めていたので、そのうち親が折れるだろうと思ってそれほで気にしていませんでした。
しかし、意外にもこの対立が激化していき、挙げ句の果てには「勉強ができたからといってなんになるんだ」と親にぶち切れられてしまいました。
僕はすでに、勉強を頑張ることで生活をよりよくするしかないと考えていたので、それにもめげず〇高に出願しました。

98 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 19:45:34.43 ID:Xlxccjyl0.net

>>96
小さいときから僕にはもう勉強を頑張ろうという気持ちしかなくて、周りの環境も相まって大学進学以外は考えられていませんでした。
正直返しきれるかはわかりませんが、ここまで来てしまったので流れに身を任せて頑張ってみようと思います。
ただ、借金はやはりよくないのもその通りだと思います。
もし他の人が同じように悩んでいるとして、借金してでも大学に行くべきだよとは、僕にはとても言えません。

71 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 18:02:10.51 ID:Xlxccjyl0.net

残るは僕ですが、当然のように中学三年間は勉強に明け暮れていました。
超小規模校なので決まった部活というものはなく、放課後軽いクラブ活動をして集まるみたいな感じだったので、勉強に専念することができていました。

124 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 20:56:16.37 ID:nhAYFgF10.net

国立って貧乏だと免除ない?

40 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 07:50:47.86 ID:Xlxccjyl0.net

父は「お母さんが入院することになった」と言いました。
僕はもう小学生ながらに大変に嫌な予感がしていました。
父はただできものができたから、それを取るだけと言っていましたが、そのわざとらしく落ち着いた感じはすでに何度か見たことがありました。

30 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 06:39:49.68 ID:Xlxccjyl0.net

うちの被害と言えば、瓦が数枚と食器がいくつか、本棚がぐちゃぐちゃになったぐらいで、なぜか朝からテーブルに立っていたリップクリームは倒れてすらいませんでした。
茶の間にある人形が一体、首から割れてしまいましたが、父が「全部やなこともってってくれたんだね」と言っていて、不気味な人形にそんな役割があったのかと感心しました。

119 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 20:38:23.44 ID:i8SSwlcD0.net

母親は元気か?

68 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 17:49:57.87 ID:Xlxccjyl0.net

授業中にいきなり呼び出されて、先生に「手術は成功したようですよ」と言われました。
ですが、うれしさとかはなく、まあ、でしょうねみたいな、当たり前でしょといった気持ちだけでした。
そして、卒業式前にまた寛解の状態まで持って行くことができました。

14 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 05:38:32.02 ID:Xlxccjyl0.net

次はお金の話、どうやらうちはいわゆる貧乏なようでした。
当時は分かりませんでしたが、両親はどちらもパート勤めで稼ぎはお察しの通り。
祖父母も退職しており、それもどちらも工場勤めだったらしく、老後の蓄えとかいう考えはあまりなかったのだろうと思います。
加えて、祖父は年金すら払っていないようでした。

23 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 06:11:29.17 ID:Xlxccjyl0.net

その日の午後の授業は、この一年間の自分新聞を作ろうというものでした。
小学校のパソコン室で最近覚えたローマ字でもって、必死に文字を打っていました。
そんな中、ごごっと聞きなじみのない低い音が響きました。

78 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 18:33:49.68 ID:Xlxccjyl0.net

数日して僕は学校を休みました。
親には体調が悪いと伝えましたが、体は健康そのものでした。
もう高校には行きたくありませんでした。

85 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 19:02:02.63 ID:Xlxccjyl0.net

次に来たテストは中間テストでした。
僕は高校受験時の勉強がかすむぐらいの猛勉強をしました。
そのつもりで頑張りました。
手応えも悪くなく、これならワンチャンあるぞと心の内で思っていました。

130 :名も無き被検体774号+:2021/01/18(月) 17:05:19.60 ID:hI9XPPrH0.net

全部よんだ。君ならこの先いい人生を送れるよ根拠は無いけどw
働き始めたら心が貧しくならない程度に節約して毎月の返済とは別に貯金して置くといいぞ
人生の転機が来たら必ずお金が必要になるからな。使う機会が無いなと悟ったら返済回せばいい

