なんでもまとめ

ハウルの動く城を解説したい

1 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/11(土) 04:33:10.09 ID:5zw/AyMm.net
金曜ロードショーで何度目かのハウル見たけど、初見の時は色々わからなかったことが今回は完璧に理解できた。

80 :ピリア:2018/08/13(月) 22:36:39.66 ID:7u3k4bWY.net

>>77 
マルクルが家族が欲しそうっていうのは
「ソフィ行かないで、僕ソフィが好きだ」とか「僕たち家族?」って言うからね。
そう思うよね。

マルクルって、キャラの背景とか、動機づけが全然描かれない。
彼はソフィに懐くし、ヒンを「飼っていい?」と聞く、荒野の魔女に孫のように寄り添うし、労わる。
彼は子どもらしくふるまい、メンバーを家族として繋げていくけど、
それはメンバーと物語にとって必要なことなんだけど、
でも彼がなぜそうするかっていう動機はまったく描かれていない。

だから子どもらしくてかわいいけど、あまり魅力的ではないと思ってたな、最初のころは。
でも宮崎駿がさ、そんな不手際なキャラ造形するわきゃなかったわ。こども大好きおじさんなんだから。

マルクルってさ、声が神木隆之介だよね。
前作で坊だった彼がまた登用されていることでも、
油婆と坊の関係の物語がハウルの動く城に引きつがれているのを感じるんだけどさ、

もっと言うと、つまりマルクルって坊なんじゃないかな。
家族の中で育つって、子どもにとって必要なことだったのに、坊はその機会を奪われていたよね。
千尋と冒険して、成長して帰ってくるけど、
駿はもっと坊を描きたかったんじゃないかな。できれば救済を与えてあげたかった。

だからマルクルの動機や背景は、ハウルじゃなくて千と千尋の中にある。
「家族の中で育つ子ども」だね。

質問ありがとう。マルクルについて書き足りてなかったし、
書きながら考えがまとまりました。

さて・・・
秘密について書こうとすると、質問が来て流れが変わるっていうのは、
まだ早いか、今自分がやろうとしてる書き方じゃマズイってことかなぁ・・・

348 :ピリア:2018/09/05(水) 22:23:42.52 ID:C+dmigMT.net

>>347
!? ありがとうございます。
それはあまり考えた事のないトピックでした。
本もすぐには思い当たらないです。申し訳ない。

でも興味深いです、ちょっと考えさせて頂きました。

・・・え?男性?女性?まいっか。
どっちでも当てはまるように書いてみます。

ジョーゼフキャンベルの本の中に、
時代と共に父性が台頭し、
女性性が抑圧されていく、という記述は詳しくありますが、
論点がちょっと違うかな・・・、無関係ではないけど。

父なる神より母なる神に親和性を持ち続けてきた日本でも、
平安時代までくらいは通い婚などで成り立つ母系社会だったのが、
戦国の世になるにつれて徐々に父系社会、父権の支配する社会になっていった、
という流れは同じです。人類の意識の成長の段階なのかなと思います。

性の衝動というのはとても強力な原動力になります。
だから支配する者たちはこのパワーに何重にも何重にも洗脳と封印を施してきました。
歴史の中に、教義の中に、教育の中に、常識の中に、家庭の中に、幾重もの抑圧があります。

性愛が強い、というのは抑圧された衝動の裏返しとか、カウンターのような気もします。
性の魅力、魔力で異性を惑わして、そこに喜びを感じているようなら危ないですが、

しかしもし生来の気質として、性に奔放であるのならば、
それはそれで各々で選んできた人生のテーマなので、
それを道として追求していくのも素晴らしいと思います。
カーマスートラのように、それも 奇跡 創造 へ至る道になります。

ただ、この時代に生まれて全く抑圧の影響を受けていない、
ということは考えにくいので、性への抑圧に類するガラクタの思考パターンは
ホオポノポノのようなメソッドで解放していく方がいいかと。
「女とは○○であるべき」「男とは○○であるべき」
みたいなものは片っ端からアンインストールしていっていいと思います。

算命学で言うと春水とか、性的な魅力を持ち、子供に恵まれやすい、
というような性質、宿命をもって生まれる方は、男女ともにいます。

うーん、書籍の心当たりがなくて自分も残念です。今後気にかけていきたいです。
ただ、カーマスートラやポリネシアンセックスなどを、方法論だけではなく、
古い知恵の中にある考え方、哲学を教えてくれる本を探すといいかもな、
と思いました。

384 :ピリア:2018/09/09(日) 03:56:56.80 ID:BrJ5WBFf.net

血界戦線はモロに、
異界と現世が交わる街、ヘルサレムズ・ロッド
というナレーションで始まり、実にそのとおりの設定です。
ドラゴンボールのようですが、もう少しノリがシリアスですね。

