なんでもまとめ

ハウルの動く城を解説したい

1 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/11(土) 04:33:10.09 ID:5zw/AyMm.net
金曜ロードショーで何度目かのハウル見たけど、初見の時は色々わからなかったことが今回は完璧に理解できた。

447 :ピリア:2018/09/16(日) 17:14:45.55 ID:ttlz0eon.net

魔女宅にはキキがトイレに行く場面がある。

普通は描かないトイレの場面をわざわざ入れたこと、
キキの表情の冴えなさ、
パン屋の旦那、男性を避けることなどから、
ここでキキは初潮がきたんだよって解説を見たことがある。

多分そうだろうな。
ここで少女の初潮だけ描きたがったら駿はロリコンの糾弾不可避だが、
魔女宅には女性の人生のフェイズ(位相、局面)をすべて描くという意図があるのでセーフだ。

月経が始まったからと言って、魔女は魔法を失ったりはしない。
少女であることを神聖視する考え方もあるが、駿的ではない。
コキリは月経も結婚も出産も子育ても経て、なお魔女だからだ。

ま、もし「自分は子どもではなくなった」「女性になった」という思考パターンに
マイナスイメージがあるなら、それもガラクタになり得るけれど。それはどうかな。

登場する女性が端役まで赤毛なのは、
彼女たちがそれぞれ女性の人生の各種段階を表しているからだ。
全員まとめて一人の魔女、女神だという言い方をしてもいいだろう。

13歳思春期がキキもだけど、孫ちゃん、先輩魔女

十代後半、ウルスラ

二十代でデザイナーのおばさん、独身かな?

二十代オソノで、既婚、妊娠、出産

三十代で、おしゃぶりがないと泣き止まない赤ちゃんのお母さん、
ケットくらいの子を育てているお母さん、

四十代?で子育てが終わったコキリ

五十、六十代?中年のバーサ

七十、八十代?奥様

九十代?リウマチのおばあちゃん

オソノの赤ちゃんが女の子かどうかは分からないが、

すべての年代というか段階を網羅しようとしている意図はある。
メイ、サツキの年代の子がいないのは、
メイ、サツキでその年代は描いたからいいだろってことかいな。

31 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/11(土) 23:06:50.05 ID:4L9l6wWB.net

ただいま、レスがあって嬉しいから、もう少し書く。

263 :もしもしp:2018/08/28(火) 19:25:41.56 ID:yzetyC7i.net

漫画ナウシカクライマックス、墓所の番人とのやりとり貼ります。やはり支配者の事を考えると落ち込む…。

お前は、亡ぼす予定の者達を
あくまであざむくつもりか!!

おまえが知と技をいくらかかえていても
世界をとりかえる朝には結局ドレイの手がいるからか

私達のからだが人工で作り変えられていても
私達の生命は 私達のものだ
生命は生命の力で生きている

その朝が来るなら 私達はその朝にむかって生きよう

私達は血を吐きつつ くり返しくり返し
その朝をこえて とぶ鳥だ!!

引用ここまで。
どれだけ毒を流し込まれても、
その朝に向かって生きよう。
それこそが番人達が最も恐れていることだ。

198 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/21(火) 05:33:43.90 ID:1oVjHlcI.net

>>195はピリアさんなの?
規制が掛かったって、>>195はどうやって書き込めたのかな
このまま終わるのは尻切れトンボみたいで嫌だなぁ

107 :ピリア:2018/08/15(水) 03:09:48.39 ID:wzQj2Ntg.net

水車小屋のドアを開けると、流れ星が降っている。
一瞬サリマンの魔法のシーンが差し挟まれるのは、
サリマンもハウルもこの星を捕まえて契約して行使する、という同じ魔法を使っているということだ。

流れ星の存在が、水面を走った後、沈んでいくシーンがあるけど、
あれは流れ星の存在には肉体がなく、この三次元の現実の層では
少しの間しか力を行使できず、還っていく存在である、ということだ。

流れ星の存在のいる層には色んな存在がいる。
悪霊、妖怪の類から、八百万の神々、精霊、天使、神霊・・・
ま、見たことはないけど名前は知ってる力ある存在のおおかたはこのへんだ。

千と千尋の舞台もこのへんに設定されている。異界とでも言うのかな、
あそこでは逆に三次元の物質的存在である千尋の姿が透けていってたのはそういうこと。

ハクが千尋に「何か食べないと消えてしまう」と食べさせると、千尋は透けなくなるよね。

逆にハウルでは流れ星存在に、心臓という自分の血肉、物質の依り代を与えるんだ。
すると流れ星はカルシファーになる。

363 :ピリア:2018/09/08(土) 15:35:13.37 ID:3klDptkq.net

道、という概念を描いてきた時は、そうきたかwと思いましたが。
時間も空間も越えて、人々の意識がつながっているというのは、
アカシックレコード、阿頼耶識的ですが、
過去だけでなく、未来にまでアクセスしているのは、ややそこを越えてきていますね。
時間の法則より上位の概念、 奇跡 創造 の領域に触れています。
クルーガーがアルミン、ミカサの名前を口にするのは予兆ですね。
なぜそんなことを言ったのかわからないが・・・というやつです。
>>115>>164あたりでもそんな話でした。

