なんでもまとめ

ハウルの動く城を解説したい

1 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/11(土) 04:33:10.09 ID:5zw/AyMm.net
金曜ロードショーで何度目かのハウル見たけど、初見の時は色々わからなかったことが今回は完璧に理解できた。

22 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/11(土) 07:36:07.21 ID:JRTmzFs2.net

支配のつけいるスキがなくなる。
だからサリマンは異様なほどあっさり引き下がるんだよね。

165 :ピリア:2018/08/17(金) 23:10:20.89 ID:iPt6UnaG.net

>>150 そんな年代です。
駿作品リアルタイムで育ってこれてラッキーでした。
サツキとメイの年頃にトトロとナウシカをヘビロテしてました。LD?でっかい円盤でしたよ。

>>157 こちらこそありがとうございました。
もともとそういう方面に興味のあった方には解ってもらえたようで良かったです。
ここで調子に乗ると、自分にも堕落の罠が待っているので、
匿名のお喋りはほどほどにして、サボってる本職で精進していきたいと思います。

>>160 その神様はP5で初めて知ったのでなんとも

>>159 ありがとうございます。
未読ですが、本のタイトルだけでも興味深いですね。
読書会いいですね。お互い道を求めていたら、どこかでお会いできるかも知れません。
その時はよろしくお願いします。

2 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/11(土) 04:38:44.93 ID:5zw/AyMm.net

まずなぜソフィは娘になったり老婆になったりコロコロ変わるのか、
婆っていっても90歳くらいの腰の曲がったのから、
背筋の伸びた中年くらいまでと幅があったりするのか。
まずそこから分からない人もいるだろうな。

591 :ピリア:2018/10/02(火) 18:13:11.02 ID:FHBZ7SkO.net

>>589
>>590

いやいや面白い話です、ありがとうございました。

もしサンが赤毛ヒロインで黒髪のエボシと
魔女と人間の対比で描かれていたとしたら、

多分ラストは森に帰らず、
人里におりてアシタカといい感じになったと思う。

そして森と人界の二つの世界をつなげる魔女になったと思うよ。
でもそれじゃまんまナウシカだからねwww

同じテーマはやらないのが駿のポリシーだ。

もののけ姫の主人公はアシタカで、
二つの世界を取り持とうとするのはアシタカだ。

でも悲しいかな、アシタカは男性だ。
駿は象徴の意味を深く理解しすぎてるが故に、
男性に女性性、魔女の力を与えることはできなかった。

アシタカはいわばタロットの無番、愚者だ。奇術師でもあるが。
二つの世界を行き来はすることはできるが、
つなげることはできない。

・・・ていうのが今の感想。
でもまだ、もののけ姫は見直してないからな。
見たら感想が変わるかも。

681 :龍使いのお母さん:2018/10/10(水) 23:25:50.67 ID:iIjQmCea.net

もののけ姫は「アシタカ聶記」という曲がとても好きです

呪いの力で武士の首や腕を飛ばしてしまったり、
イノシシの皮を被った人間達の描写が生々しくて、
他の作品とは異質だなと思っていました

村に残したカヤという許嫁の事はこのまま忘れてしまうのかなと思うと、
そこは少し寂しい気持ちになります

243 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/26(日) 19:00:48.05 ID:???.net

岡田とか知ったかぶりと上から目線でなんでもかんでも下ネタにくっつけてはジブリ貶めて悦ってるセクハラデブヲタクだから真に受けなくていいよ

383 :ピリア:2018/09/09(日) 03:55:22.19 ID:BrJ5WBFf.net

ドクターとマダムのような科学者たちが、
どう堕ちていくのか、ちょっと順に考えてみましょうか。

血界戦線の話もどっかではさみたいと思っていたんですよねw

魔法や科学は、黒い空間のロードマップでいうと、
異界の上位概念で、 奇跡 創造 の下位の概念です。
ハウルでいう雲、法則の層ですね。

あの層にだけアクセスしていると、辛くて精神のバランスが保てなくなる、
ニコラテスラがすごい天才だったけど、すごい変人だったのは
そういうことだと書きました。

ああいう科学者たちの研究が、倫理を欠いたまま順調に進み、
いつかこの地上のあらゆる現象を把握し、
操作する神のごときレベルに達したとしましょう。

するとどうなるか。

非常に非常に高度な理性の力を要求されます。

358 :ピリア:2018/09/07(金) 19:43:23.74 ID:+4XWPHue.net

このところの異常気象や災害の多さはなんなのか、
どう受け止めれば心を乱されずにいられるのか、

この星の産みの痛みなのかな、と思った。

風立ちぬには、駿の得意技のトンネルがでてこない。

そのかわり、木立の中の小川と泉がでてくる。

これが産道と子宮の暗喩だ。

泉で二郎は菜穂子と出会う。
そして二人で新しく産まれてくる。

夫婦になるということは、
陰か陽かどちらかの不完全な存在だった男女が、
対極図のように陰陽が整った存在へと段階を進める、
という神話的な意味合いがある。

泉の次のシーンは大雨だ。

これは産みの痛み、クライシスだ。
出産は母子ともに命がけの大仕事だ。

母子が十月十日ずっと一体となって育んできた調和が、次の段階を迎える時、
分離の痛み、危機を越えていかなくてはならない。

大雨の中、菜穂子が赤ちゃんの話をするのも、この場面の意味を示している。
二郎と菜穂子の二人はとてもかわいい元気な赤ちゃん、
とてもかわいい新しい存在として産まれてくる。