住人の意識の平均レベルが3次元付近のまま、

世界観やテクノロジーの次元が5、6次元付近になってしまうと、

ああいう風に、世界は常に崩壊と消滅の危機にさらされるという。

なるほど感のある設定です。

535 :ピリア:2018/09/29(土) 10:17:04.20 ID:j1RhZbBo.net

さて、

言葉、名前、イメージ、呪、などはざっくり言って、

全知全能ゆえに零知零能の
奇跡 創造 の領域に方向性を与えるもの、という話をしたところで、

五十嵐大介の魔女から名言を引用。

さて、あなた方の立場から見れば、
わたしは2つの世界をつなぐ者。

言葉のある世界と、ない世界の。

あなな達の世界は“有限”
わたし達の世界は“無限”

あなた達の言葉は、
ありとあらゆる可能性を特定の性質に切り分けるナイフ
自分たちの都合のいいように世界を刻む道具。

わたし達は世界をあるがままに見る。
わたし達は言葉を知りながらそれを棄てることができる者。

魔女は常に無限と繋がっていて、
有限のあなた達に捉えることはできない。

かつては全ての存在が無限であったのにね。

引用以上。

543 :もしもしp:2018/09/29(土) 16:16:02.31 ID:YxO8FS/X.net

男性原理と女性原理は、
もちろん一人の人間の中にその両方がある。
当たり前だが一応言っとかないとな。
左脳と右脳のどちらを優位に使うにしろ、
どちらも備えているのが生命の基本なのとおなじことだ。
片っぽだけでは成立しない。
で、使い様は各人の個性による。

現代はおおまかに見て科学優位、男性原理優位っぽい時代だ。

で、その男性原理と女性原理は、
同じところから来て二つに分かれたもので、
ある時点までは対立項だが、
順当に次元が進めば融和の時が来るだろう。

女性原理は魔法で、創造 奇跡 を受け入れて力を生みだすとすれば、

男性原理の科学は、創造 奇跡 へ向かって知や力を積み上げていくような、

そんなイメージだ。
科学が進めば、いずれそれだけでは行き詰まる。
そこで魔法が必要になる。

魔法だけで進んでも、いずれ行き詰まり、科学的な積み上げが必要になる。

そして両者は補完しあって、
より素晴らしいテクノロジー?になる。
厳密にそれをなんと呼ぶかはよう知らん。
ここまではそのテクノロジーもまとめて魔法と呼んできた。
だからちょっとその辺は混乱があるかもな。

312 :もしもしp:2018/09/02(日) 05:16:58.09 ID:MFngjzqw.net

あ、そうか。ドーラはおばあちゃんだから持っている女性性の力は多産の後、たくさんの息子達でいいんだ。

少女とか若い娘だったら、異なる存在を受け入れる段階で、

母になったら、新しいなにかを産む段階で

もっと年取ったら、産んだ存在に囲まれている段階。

年齢とともに女性性のもつ力の段階が変化するってことで良いのでは。
もはや魔女の力というか、女神の力ですね。

428 :ピリア:2018/09/15(土) 03:52:36.79 ID:zCAlcXwz.net

カルシファーが荒れ地の魔女が放った葉巻を食べちゃうのもそうだ。

カルシファーに拒否権はない。

欲が、気分がいいからとか、美味しいからって体に悪いものを摂取しても、
体からじかに文句が出たりはしない。

ただ、後で気分が悪くなったり、ダメージが蓄積されていったりはする、という。

438 :もしもしp:2018/09/15(土) 18:57:00.54 ID:fjTR9JJA.net

自分が子供の時には、かめはめ波とか、
アバンストラッシュとか牙突とか、
練習してましたけどwww
新世代の子ども達は、
ガチでその辺の必殺技の練習から
精神的なメソッドを習得してくるかも知れませんねww
密教の修行僧もびっくりだなww

637 :ピリア:2018/10/05(金) 17:17:19.09 ID:QgQas3ES.net

その領域の感覚を得ること、
その領域に古くなったものを還すこと、

これは万人におススメできます。
SKY-HIには、その感覚があります。
掲示板は文章だけですが、ライブ映像は、
動画で情報量が実に膨大です、そして無料で公開されています。
これは本当に本当に素晴らしいことです。ぜひ見て習いましょう。

スピリチュアルなマスターのセミナーは受講料が高い事が多いです。
エゴと堕落とジプシーの気配がします。自分は警戒します。

SKY-HIは音楽が本業です。精神的なメソッドでお金を得ようとはしません。
SKY-HIのやり方にはエゴを発生させる隙がないように見えます。

あ、そっか。
まず道を求める自分に名前をつけるのもいいかも知れません。
SKY-HIとかピリアとか、至るべき領域をあらわすような名前をです。
誰に名乗らななくてもいいんです。
通常の顕在意識の自分がハクのような竜やスランプのキキだとしたら、
千尋のようなハイヤーセルフ、ソフィやウルスラのような天使、無意識に
名前をつけるイメージです。
で、ハクが虫を吐き、ウロコをばらばらキラキラと落として、名前を思い出したら、
その両方が、手をとって共に飛ぶんです。

199 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/21(火) 13:02:34.76 ID:???.net

今までの投稿全て楽しく読ませてもらいました。

あなたはスピリチュアルの方面にも詳しそうに思えたので話が違ってくるのですが質問いいですか?