そして巨人の肉と骨も道を通じてやってくるというのは、斬新な発想ですね。
あまりそういう設定を見たことがないです。
異界存在の仲介も、ハガレン錬金術のようなメソッドも今のところ描写がない。
大地の悪魔との契約がそれに相当する感じですが、
どうも今のところ大地の悪魔というのは異界存在の暗喩ではない気がします。後述します。

211 :ピリア:2018/08/23(木) 06:04:00.79 ID:QMeWzSfC.net

まとめのコメ欄であったやつお借りします。

最初にソフィが警官にナンパされるシーンでハウルが助けに来たとき、「やっと見つけた」とか言う時にハウルの指輪(サリマンから逃げるときにソフィにあげたのと同じやつ)からソフィに向かって光が出てるんだってね
ソフィが未来で待っててって言ったの覚えててずっと探してたってことだね
ハウルはサリマンに母性を見いだしてるし、荒地の魔女に近づいたりしてるし、母性を求めてるんだと思うけど、その根源は多分子供の時に見たソフィなんだと思う
ソフィがハウルにとっての母性で、その代わりとしてサリマンとかを求めてたんだろう
契約時に心を失ってるからハウルはずっと子供のままでソフィ(母性)を求めて色んな女性を代わりにしてきた
大人なら自制してソフィだけを想えるけど、心(理性)のない子供じゃ自制は出来なくて手当たり次第女に近づいたんだろうね
荒地の魔女に近づいたのも興味本意だったし

これにはいたく納得。なるほど、ありがとうございました。
そんでこれを踏まえて、
指輪に注目して見てたら面白い事に気が付いた。

137 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/16(木) 14:58:05.81 ID:dJ0reh7L.net

>>126です
さらに詳しくありがとうございます

そういえば、魔女の宅急便はキキの成長物語で、
キキが成長するとウルスラになり、
ウルスラが成長するとおソノさんになり、
おソノさんが成長するキキの母親のコキリさんになると聞きました。

そう考えると、宮崎駿さんの映画はほとんどが成長物語なのですね!

239 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/26(日) 02:55:23.52 ID:tXR+unm8.net

岡田斗司夫の解説見た?
見たなら感想お願い

501 :ピリア:2018/09/25(火) 04:44:37.95 ID:By+CoEqJ.net

異界で金集めてどーすんねんと思ったけど、
その辺もなんとなく。

油屋は人界のごく近くにある。うっかり紛れ込んじゃうほどに。
お金をやりとりするようなルールもまだ人界に近いってことかも。

銭婆はもっと異界の奥に住んでいる。
沼の底、というネーミングもそれっぽい。

魔女達の体型は人間離れしているが、
多分、もとは人間なんじゃないかな・・・?
だって魔女って異界存在との契約の術を知る人間じゃないっけ・・・?

で、なんとなく、
人界の近くに住んでる魔女よりも、
異界の奥に住んでる方が、より力のある魔女なんじゃないかな、と思う。

391 :ピリア:2018/09/09(日) 18:22:11.18 ID:yi7+hzZ8.net

小さな宇宙人アミ、に書いてあった内容だったかと思いますが、

宇宙人がUFOの編隊で攻めきて地球を侵略する、という発想はナンセンスなんだとか。

少年が、宇宙人は悪い奴だと思っていた、映画ではいつもそうなんだ。
と言うとアミは笑ってそう言うんですよね。

意識とテクノロジーの次元はバランスがとれていなくてはならない。
他の星を侵略に行こうとするような発想の意識の次元では、
宇宙船をつくるテクノロジーを終末戦争につかって自滅するだろう、と。

じゃあ地球の現状はなんなんですかアミ先生・・・、と思わないではないですが、

確かに、意識の次元とテクノロジーの次元のバランス、という概念はしっくりきました。
血界戦線ではキャラの意識が3、4次元なのに、世界観や異能の次元がそれ以上だから
ああいう葛藤の表現になる。