90 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 19:17:54.01 ID:Xlxccjyl0.net

今思っても、高校生活はあっという間でした。
あっという間に大学受験を考える時期になっていました。
といっても、進学校らしくことあるごとに進路指導をされ、大学受験は常に意識づけられていました。

74 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 18:17:06.05 ID:Xlxccjyl0.net

結果、あっけなく〇高に合格でき、さすがにそのときは両親ともに喜んでくれました。
しかし、合格してすぐに〇高から大量の課題が届き、入学式前までに提出するように言われ、これが進学校かとつばを飲みました。
親はほら見たことかとどこか勝ち誇った様子で、どの目線でものをいっているんだと内心イライラしていました。

126 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 21:00:17.91 ID:Xlxccjyl0.net

>>124
もちろん授業料は免除してもらってますよ。
ただで素晴らしい講義を受けられるので、そこはラッキーですね。
教科書とかは金かかりますけどね笑

91 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 19:22:02.09 ID:Xlxccjyl0.net

僕の志望校はと言えば、最初は一番近い〇大に入れれば御の字だなと思っていたのですが、先生にけつを叩かれ続けてどんどんとつり上がっていきました。
そして、先生に「△大を狙うと言っていたら終盤落ち込んで合格を逃す。本当に△大に行きたいならもうひとつ志望のランクを上げろ」と言われ、ついには某国立大志望になっていました。

107 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 20:11:47.07 ID:Xlxccjyl0.net

>>105
年収1000万を越える人は数%しかいない、とかも聞きますし、やはり現実は厳しいのでしょうね。
実は今、やりたい研究が見え始めてきていて、その研究を成就させるために勉強を頑張る、というようにシフトしてもいいかもしれませんね笑。
もちろん、お金が稼げたらそれはそれでいいですが。

32 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 06:49:39.33 ID:Xlxccjyl0.net

程なくしておばさんも家に来て、どうやらおばあちゃんは大丈夫そうだということでした。
それでも何かあると怖いからと言って救急車を呼びました。
夜だからかサイレンは鳴らさずに敷地に入ってきておばあちゃんを乗せていきました。
初めて人が救急車に搬入されるところを見ました。

77 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 18:32:33.84 ID:Xlxccjyl0.net

僕も当然内容を確認しました。
一応模試はA判定で通っていたので、もしかしたらという気持ちがありました。
しかし、僕の名前は載っていませんでした。
それどころか、(三桁)位という見たことのない自分の順位を見て愕然としました。

104 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 20:03:00.94 ID:Xlxccjyl0.net

二次試験本番の日、特に緊張とかはありませんでした。
それでも、本番の魔力というのでしょうか、出来は散々なものでした。
友達に励まされながらホテルに戻り、あろうことか僕は自己採点をしてしまいました。
そして、この上なく絶望しました。

66 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 17:44:33.06 ID:Xlxccjyl0.net

それでも、前と違うこともありました。
それは、僕たちに余裕があることでした。
なんせ一度はあのステージ4を乗り切っているわけですから、こんなものわけないと、母には悪いですが勝手にそう思っていました。

82 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 18:47:48.42 ID:Xlxccjyl0.net

さらに、親に必死になっているところを見られたくないので、家では課題をちょろっとこなすだけで、猛勉強はしないと決めていました。
これは、思春期特有の気恥ずかしさというのもあったのかもしれません。
それと、なんとか親を見返してやろうと、ある条件を持ちかけました。

37 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 07:03:47.32 ID:Xlxccjyl0.net

というか休憩に時間使いすぎだなこれ。
来週のテスト大丈夫か…

9 :名も無き被検体774号+:2021/01/17(日) 05:17:45.71 ID:Xlxccjyl0.net

まわりの人は普通に生活してるのに、うちのおばあちゃんは変だなって見てたんですね。
でも僕はめちゃくちゃおばあちゃんっこで、小学校に上がる前に数字とかアルファベット、足し算とか教えてもらってました。
小学校上がる前から足し算できるなんて〜、みたいにいっぱい褒めてもらったのを覚えています。
ちなみに、おばあちゃんの味噌焼きおにぎりは人生で一番うまいおにぎりだと断言できる自信があります。