黒い空間に意図せず迷いこむ人がたまにいるようなのですがそれは何故だか分かりますか?
突然の身勝手な投稿すみませんでした

303 :ピリア:2018/09/02(日) 00:16:24.15 ID:5CZVOiaK.net

内容:
サリマンと金髪少年について考えた。

あれはサリマンは傍にいる人間の個性を認めない、ていう意味かな。
それも支配者の属性というか。

岡田斗司夫の言う金髪少年が恋人説には違和感がある。
だってもし自分が複数の恋人をはべらすなら、ちょっとずつ違うタイプがいいからだ。
まったく同じ顔、同じ性格なんだったら一人で十分だろう。名前も呼び分けられそうにない。
ギャルゲーだって乙女ゲーだって、色んなタイプのキャラを揃えたものが主流だ。

学校の制服で例えると解るだろうか。

学校はみんな同じ服どころか、学校によっては髪型の指導、
鞄や靴や靴下まで指定している。ピアスやアクセサリーも禁止だ。
こういうことを個性の抑圧だと反発を感じた人は多いだろう。
ファッションには自己表現の側面もある。

しかし、制服を着ることを楽だ、安心だと思った人もいるだろう。
毎日毎日着る服の組み合わせまで考えていたら、
金銭的にも労力的にも負担が大きい。
また制服を着ているだけで、
学生という身分、アイデンティティを与えられていると感じたり、
学校組織に帰属意識が生まれるということもある。

別に制服を批判したいわけではない、
メリットもデメリットもあると思う。

ただ、支配される、ということは楽だとか安心だと感じることもある。
と言いたいわけだ。

まったく同じ見た目の金髪少年は制服的なものの究極だ。
サリマンの示した型、鋳型に自らをはめこんで、
自分の主義主張、個性を捨て去っているのがあの少年たちの中身だ。

なーんにも自分で考えない、すべてはマダムの言うとおりにしていれば、
金髪少年としてならマダムに可愛がってもらえる。
事務処理能力だけはある人形人間だ。

金髪少年の中身はカオナシだな。からっぽなんだ。

支配者はカオナシが好きだ。
自由、自己主張は支配とは相容れない。

サリマンがいなくなったら金髪たちはカオナシみたいに
ぼーっとしてるか、新しい主人を欲しがるか、暴走するかになるだろう。

602 :ピリア:2018/10/03(水) 03:12:38.11 ID:I1s0zRra.net

音楽だけなら米津玄師とかのほうが面白い音だと思うけど、

SKY-HIは文字通りやってることの 次元 が違うww

いわば祭祀だ。

ライブ会場、武道館では本来の意味での祭儀、
神話の力をもった祭りや祈りの場と同じことがおきていたはずだ。

全てを飲みこむ奇跡 がおきていたはずだ。

ライブ会場を出ればフライヤーズたちは日常に戻り、
またガラクタを再生する日々に飲まれるかも知れないが、
奇跡 創造 に触れたことは、きっと心の何かを変えるだろう。

まじでジャンル分けできねー人だww音楽家だし祭祀だww

教祖と信者は現代において不健全な関係になりやすい。
宗教が支配と依存の温床になってしまっている。
もちろん全てがそうだとは言わないが。

アーティストとファンなら、まだ健全な関係でありやすいだろう。

尾畠春夫さんは、
講演や報酬を断り、自分の気持ちの純粋を保っている。
これは四次元のダークサイドに堕ちない方法だ。

SKY-HIのように、
他者を背負おうと思ったら、魔法も使って、
身体技術や芸術やモノづくりなどの道、メソッドを
高いレベルで会得していかなくてはならない。
それが四次元を越えていく方法だ。

どちらも尊い生き方だ。
宇宙由来の天使なんじゃないか。
ありがたやありがたや。

553 :もしもしp:2018/09/30(日) 02:47:07.32 ID:7sydPQHk.net

>>552
ありがとうございます。
どうもこの掲示板に書き込むっていうので、
言いたいことをちゃんと書くのも、
書いてある意図をちゃんと読むってのも、
独特で難しいとこがありますね。
対面で話したらフィーリングで解ることが、
なかなか匿名で文字だけのやりとりだと難しい。

ユバーバとゼニーバ、良く読んでみます。

先にソフィについて答えると、
駿はちゃんと魔女以上の魔女的な存在を何と呼ぶのか、作中に入れてました。

妹の「お姉ちゃん天使にでもなっちゃったの?」

駿は魔法以上の、奇跡に触れている存在を、天使と呼ぶようです。

代償のいる魔法の力を使って魔女や魔法使いや、
マッドサイエンティストになるより、

ありふれた普通の人生を、奇跡と共に生きる天使になる方が、ずっと素晴らしいと、ハウルではそう言っているように思います。

そういや尾畑春夫さんが情熱大陸に出てたから録画したんですが、
苦労もされてますね…。悲しみもある。
でも堕落しない方法を彼は心得ています。
講演や取材を断り、お礼を受取ることを断り、
自分のなんでもやらせていただきます、という純粋な気持ちが汚れるのが怖いと言ってました。