マダムとドクターの科学や魔法を追求する心を否定することは得策ではありません。
メアリも「そう簡単に凝りないか」と笑っていましたが、

知らないものを知りたい、なにかをできるようになりたいと思うのは、
知的生命体のとても本質的な欲求です。素晴らしい原動力です。

ただ、知を追求すると同時か、それ以上に愛への理解も深めていかなくてはならない。

もっと言うと、科学や魔法は愛に従って行使されるものであるとより良いです。
どちらが上位の概念なのか、ということが実は重要です。

黒い空間のロードマップのとおりに、この宇宙の在り方のとおりに在れば、
それは調和ということになるのではないかと。

369 :ピリア:2018/09/08(土) 15:48:12.49 ID:3klDptkq.net

知性巨人のタイムリミットの設定の意味もそこにあると思います。13年?
殺戮と破壊が心のダメージになる。ダメージは蓄積されてやがて心を壊す。
ライナーを見てるとわかりますね、メンヘラを発症し悪化していく。
終わらない苦しみより、タイムリミットがあるのは慈悲かも知れません。

アルミンの超大型の表情は心に残るすごい描写でした。悲しみを感じます。
諌山創は人間より巨人を描く方が、気持ちが入るんでしょうかw

ファルコには巨人になって欲しくないものです。
名前からして獣を継承してしまいそうですが。

163 :ピリア:2018/08/17(金) 21:56:13.31 ID:9ADC6uWf.net

他にもロマンがないとか、珠玉なのはこれ。

 ソフィーの姿がコロコロ代わりながら若返って行くのは、
 かけられた魔法が「老婆の姿で真に愛されたら解ける」魔法で、
 ハウルがソフィーを、カルシファーと出会った時に居た少女だと気付いて、
 愛し始める心の移り変わりを表してるんだと勝手に思ってたー!

 ソフィーって魔法使いだったの?
 ソフィーは普通のの方がいいなw

もう素晴らしすぎてありがたくて、あなたが神かww好きwww

そうなんだ。ハウルを解説したい!とかぶちあげちゃう自分は、
物語が好きなのはほんとなんだけど、
無粋で、理屈っぽくて、自己顕示欲が強くて、やや情緒に欠ける。

この人はこのスレに足りないものを補完してくれている。

情感は大切だ。ハウルのような魅力そのものだ。ありがとう。
自分がなぜハウルが好きなのかわかった。ロマンスは最高だ。

そして、ソフィーは普通のほうがいいな、
というこれもそう、宮崎駿もそう言いたいんだと思う。

黒い空間にアクセスし、代償のいる力を行使して魔法使いになることより、

普通の人生を 奇跡 とともに生きることのほうが、ずっとずっと素晴らしいことだ。

あのボランティアのじいちゃんのように、

じいちゃんになっても、おばあちゃんになっても大切なのは心 

もうほんと、深夜の独り言をぶつぶつやってきて恥ずかしかったけど、良かったよ。
自分だけではまだまだ色々見落としていた。反省するし、感謝します。
みんなハウル大好きじゃんwwwナカーマwww

285 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/09/01(土) 02:02:25.98 ID:???.net

ポニョやかぐや姫では号泣しちゃうけど、メアリは何も感じなかったな…
つまらなすぎて画面をずっとメアリ固定にできないほどだった

186 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/19(日) 00:23:24.95 ID:gNNyDrIa.net

ヘアスタイルだけじゃなくてセリフもいろいろと使い回してたんかー
 

485 :ピリア:2018/09/22(土) 04:11:13.55 ID:9iEP4VV+.net

最近読んでるブログはこれな。

私の彼はサイコメトラー

リンクがエラーでるわw
興味あったらタイトルで検索よろww

164 :ピリア:2018/08/17(金) 22:52:05.00 ID:RimA5dV7.net

>>145
「未来で待ってて」と言われたハウルがソフィーを探してて、
だから最初の出会いの言葉が「探したよ」になった

そうそう、ありがとうございます。
そこも「未来で待ってて」が時間を超えていると言いたいところですね。

運命の赤い糸とか、デジャヴ(既視感)とか、
時のはじめからの世界の約束 とか。
そういう概念がある、というのは普遍的ですよね。
なんとなくそういうものかもな、と思える。

無意識にそういう言葉がでてくることがあります、
そういうときは秘密の領域を通して言葉がやってきているのではないかと。
ガラクタの思考パターンが少ないほど、そういう事は身近になってくると思います。

五十嵐大介の魔女と言う漫画に、そんな場面がありました。
「遥か別の場所で生まれたコトバが、あなたを通して語られることもある。
予兆は常に他者によってもたらされるとは限らないのよ。」
予兆、というのは時間を超えてやってくるメッセージのことです。  
それは色んな形で訪れる。
自分の口から来ることもある。
なぜそんなことを言ったのかはわからないが、
後から考えると意味深だったなぁ、みたいな。