かなりの天使ではないかと。

え、ていうか魔女増えてんの?
スゲー見てぇー。でも怖えー。

もちろん魔女、魔法というのも、
ひとつの道だと思います。
そういう道を選んで生まれた人もいるでしょう。
しかしどんな道でも、
到達したと思って満足して歩みを止めるとサリマン化が始まる。

魔女になっても、その先の天使を、奇跡を目指して、
少しずつでも歩いていけるといいですよね。

183 :ピリア:2018/08/18(土) 23:42:14.82 ID:HcPztvdZ.net

そういえば自分は鍛えられた駿信者wなので、

「引っ込まないと鼻がなくなるよ」も意味深にとっちゃうww

マルクルがソフィに「引っ込まないと鼻がなくなりますよ」と言うけど、
あのドアの開け閉めで鼻がどうにかなるかな?

千と千尋 でリンが千に言う「鼻がなくなるよ」は、
壁と室内の仕切りがない、安全面に問題のある
エレベーターに乗っているので、納得なんだけど。

あれは
今のセリフ、千と千尋でも聞いたな、
そういえばマルクルの神木隆之介は坊もやってたな、

と、想起させる信者向けのヒントではないかとw
>>80のマルクル=坊の話題ね。

633 :もしもしp:2018/10/05(金) 04:48:01.85 ID:73+BdXC0.net

変な時間に起きた。

次はもののけ姫見るつもりだけど、
もののけ姫は要素が多い。
自然、神々、人、文明、権力、戦争…

もしもだ、
もののけ姫を、この地球そのものの物語として読むことができたら、

弦楽多重奏を、ピアノとのハーモニーに寄せていけるってことじゃないか?

ビギナーズラックってこえーな…。
まあ、希望的観測だ。
放課後の雑談的に、力は抜いていこう。

590 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/10/02(火) 16:55:07.64 ID:???.net

初期のデザイン、という言い方は大仰だったかな
候補の一つ程度のハナシだったかもしれない
どちらにせよ緑がかった黒髪に決定したんだからあまり関係ない話だったね

523 :もしもしp:2018/09/26(水) 22:01:26.16 ID:uoofBi1q.net

>>522
ありがとうございます。
なるほど、そこまで油婆有利に読みますか。ふーむ。
そこも気をつけてもう一周してきます。
うへへ楽しい。

油婆と銭婆の人格の統合、
という課題はハウルに持ち越してる
とも言えるかも知れませんね。
ハウルの登場人物は、心の働きの擬人化でもあり、
最後はほとんど皆があるべき姿となって、
物語全体が一つの心として統合される、
と読むことができました。
そこに裏テーマとして油婆と銭婆も含まれていたのかも。

180 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/18(土) 22:52:26.54 ID:kl8ZXpgK.net

>>178
サタンとアーリマンです。(小声)
現実面がイルミ○○○、
精神面がヤハ○○です。

闇には深入りせず、心を完成させていきましょー。

364 :ピリア:2018/09/08(土) 15:44:41.32 ID:3klDptkq.net

さて、進撃はどうも色んな設定が斬新で、
切り口がなくて悩んだのですが、
やっぱ諌山創は若いからなぁ、
この物語が本当に響くのは諌山の同年代以下の世代なんだろうな、
と思ったところでちょっと解ってきました。

つまり、新世代、インディゴやクリスタルやレインボーなチルドレンからは、
この世界はあんな風に見えているんじゃなかろうか、と・・・。

やたら描写が残酷なので、繊細な新世代へ向けての物語だとは思わなかったけどw
でも若年層にもウケて流行ったし、そういうことなんでしょう。
知り合いの小学生がものすごいハマってました。

4 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/11(土) 04:49:54.80 ID:DojP6IuN.net

小説の原作のほうでは明確にソフィも魔法が使える存在である、という描写がある。
モノに命を与える魔法だったかな。物語が進むにつれ自分の魔法に気が付いていくんだけど、
宮崎駿のハウルではあえて言わないんだろう。
とにかく、ソフィも作中で何度も魔法を使うが、その多くは「魔法を解く」魔法だ。
荒れ地の魔女が「私は魔法をかけられるけど、解けない魔女なの」というセリフがあるが、
それはソフィは逆の「魔法を解除、あるいは中和する魔女だ」ということを示していると思う。

296 :もしもしp:2018/09/01(土) 04:38:09.72 ID:1hV6IwLU.net

しかし米林監督の感性にはちょいと カッコイイ が足りない気がするな…。
全体的にデザインがモサい。言いたい事も古い。
そのモサさ素朴さを味わい深いオリジナリティにしていけるといいんでしょうね。
欠点と長所はコインの裏表だからな。