フィクションだけでなく、人生にも伏線がはられていることがあるらしいです。

五十嵐大介も優れた物語の作者ですね。魔女は特に好きです。

381 :もしもしp:2018/09/09(日) 02:32:27.79 ID:rLIGvm9+.net

快心じゃない改心www

誤字はちょいちょいありますが、
これは酷いw訂正したいw

360 :ピリア:2018/09/07(金) 21:37:29.39 ID:eNai86z/.net

書き忘れたけど、
猫はけっこう前足が器用、というのも重要だな。
道具を作るにも使うにも、脳の発達にも手の器用さは大切だ。

犬も好きだけど、犬はなぁ・・・。どうかなぁ。

子どもの頃アウターゾーンという漫画が好きで、
今でもトラウマになっているというか、
心に焼き付いているエピソードがいくつかあるけど、
犬型宇宙人の話もそうだ。

宇宙からやってきた犬そっくりの宇宙人が、おせっかいにも、
地球で人間に隷従させられている犬を同胞とみなして、
解放しようとする話だ。

その話の主人公の男は飼っていた犬を、
引越しの際、連れて行けないからと山に捨ててこようとする。
(今考えても万死に値する)

車で犬を捨てた帰りにUFOに会ってビビって事故る。
目が覚めると保健所の安楽死用のガス室みたいなところにいる。ほかの人間も大勢いる。
犬型宇宙人の言う事には、この星の犬は人間と暮らすことを望んでいるから、
犬がパートナーに選ぶ人間だけは助けてやろうという。
順に入ってくる犬が人間を選び、人間たちは一喜一憂する。

まるでペットショップのショーケースの中身が犬と人間で逆転したかのようだ。

さて、主人公の男は、山に捨ててきた飼い犬に「助けてくれ」と言うが・・・。

176 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/18(土) 22:08:32.84 ID:uHRsGKPv.net

頑張ったな
お疲れなんやで

435 :ピリア:2018/09/15(土) 17:12:16.02 ID:wseeoPYQ.net

>>431 >>432 >>433
よーしwwこんにゃろどもwwwありがとうwww

貴方たちには魔女の宅急便の物語が必要ですね!
次は魔女宅の話するで〜

>>431
さては5ちゃん全体でランキングというワードで検索をかけていますね。
魔女宅を見ましょう、他者と自分を比較するとどんどん飛ぶことを失っていきます。
黒い服を着て、きれいな格好の街の女の子と自分を比べて落ち込んでいたキキと同じです。

>>432
ずっとラジオを聞いていたキキと同じです。
今なら寝るまでスマホみたいなもんです。
自分の内面に耳を澄ます時間をとらず、
外からの情報を流し込みつづけていると、
飛ぶことを失い、ジジと話せなくなっていきます。

>>433
風立ちぬのことかな?ハウルって叩かれてた?
まあ確かに、夏休みのこどもアニメを期待していったなら叩きに回らざるを得ないww
駿も、アニメは子どものためのもの!という公言していたポリシーと違うものをつくるなら、
そう言えばいいのに、おっさん向け映画でポカーンしたキッズを思うと不憫w
まあ魔女宅の話でもするからのんびりしてってw

51 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/12(日) 05:46:49.87 ID:6efAXhpe.net

ハウルと荒れ地の魔女の出会いについては描かれてないから、
何があったかはわかんないし、そこはおはなしの本筋じゃないから描かれていないんだと思う。
自由に想像していいんじゃないかな。

原作は自分もうろ覚えっていうか忘れたごめん。でも映画とは全然違うよ。

231 :ピリア:2018/08/25(土) 06:25:59.88 ID:l/zkA70a.net

くみこちゃんとトキさんの服がなんか似てて水色なのはなんでかなー。
ポニョの赤との対比以外にも理由がありそうな気がするんだけどなー。
子どもと老人は似てくるって意味かな?
タロットでも隠者の中に女教皇が隠れているという暗喩があったり、
老人と少女は互いにないものを補完しあうという意味でよくペアにされるというし。

224 :ピリア:2018/08/25(土) 03:32:32.10 ID:2sX9Zlua.net

週末だから、昼夜逆転する。
ちょっと寝たしこれは超早起きなんだからいいんです。

>>222 ありがと、そう言ってくれると考察厨(比較的やわらかな表現)冥利に尽きる。

218に付け足すと、人間も胎内でお魚や両生類の段階を経てきたってこと。
胎児の手に水かきがあるとか、言うよね。

さて、ポニョも考えると考えるほど面白い。
ま〜たスピな話に持っていける切り口もあった。
しかもハウルの次の段階だwアセンションやんww

でもまず、外堀から埋めていこう。

142 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/16(木) 23:21:25.05 ID:1oYAFlVN.net

>>141
まとめスレ有るんですか?