306 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/09/02(日) 03:26:39.15 ID:???.net

カリ城のクラリスも赤毛かな
異種というか堅気でない別世界の人との交流だけど

272 :もしもしp:2018/08/30(木) 19:27:06.57 ID:hkFJEN44.net

>>270ありがとうございます。
高畑勲のかぐや姫もそんなテーマだったんでしょうかね?
流し見しかしてない…。
肉体を持つ、というのはなんだか色々な学びになるらしいですが、
やっぱり綺麗なものが傷ついてしまうかもしれないのは、悲しい気がしてしまいます。
グランマンマーレのお礼は、
繊細で優しい魂を、繊細で優しいままに守って、育ててくれて、ありがとう。
っていうありがとうなんだと思います。

343 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/09/04(火) 20:49:25.90 ID:4/yKsgR0.net

【ブルマ57、まる子53】 放射能による急死と報じず  <安全安心>  早野龍五氏 坪倉正治 開沼博
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1535594247/l50

647 :ピリア:2018/10/06(土) 02:20:24.45 ID:B6DxuQHi.net

このスレに訪れた善きインスピレーション、道を求める自分に名前をつける。

ありがたく受け取って、慎重に進めてみよう。きっと面白いことになる。

龍使いのお母さんもよかおめ!ほんとおめ!
龍使いのお母さんはいわばハク、顕在意識のニックネームなので、
千尋、ソフィ、ウルスラのようなハイヤーセルフ、天使、無意識、に名前をつけましょう。

ハイヤーセルフにつける名前で、

ハイヤーネームとかとりあえず呼びましょうか。

精神的な高みを目指す自分の名前、至るべき領域を示す名前です。

自分のためだけのこの名前をつける、
自分の内面を見つめる。
その領域をあらわす言葉を探る。
これがすでにまさに、その領域につながろうとするアプローチになります。

「中二病恥ずかしい」をクリーニングしましょう。
それはきっと必要な感覚の萌芽だったのに、
黒歴史にしてしまった人のなんと多い事かwww
自分も含めwww

四次元を越え、他者とシンクロする学び、
精神的な高みを目指す学びの次元のダークサイドが、エゴだ。

顕在意識は、色んなものごとの影響を受けて、常に揺れている。
喜怒哀楽、色んな感情が湧いてくる。過去の再生やガラクタに悩まされる。

この状態のまま高みを目指すと、
すぐに進んだ認識とエゴが結びついて、堕落する。

だから、役をつくる。役に入って神秘に近づく。
終わったら、普段の自分に戻る。

これで、進んだ認識と、エゴを分けておける。

SKY-HI、ピリア、ジブリ、ポノック
本名とは違う、こういうハイヤーなネームをつけよう。
そしてこういう役に入ってから、精神的な認識を形にしていこう。

511 :ピリア:2018/09/25(火) 21:28:16.91 ID:0Ldoznxg.net

銭婆は千尋が色んなメリットをもたらしてくれたから、
釣り合うだけの返礼に髪飾りをくれたんであって、
単に親切なんじゃないな・・・。

こわー

普通に親切だな〜とか思って見てた自分の暢気さがこわいww
サリマンいい人ぽいじゃんとか思ってたのと一緒だww

ほんとに怖いヤツってのは、
一見魅力的なんだって言いたいんだろうな、駿は。

銭婆もサリマンも虚実おりまぜて喋るしな・・・。

109 :ピリア:2018/08/15(水) 03:28:35.72 ID:8rav2sbV.net

さて、いよいよ「未来で待ってて」だ。
もうさあ、こんな難解なクライマックスの物語、見たことないよ。
駿ハンパないって、そんなんできひんやん普通!おかしいだろ!って言いたい。
自分もクリエイターの端くれだから、あのキャプテン君の気持ちが今よくわかるわ・・・

97 :ピリア:2018/08/14(火) 23:41:15.89 ID:xjRoQSYs.net

今日は録画したハウルもう一回見てきた。
そしたらまだまだ書いたら面白いだろうな〜っていうトピックがあった・・・。

ソフィも魔女なんだと繰り返してきたけど、
いつからソフィは魔法を使えるようになったのか、今日解った。

あれだ、あの空中散歩だ。
ハウルに寄り添われながら「足を出して、歩いて」「上手だ」って
あれが魔法の手ほどきになってるんだわ。

あと指輪はハウルとカルシファーの方を指すほかにも
「無事に行って帰ってこれますように」ていうまじないがかかってた。
扉の向こうの黒い空間のなかで、目的地に行ったところまでで壊れちゃうけど。
帰り道にはヒンがいた、と。

黒い空間にアクセスする時は、十分に注意が必要で、
我流では危険が伴うってことも宮崎駿は描写している。

515 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/09/26(水) 20:21:24.63 ID:MGXEn3tI.net

ちょっと質問
湯婆が銭婆の力を奪ったようにも感じるけど、それはない?
奪った力にがんじがらめになってるような気も。
力が中途半端なところも、そのせいかと思ってました