528 :ピリア:2018/09/28(金) 19:14:12.31 ID:4IA/wsLh.net

おおそれは残念ですね〜ありがとうございました〜。

カードキャプターさくら、
アニメ途中で挫折してるんだよな〜。
いちゃいちゃがかわいいんだけど、
かわいいんだけどあああってなる。
クリーニングしてまた見てみるか。

漫画ならまだささっと見て流せるからな。
漫画もやっと面白くなってきた。
こうなってくるとちょっと漫画の文法が古い感じも気にならないな。

さくらがクリアカードをゲットしていくのは、
夢枕獏の陰陽師で見た式神のつくりかたに近い。

晴明が博雅に、名というのは呪だ、という話をするくだりがある。
名をつけること、名を呼ぶことも、短くて強力な一種の呪だという。

晴明は、庭の藤の木に蜜虫、という名をつける、
すると藤の木の精が人の形をとって、命に従いはじめる。

名前をつける、というのは認識する、ということでもある。

さくらの混沌とした魔法の力が、
なにか意識にきっかけが訪れることで、
形をとる、なにかの現象になってあらわれる。

さくらはその現象を観察して、
名前を直感する。そして固定する。
そうすると現象を起こしていた力が
カードになって使えるようになる。

奇跡、創造、魔法の力は無辺にあるけれど、
なにか方向性を与えてやらないと何もおきない。
全知全能で、零知零能のままだ。

方向を与える、というのがつまり名で、言葉で、イメージだ。

式神、というのは名で顕現させて、呪が効くくらいの神様だが、
まあもっと高レベルな神様をクリエイトすることも不可能じゃない。
人数を揃えて、意識を揃えて、ああしてこうして・・・。
あれだ、クトゥルフとかスパゲティモンスター教とかをやる要領だww
ま、クリエイトするより、既存の存在にアクセスすることになるケースが大部分だと思うが。
しかしシータヒーリングのアタナハはそんな感じがするぞあれは。

344 :ピリア:2018/09/04(火) 22:11:52.77 ID:PQDgLV0P.net

>>342
こちらこそ、お付き合いいただいてありがとうございます。

トトロって子供に見せるとかなりハマるらしく、
自分もそのタイプでした。
言葉にできる理解ではなくても、
そういう怖さも子供には伝わっているんでしょうね。

迷子になった時って、子供のころは怖かったなあ。

117 :ピリア:2018/08/15(水) 05:12:03.57 ID:TBY3Zi+1.net

そしてああいう領域にアクセスしたあとは、帰り道も重要だ。

黒い穴に吸い込まれたソフィは、空の上、雲より高いところから落ちてくよね。
あれはとても高い高〜い最上層に行ってきたんだよっていう表現だ。

そして指輪は壊れてしまったが、ヒンが帰り道を知っている。
ヒンはサリマンの足だと教えてくれた人がいたけど、
サリマンも、雲より下まで降りてきた、この辺までは良く来ているはずだからね。

そして黒と、赤みがかった道を歩いてドアを通って、帰ってくる。

111 :ピリア:2018/08/15(水) 04:00:11.11 ID:8rav2sbV.net

あの領域に達して使うのが 奇跡 創造 だ。

それには対価も代償もない。善も悪も、因果も時間も、あらゆる法則も、
何もかもすべてを超越しているし、

もっと言うと
この世界はすべてはあの領域のエネルギーの一瞬のふるまいに過ぎない。

646 :龍使いのお母さん:2018/10/06(土) 01:00:13.24 ID:FLQme1u6.net

ピリアさん、もし少女漫画に抵抗が無ければ「フィーメンニンは謳う」という漫画を読んでみて欲しいです
ピリアさんのアドバイスを読んで思い出した、私の青春時代のバイブル的な漫画です

妖精や魔女が出てくる話で、私は10代の頃から登場人物の名前をHNにしていました
ピリアさんのアドバイスと漫画の内容がとてもシンクロしていて、
その漫画の登場人物を今でもHNにしている事も結びつけると、
理想とする像は既に私の中に有ったのだ!と気がつきました

毎日忙しくて一日一日を過ごす事に精一杯でしたが、
色々な大切な事に気がつかせて頂きました
本当にありがとうございます

49 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/12(日) 05:23:38.63 ID:???.net

なんでハウルとハウルの心臓に執着するのかと言う問い。

葉巻の流れはそんなだったんだね。

魔女の意識がだんだんしっかりするのは、ソフィの魔法だよね。

原作ではソフィは魔法が上達すると書いてたけど、どういう魔法を使うようになるの?