412 :ピリア:2018/09/13(木) 01:17:28.01 ID:u7vvdiXV.net

進撃はアニメの曲も好きw
リンホラもサンホラも好きなんじゃー

81 :ピリア:2018/08/13(月) 23:06:26.25 ID:7u3k4bWY.net

ん?言葉足りないかな?
だから、マルクルは坊の「家族のなかで育ってみたかった」っていう思いを
ひきついでいて、それを昇華するキャラってことなんだけど。

そいうえばハウルが「マルクル、掃除婦さんに掃除もたいがいにしろって言っておいて」
ってソフィが目の前にいるのにわざわざマルクルを伝令につかうのも、
マルクルがメルクリウスでメッセンジャーなことを言いたい場面だよね。
ハウルのヘタレっぽさの表現にもなってるけど

309 :もしもしp:2018/09/02(日) 03:52:43.00 ID:MFngjzqw.net

え〜、クラリスまで赤毛で魔女的なら、
ドーラも例外じゃなさそう。

自分と異なる存在を受け入れる、という意味の女性性が魔女の力かと思ったけど、

ドーラは息子がいっぱいいるから、それかな。
多産も女性が象徴する力のひとつってことか。
あれが全部実子なら確かに普通の人間では厳しそうw

34 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/11(土) 23:24:47.86 ID:4L9l6wWB.net

荒野の魔女が象徴しているのは 欲 だね。ずっとハウルの心臓が欲しいと言ってる。
マルクルはマーキュリー、ヘルメスとかギリシャ神話の神様だと思う。
この神様は伝令とかメッセンジャーの側面がある。
マルクルは、寄せ集めでバラバラのメンバーの間をつないで疑似的な家族にまとめる役だ。
家族の機能というか基本に子供を育てる場ってことがある。マルクルという「子ども」がいることで、
ハウルは父、ソフィは母、荒れ地の魔女は祖母、そしてペットの犬という役割が割り当てられて、
家族としての見た目になる。

214 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/23(木) 09:23:59.16 ID:VnqfOHHM.net

ポニョがタロットって、どういうこと?

184 :ピリア:2018/08/18(土) 23:44:40.78 ID:HcPztvdZ.net

もう昼夜逆転はやめるやで(宣言)
願わくば、メアリの感想までスレがもちますように。

539 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/09/29(土) 14:00:33.45 ID:x37MfLE5.net

ゴロウデラックスの再放送で魔女の宅急便の原作者の角野栄子さんが出ていました
魔女の宅急便のヒントは娘さんが12歳の時に書いて机に置いておいたイラストでした
魔女の女の子、ホウキにリボンが付いていて、ラジオが引っ掛けてあって音符もあります
とても上手で丁寧なイラストでした

魔女の魔法を一つにしたのは、何でもできるより一つの方が、
飛べなくなる日もあるだろうし、色々な事を乗り越えていけるからだそうです

続編で35歳となったキキはトンボと結婚して男女の双子のお母さんになります
どうして男の子は魔女にならないのかな?と考えた角野さんは、
男の子が魔女になれない理由を書いてみるために双子のお母さんにしたそうです

295 :もしもしp:2018/09/01(土) 04:09:48.43 ID:1hV6IwLU.net

メアリのテーマは警鐘や自然回帰よりむしろ
「駿のマネはやり尽くした!もうマネは終わり!
次からは自分の表現をやるんだ」
っていう弟子が師を越えていく宣言にあるんじゃないかな。そう思いたい。

387 :ピリア:2018/09/09(日) 04:00:57.03 ID:BrJ5WBFf.net

・・・あらゆる現象を把握し操作できるとなると、
もう理不尽や不都合なことを、運命や神様のせいにできなくなるんですよね。
生も死も、なにもかも目に映るすべての責任を自分で背負わなくてはならない。
理性を限界まで酷使することになる。

医者の葛藤は尊く、心に残りましたが
創造 奇跡 愛 とのリンクを欠いた精神では、
いつかそれに耐えられなくなります。

あそこまでの異能をもって、心を壊さないためには、
一段階上の、悟り が必要になってくると思います。

科学と魔法は、畏怖や愛のもとで使われるときには、
本当に素晴らしいものになると思います。

57 :ピリア:2018/08/12(日) 23:40:02.81 ID:gUDoKMMI.net

あ、これ毎回名前入力すんのか。忘れそう・・・

で、まあ荒れ地の魔女が「若い心臓はいいよ〜」とかいうところもあるけど。
なんかおぞましい若返りの魔術とかに使うのかなーくらいの感じじゃないかな。

この世界の魔法の概念だと、他人の心や力を奪ってそのまま自分の力にする、
なんてことはできないはずだから。

576 :ピリア:2018/10/01(月) 01:46:10.53 ID:J8CD793k.net

お前は、亡ぼす予定の者達を
あくまであざむくつもりか!!

おまえが知と技をいくらかかえていても
世界をとりかえる朝には結局ドレイの手がいるからか

私達のからだが人工で作り変えられていても
私達の生命は 私達のものだ
生命は生命の力で生きている

その朝が来るなら 私達はその朝にむかって生きよう

私達は血を吐きつつ くり返しくり返し
その朝をこえて とぶ鳥だ!!

これこれ、なーんかナウシカのこれが言いたくなる。
いと高きもののブログや紅天女のセリフには、
こう言い返したく何かがあるんだよな〜。

なんだろ。「お前たちの生殺与奪はこちらで握っている」感?

うちの親が感謝しろ敬え嫌なら出てけっていう人だからな。
おー、出てったらぁ!何でもやれるもんならやってみろっつーの、とか
言いたくなる〜。ダメ〜。争いは同じレベルの者同士でしか
発生しないから、解放とクリーニングですよー。

なんだろうね。人類の親といえる存在がいて、
地球を命が住めるようサポートし続けてくれてるんだとしてもさ、

それはもちろん感謝したいんだけど、

恩に着せられたり、ましてや支配の脅し文句にそれ使うんだったら、

あ、じゃあ、いいです。って言いたくなる。

自分はしんでもいいよ、奴隷よりそのほうがマシだね。
でも最後まで血を吐きつつ飛ぶけどね。
それが矜持ってもんじゃい。

いや、アルさんやスーザン・リーのアルクトゥルスからのメッセージ には
この反骨を感じないんだよなあ。アハー癒される、ほんと好きってなる。

556 :ピリア:2018/09/30(日) 14:49:14.54 ID:1QQqr0D2.net

>>552
なるほど、ちょっと解ったかも?

神様とピッコロの例えで良かったんですね。

あるナメック星人は、神様になるため、
高位の清浄な存在になるために、
自分のなかの悪しき部分、都合の悪い部分を分離させた。

これですね。
高位の存在になるため、そぐわない部分を分離。

ははあ。
しかしナメック星人はそれでいいのかも知れませんが、
人間存在はそーはいかないでしょうねw

ハウルでもそう表現されてると思う。
欲も力を奪い、受け容れ、愛によって制御し、昇華・統合します。

欲を放逐すれば、野放しの危険な荒れ地の魔女になります。
ピッコロ大魔王もそう、そういうものは魔王みたいになってしまう。

分離つーても、それに新たに肉体を与える魔法が使えなければ、
心のなかに制御できないモンスターを飼うことになるでしょう。
普段は気合いで抑え込んでおけても、いずれ問題をおこします。

魔法で分離させても、結局は引き合ってしまうという。

自分は次元を上昇させるには、分離じゃいけんと思います。
例えば現代は理性、左脳、男性性、科学が優位な時代だから、
カウンターで直感、右脳、女性性、魔法が必要とされていますが、
もし、後者が前者を圧倒して、排除となるとそれもいけません。

人間の脳は右脳と左脳、両方セットで、どちらかが優位、
とかだと本当の、本来の性能は発揮できていないんだと思います。

右脳左脳のバランスを高いレベルで整え、同時に使う。共鳴させる。
これが脳の本来のパフォーマンスを発揮させる使い方です。
共鳴させると片方優位で使っていたときの倍どころか、
もっとはるかに情報処理が高度化します。
共鳴させる、それが次元の上昇になります。そのはずです。

脳はひとつの象徴です。

左脳的なもの、理性・父性・科学
右脳的なもの、直感・母性・魔法

それらが、バランスが整い、対立を越え融和、統合するとき生まれるなにかは、
もうなんか、素晴らしくて想像を超えるイイ感じのなにかだと思えてならない昨今です。

330 :もしもしp:2018/09/04(火) 04:21:20.23 ID:oa9wKvOU.net

トトロはバス停で猫バスに乗って、どこへ行ってたのかな、と夢想してたら、

湯屋じゃねwという考えが浮かんで一人で吹いたw
温泉に入るトトロはきっとオオトリ様みたいでかわいいだろうなw

猫バスは猫だからきっと水に浸かるのは嫌いだな。
風呂の蓋の上とか、あったかい所で寝てそう。
トトロはたぶんクスノキの神様だから水は好きw

そういえば油婆が油バードと一緒に飛んでた場面がわからないんだよなぁ。
何か袋を持ってたし。

銭婆は地に足をつけて暮らしてる。
湯婆は建物のてっぺんのその奥にいる、(上昇志向)
っていう対比を更に強調してるだけなのかな、
湯屋の女主人では満足していないというか。
他に意味があるのかな〜。

494 :ピリア:2018/09/25(火) 00:58:59.56 ID:OwOXIi/y.net

ニガダンゴが作中で最も神格が高いキャラがくれた
ラストエリクサー並みの激レアアイテムってことを考慮しよう。

名のある川の主様の竜は、魔女婆たちよりも強力な神霊に思える。

ニガダンゴは半分に割ったものをハクに飲ませただけで、
ハクの命を食い荒らしていた、

ふたつの魔法、

1、油婆が腹にしのびこませた虫、
2、銭婆がハンコにかけた守りのまじない

を両方ペッてできたってことか?