356 :ピリア:2018/09/06(木) 19:17:18.51 ID:R/YXJH9A.net

>>351
もうハウル解説スレとしてはいったんお開きにして、

放課後の雑談スレくらいの気持ちでやってるから、

スレチとかDon’t mind〜

532 :ピリア:2018/09/29(土) 08:20:58.17 ID:NP1BUZSv.net

魔法ってのは過程をとばすか省略して、結果を手に入れる方法だ。

そう考えるとゼニーバは魔女らしくない。

でも過程をとばすか、省略するためには、それを熟知していなくてはならない。

そう考えるとゼニーバは魔女らしい。

なんか例えがいるかな。
例えば江戸時代の人間の前で、
スマホを使って遠くの人間と会話したら
魔法だと思われるだろう。

でも、スマホを使うのは難しくなくても、
スマホを作ろうと思ったら?
あるいは修理しようと思ったら?
専門の知識と技術の習得が必要になってくる、
道具も材料もいる。

スマホでも電子レンジでも車でもなんでもいいけど、

魔法ってのは、まあ概ねそういう感じの理解でいいはずだ。

ゼニーバは強力な魔女だから、更に魔法への理解を深めているのか、
それとも湯バーバに魔法を奪われているから、
リハビリかトレーニングでもしているのか。

でもな〜。

105 :ピリア:2018/08/15(水) 02:27:48.86 ID:jxKapx7C.net

そして母と和解した後、ソフィの姿は完全に元の年齢に戻っているよね。

あのかーちゃんはサリマンのパシリだったけど、
ソフィを愛していないってわけじゃない、自分の方が大事なだけで。

大事なのは「ごめんね、全部私が悪いの」って言って抱きしめてくれたこと。
そしてソフィも母を抱きしめた。

ここでソフィの心は「美しくない」とか諸々のガラクタの思考パターンを解放したんだ。
髪は白いままなんだけど、ここからソフィの心は完全性を取り戻した。

それは扉の向こうの黒い空間を自らの意志で進み、
最奥、最上層の領域の力を行使できる準備が整ったよ、っていうこと。

61 :ピリア:2018/08/13(月) 01:44:50.85 ID:PCDKmYH/.net

意外に思うよね?

だってサリマンはまあ悪役だけど、
上品な老婦人で、物腰も話し方も柔らかでさ。素晴らしい宮殿の奥の美しい温室にいて、
足が悪いのか豪華なんだけど車椅子に座ってて、魔法学校の校長で、国の要職についててさ。
荒れ地の魔女みたいなのを懲らしめて、
まあハウルには良い母役ではなかったのかも知れないけど、

なんかこうとにかく正しくて立派な人なんですってオーラ全開だからね?

347 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/09/05(水) 17:37:20.84 ID:???.net

ピリアさん、こんにちは
性愛に関して書かれたスピ系の信頼できる書籍をご存知ないですか?
自分、セックスが好きで好きでしょうがないんですが、何か意味があるのかなぁと不思議に思ってまして…
ご教示下さったら嬉しいです
よろしくお願いします

459 :もしもしp:2018/09/18(火) 19:46:13.61 ID:dzrV+ttX.net

うおーよっしゃー吸い込んだぞー!
これで安眠できるし、落ち着いてマーニー見られるー

223 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/24(金) 22:26:07.64 ID:???.net

↑(続き)お得かなと思い始めた

225 :ピリア:2018/08/25(土) 03:43:54.52 ID:2sX9Zlua.net

ハウルのトピックもまだ帽子の話とか、繰り返し表現が多い事とかあるんだけど、
まあそれもおいおいやっていこう。

リサを探しに船出したそうすけとポニョが、
夫婦と赤ちゃんの乗った船に出会うよね。

あれはお魚として生まれて、
5歳の女の子として生まれ変わるポニョに必要なことなんだろう。

魚は卵で産まれる。
妹の数からみてもポニョも卵から生まれた。

人間の赤ちゃんは・・・、えー、まあその。
ああいう風に夫婦の間で、
抱っこされて母乳を貰って育つ。

人間の乳児としての体験に欠けるポニョへの
フォローの場面だと思われる。

175 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/18(土) 12:01:49.07 ID:hIHOAYsK.net

ピリアさんの>>156を読んで、ウニヒピリの本がホオポノポノについて分かりやすそうだと思い、
ネットで買おうと思ったら翌日には楽天ブックスもAmazonも品切れになってしまいました

昨日のトトロについての考察もいつか聞いてみたいです
ネットに溢れてる「二人とも亡くなった説」が苦手です

362 :ピリア:2018/09/08(土) 15:34:26.14 ID:3klDptkq.net

>>361
あーワンピはエースが・・・、くらいまでしか読んでないですが、

進撃は最新話まで見てますw
絶望の色濃さと、そこからのシュールなギャグを楽しみに読んでて、
ユミル、という名前から巨人の神話は思い当たっていましたが、
スピ的に考察しようと思ったことなかったですね。面白そうです。長くなりますw
ありがとうございました。

471 :ピリア:2018/09/20(木) 18:25:52.57 ID:HDK33UFD.net

CLANPの聖伝?昔読んだとき衝撃だったな〜。
美しい仲間たちが最後はばたばた死んでいくっていう。
少年誌育ちには理解できなかったわww
そこは勝って生きのびるところでは!?って思ったけど、
あれがまさに思春期の世界なんだよなあ。

耽美で、潔癖で、醜いものは出てこない。出てきても端役。
主人公たちの美が、時がたって劣化するのに耐えられないから
美しい、悲劇的な死を与える。
死を美化する、死に憧れる。最も美しい時をとどめようとする。
セーラームーン無印のクライマックスとかもそう。
一人また一人と死んでいく。
ウルフズレインとか、一時期ああいうの流行ったのかな。
まあ、最後に残った主人公くらいは新しい世界に向かうんだけどね。

438 :もしもしp:2018/09/15(土) 18:57:00.54 ID:fjTR9JJA.net

自分が子供の時には、かめはめ波とか、
アバンストラッシュとか牙突とか、
練習してましたけどwww
新世代の子ども達は、
ガチでその辺の必殺技の練習から
精神的なメソッドを習得してくるかも知れませんねww
密教の修行僧もびっくりだなww

635 :ピリア:2018/10/05(金) 17:10:00.63 ID:QgQas3ES.net

>>634
ありがとうございます。

良〜く分かります。自分も思ってました。何年もです。
そう具体的に、どうしたらいいかが、わからないですよね。

それもなんていうか、
教育が、常識、社会の空気があまりにも精神性を失っているがゆえに、
見えるはずのものが見えなくなってるだけなんだと思いますが。

望むもの、進んでいく道、修めていくメソッドは、
各人の個性、生まれてくるときに選んだテーマによります。

ですから、好きだ、もっと知りたい、もっとやりたい、
と思うことの中にそれはあると思います。

自分もいくつになってもアニメや漫画やファンタジーが好きで、
オタで陰キャでしょーもねーな、と思っていましたが、
それも 奇跡 創造 へ至る道になりました。

41 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/12(日) 01:15:12.41 ID:tSLxaCxF.net

千と千尋でリンと釜爺が 
「なにがどうなったの?」「分からんか、愛だよ、愛」 
というやりとりをするけど、
あれはじいさんのセンチメンタリズムとか、情感もあるけど、それ以上の意味もある言葉で、
今から書こうとすることも、結局まとめるとその一言で済む、という気がしてる。
解る人には解るし、解らない人の心にもなにかは残る。それでいい、というわけだ。

469 :ピリア:2018/09/20(木) 03:36:01.77 ID:9du7Ejfu.net

マーニーが少女と祖母の二役なのがなー。

もし、マーニーが単に少女で、アンナと友情を育んだとする、
ああいう家族に恵まれない感じで、疎外感や影のある少女が、
互いに秘密を教え合って仲良くなっていったとしたら、

大人は信用できない、醜い。世界は残酷だ。
自分たちもそんな大人になってしまう前に、
少女のまま美しいまま・・・
とか言って、甘い死の夢を見るのがセオリーだと思うんだ。

それが少女達の世界のあやうさ、妖しさ、儚さ、美しさだと思うんだよね〜。

きれいな中二病というか。
世界が狭くて、現実への対処法を知らない少女たちがつくる
箱庭的で病んでて耽美な世界ってのがある。

一時期のCLANPの作風はそんな感じだったな。クローバーとか。
最も美しい時に殺してくれるという都市伝説のブギーポップとか。
少女革命ウテナとかマリ見てとか?ローゼンメイデンとかもそうかな?
十代にウケる世界観だから色々あるな。最近のは知らないが。

でもマーニーが祖母でもあるから、
孫を抱きしめて「大好きよ」となる。健全な雰囲気になる。
マーニーが自分の歴史を見せて、
アンナは貰いっ子の自分のルーツ(由来、歴史)を確認して
それをアイデンティティー(自我の証明、よりどころ)として立ち直る。
母と娘ってのはうまくいかないこともあるけど、
祖母と孫ならうまくいくこともあるって話なら、
梨木香歩の西の魔女が死んだ、とかあるな。

少女と少女の話がやりたいのか、少女と祖母の話がやりたいのか、
どっちも美味しいとこだけってか?うーん?まだ何かあるかなあ・・・。

375 :ピリア:2018/09/08(土) 17:03:13.24 ID:3klDptkq.net

>>374
ああ、ありがとうございます、お久ぶりですねw

メアリ良かったですね。声含めて好きになれました。
神木君はもう名は体を表すんですかねww
両監督に愛され過ぎですw

おばさんは魔女でしたが、冒頭の墜落シーンで、
髪は赤から黒に、服も黒から白に変わっているんですよね。
こっちの世界に来て、魔女ではなくなった。という描写です。
素養は遺伝するかも知れませんが、