ハクがペッてしたものをよく見ると、
黒い丸いタールみたいなものと
ハンコと
黒い虫だ。

この単にエフェクトかと思って注目してなかったし、
すぐ床に染みこんで消えた黒いタールみたいなのが、
解除された銭婆の守りのまじないだったってことかな?

ニガダンゴまじすごいアイテムなんだぜ!
って気持ちで見たら、そう見えないこともない。

266 :ピリア:2018/08/29(水) 05:13:35.81 ID:XiYmU/Cs.net

ちょっとアルさんのまとめ見直してきました。
心が洗われたwwアルクトゥルス人しゅごいww
自分はアルクトゥルスに生まれたことはないと確信したww

やっぱりポニョは地球の一大イベントの話だ。
三次元から四次元に上昇移行、アセンションすることに成功する話だ。
ポニョがお魚から両生類、哺乳類の人間へと段階を経て進化するのは
人類の一部が、三次元の生命体から四次元の生命体に進化していくというメタファーだ。

そこまで踏まえると、
審判の天使、グランマンマーレがリサに「ありがとう」と言った重みが解る。
インディゴチルドレンであろうリサの「あなたも、グランマンマーレ」の重みも解る。

あ、リサの服、インディゴブルーってことか。なるほど意味あったんだ・・・。
性格もインディゴの表現なんだな。戦士的というかパワフルというかなんというか。

クリスタルかレインボーのそうすけは心を閉ざさず成長し、
人智を超えた審判はクリア、ポニョは生命の次元が上昇する。

新しい子どもたちの心を守って育てて、
地球の一大イベントが無事クリアした「ありがとう」なんだ。泣けてきた。

そうすけはお魚のポニョも、半魚人のポニョも、人間のポニョもみんな好き、と言う。

相変わらずの人間もいるだろう、しょーもない事件もなくなりはしないだろう、
それでも、みんなで生きていく新しい地球になるよ、っていう話なんだな、ポニョって。

564 :ピリア:2018/09/30(日) 16:46:37.93 ID:mb2AOlFP.net

>>562
ありがとうございました。
そういやー
漫画も読むほう、アニメも見るほうだけど、
スポーツものはあんまり見ないな〜。

弟と住んでたときは弟の趣味のスポーツもの格闘ものも
見せてもらってたけど、最近はさっぱりだ。
スラダンとかピンポンは夢中で読んだな。
俺フィーとかタフとかバキとかも読んでたけどな〜

流行りにのって弱ペダを途中までと、
ハイキューはアニメ全部見たな。あれはクオリティ高かった。
負けたチームの悲哀をしっかり描くところが印象的だった。

661 :龍使いのお母さん:2018/10/07(日) 17:07:20.80 ID:wb0P2XDg.net

久々に千と千尋を見ました
今までと違う目で見る事ができてとても良かったです
でもまだやっぱり分からない事がありました

最初の車の場面でお父さんは何故山道を猛スピードで登ったのでしょう?
千尋が働く事になってハクに番台まで案内してもらう時、
なぜ「ハク様と呼べ」と冷たいハクになっていたのでしょう?
ハクの命を食い荒らしていたのは、虫なのか判子の守りの呪いなのかどちらでしょう?
電車の乗客が荷台のバッグを取る時にバッグの色が変わるのは何故でしょう?

243 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/26(日) 19:00:48.05 ID:???.net

岡田とか知ったかぶりと上から目線でなんでもかんでも下ネタにくっつけてはジブリ貶めて悦ってるセクハラデブヲタクだから真に受けなくていいよ

197 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/21(火) 00:09:26.67 ID:???.net

1がここを立ててすぐからずっと興味深く読んでて、まさかハウルからこんな話になるとは思っても見なかった
自分の魂の次元?が落ちてるのも何となく感じてる
アルさんの記述を読んだら、物心付く前に感じてた違和感や色んなことが腑に落ちた
小さい頃は、世の中で美しいとか素晴らしいとか持て囃されてる事象に対して、
もっともっと高次ですごいものがあるはずなのに、大人たちは何であんなのを褒めそやしてるんだろうと不思議に思ってた
でもそれがどんな素敵なものなのかは具体的には言い表せなかったんだが、巷に溢れてるものよりもずっと美しいものだってことは何故か確信してた
今までずっと忘れてたが、ここでの一連のやり取りで少し思い出した
きっかけをありがとう

すまん、スレタイとだいぶずれてるが、どうしてもピリアさんとアルさんにお礼が言いたくなったもんで

589 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/10/02(火) 16:35:56.95 ID:???.net

赤毛のくだりでふと思い出したが、たしかサンって初期のデザインでは赤毛だったような
まだソースを確認してないから間違ってたらすまん

489 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/09/24(月) 09:10:23.97 ID:q4QxqR6C.net

千と千尋は途中まで面白いのに最後の方は尻すぼみ