どうもメアリの世界は魔法の無い世界で、
エンドワ大学のある世界は全くの異世界というか、
(異界ですらない別次元の世界?的)

魔女の花が生んだ霧が一時的に
異なる二つの世界をつなげているような、
そんな感じがしました。言葉は通じても文字は違うし。

なのでメアリの世界ではああいう魔法は使えない、
花だけが異世界から持ち込まれたイレギュラーで、
魔女の遺伝は発現しない遺伝形質、とでもいいますか・・・。

重要シーンのカットありそうですね。
エンドロールのところでそんな気がしました。
あれ、デートしてる?みたいな。

物語の少年少女は両親がいないことが多いです。
親に守られていると、冒険の旅に出る、という感じにならないんですね。

メアリでは、親がいなくてひとりだけよその家にごやっかいになる、
コミュニティに居場所がないというか、身の置き所のなさを感じている。
だから仕事をさがして、役に立って、居場所をつくろうとする、
という心の動きがきれいに描写されていたように思います。

だから「我が家が一番!」で、おばさまがにっこりする。

・・・っていうか若シャーロット美人だった。
シャーロットの活躍ももう少し見たかったなぁ。

物語に耽溺するのは自分もそうです。
漫画読んでると他人の声聞こえてなくて、
昔はよく弟にキレられてました。ええやんw

139 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/16(木) 22:12:06.84 ID:fHYY6B9XX

ありがとうございます。
今の人間関係で、ハウルと動く城やってると感じてた。
方向性を再確認できた。泣ける。
参考文献、楽しみにしています。

708 :ピリア:2018/10/13(土) 21:02:06.11 ID:E/Tdhs7g.net

でもナゴノカミは走って走って、アシタカを選んだ。

「鎮まりたまえ」と声をかけ、
乙女たちの為、自分の全てを諦める覚悟で
矢を射てきたアシタカに、何かを感じたから、

あそこでナゴノカミは倒れた。

我が憎しみと苦しみを知れ、と言い残して。

で、アシタカの腕にはナゴノカミが乗り移ってると思っても、
まあ間違ってはいない。

アザは、アシタカに人外のパワーを与えて、
その度に広がっていく、呪いつきのバフ、ステータス上昇スキルだ。

ナゴノカミはアシタカにくっついて、
成り行きを見ている。

アシタカが初めてシシ神を見た時、
腕が暴れるけど、それはナゴノカミの感情だ。
シシ神を恐れ、また怒っている。

つまり、アシタカが、命を落とす前に、
ナゴノカミの憎しみと苦しみを知ることができたら、
体験を通じて心から理解することができたら?

無念を分かち合ってもらえたナゴノカミの御霊は、
そのとき鎮まるんじゃないかな。ていう。

我が憎しみと苦しみを知れ、という言葉は、
呪詛とみれば呪詛になるし、
懇願とみれば懇願になる。

生も同じだ。
罰と思えば罰になるし、
奇跡と思えば奇跡になる。

115 :ピリア:2018/08/15(水) 04:57:35.70 ID:WHKiomW3.net

とにかく体がその黒い穴にある状態っていうのが最重要だ。
そしてそこからハウルとカルシファーを見る、
マジであの状態だとなんっでもできちゃうから、ピントを合わせることが大切だ。

そして「私はソフィ、未来で待ってて、必ず行くから」と言う。

あの領域は、「過去から現在へと時は流れ、それは不可逆である」
みたいな時間の法則よりも上位の層だ。

だから時間を超えた操作もできる。

(代償のいる魔法のレベルだと、過去改変は相当に厳しい
時間の法則のようなきまりごと、というのは霊的存在より上位の層だからだ。)

ソフィが花畑で「不思議、ここに来たことがある気がするの」って言ってたよね。
それも時間を超えた操作があの時のソフィにも届いていたからっていうか、そんな感じだ。

実は、ガラクタの城が崩壊した時点でハウルの呪い(母性の支配)は多分解けている。
支配を受け入れる思考パターンはガラクタだからね。

残る問題はハウルとカルシファーだ。
この2人を契約から解き放って、それぞれに完全性を取り戻す。

だが、ハウルは魔法の使い過ぎで人の心を失い怪物になってしまう寸前・・・というか、
もうほぼほぼ手遅れだったと言っていい。魔王、怪物になってしまう。

だから「待ってて」なわけだ。

魔王、怪物になるのはちょっと待て、と。行ってなんとかするから、と。
このソフィの命令によって、ハウルはもはや人の形もなくして力も尽きているにも関わらず、
ギリギリ怪物にはならないで、ドアの外で「待ってる」わけ。