大雨の後、虹がかかるのは出産がうまくいったお祝いだ。

地球も今、三次元から四次元に移行する段階がきて、
変化する苦しみを味わっているのかもしれない。

陣痛の感覚が早くなっていくように、
気象の変動も激しさを増していく。

大昔、恐竜が滅んだ時も、こんな風だったかもしれない。
その時は二次元から三次元への移行だったのだろうか。
人類は、滅ぶのか星とともに進化していけるのか、いつか審判の時がくる。

まあその。
出産という一大イベントに際して、
分娩室の前でうろうろおろおろする父親のようになるか、
それとも母親の手でも握って声をかけて祈って、なんとか寄り添おうとするのか、

それを選ぶことはできるな、と思いました。
せめてこの星の痛みも思って、祈って寄り添っていけたらなと。気持ちだけでも。

575 :ピリア:2018/10/01(月) 01:26:34.13 ID:J8CD793k.net

>>572
ありがとうございました。
ノベル届きました。楽しみです。

そしてお気持ちはわかります、ごめんなさい。
例えば、自分もハウルを人に勧めて、
フィルムコミック買ったよ〜、とか言われたら、
ずっこけるでしょうからwww
動かない駿アニメなんて!と思うでしょう。

でもその人の家にテレビもパソコンもなかったら、
まあ、しゃーないと思います。

ゲーム機持ってないし、
パソコンの同人ゲームは値段が・・・。

そんなわけで原作は心にとめつつノベルから入ります。
ご紹介ありがとうございました。

そう、支配者は虚実を織り交ぜて話します。
ある部分は真実だから、すべてが真実だと思ってしまう。
何が虚で何が実か、本人に自覚がない場合さえある。

こ〜のテクニックを見抜くにはねえ・・・、どうしたもんか。

というか、このスレも自分は支配のつもりはなくても、
話には自覚なく虚実が混ざってると思ってかかるべきですね。
そこらへんはお含みおきください、よろしくお願いします。

やはり、心を完全性に近づけ、次元を上昇させ、
直感の力のレベルを上げるしかないかな・・・。

17 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/11(土) 06:29:46.27 ID:nV+5EbST.net

ハウルのサリマンへの態度は、
ひたすら逃げ回る から
疑似家族を守るため戦う に変わる。
しかし「支配する母性」の象徴サリマンはめちゃめちゃに強力だ。
国家間の戦争をコントロールし、雑魚魔法使いをいくらでも使い捨ての駒にしてくる。
鳥化や飛行機を落とすような魔法は使えば使う程、人間に戻れなくなるという代償が伴うので、
ハウルには勝ち目がない。

523 :もしもしp:2018/09/26(水) 22:01:26.16 ID:uoofBi1q.net

>>522
ありがとうございます。
なるほど、そこまで油婆有利に読みますか。ふーむ。
そこも気をつけてもう一周してきます。
うへへ楽しい。

油婆と銭婆の人格の統合、
という課題はハウルに持ち越してる
とも言えるかも知れませんね。
ハウルの登場人物は、心の働きの擬人化でもあり、
最後はほとんど皆があるべき姿となって、
物語全体が一つの心として統合される、
と読むことができました。
そこに裏テーマとして油婆と銭婆も含まれていたのかも。

377 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/09/08(土) 21:38:17.74 ID:RolV5Hrg.net

>>375
他にもいくつか疑問点があります

ネコたちがどうしてメアリを導いた上で魔女の花にあんなに威嚇していたのかな?
霧が紫に発光しながらネコたちを包んだ時に、どうしてギブだけを連れ去ったのかな?
シャーロットの部屋にも変身魔法のイラストのスケッチブックが置いてあったのはなぜ?
シャーロットの部屋の炎がメアリをシャーロットだと思い込んだのはなぜ?
鏡に映ったおばさまは、メアリ側の魔法の力なのかな?

等など
でも確かにハウルほど複雑ではなくて、スッと好きになれる映画でした

235 :もしもしp:2018/08/25(土) 20:05:48.24 ID:aFMnDk6C.net

アートオブハウルと原作小説きたー。

36 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/11(土) 23:46:13.80 ID:O1u0v0MF.net

今回の金ローで見た時、荒野の魔女ってマツコデラックスみたいだなーと思ったけど。
この映画が公開した時はまだマツコいなかったよなあ。

617 :ピリア:2018/10/03(水) 20:19:13.83 ID:FTTNeSGm.net

>>615
ああ、ありがとうございます。

600までスレが進んで、勉強が進んで、
自分にも次のテーマが来たようです。

慎重にやりたいです。
少々お待ちください。

今日もお疲れ様でした。
本当にありがとうございます。

できれば、名前をおうかがいしても?
もちろん本名じゃなくていいです。
ニックネームで。

それか龍使いのママさん、とか呼んでもいいでしょうか。

68 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/13(月) 04:04:54.99 ID:???.net

サリマンの「仕方ないわね」は、それまでの危惧だった戦争と、戦争の原因である王子の呪いが解けた事、心配していたハウルの契約が解けた事、一同の円満ぶりを見せられた事が重なり、気の抜けた心情を表している。

原作ではサリマンの身体が犬、ヒンの材料となっている。では映画のヒンは誰なのかと。
サリマンの身体、サリマンの片割れ→夫ないしフィアンセだろう。これで浮気者とのセリフに納得がいくし、ほんらい裏切り者であるはずのヒンを呆れ程度で許してしまう寛容や信頼関係の根拠になる。

上記を踏まえて、サリマンのハウルへの執着の度合いと動機について、ネットでは妄想交えて過剰に語られるが、そうでもないんではないか。
かなり力のある魔法使いなんで戦時中は手中におさめたい。手のかかる教え子である。それ以上の執着はないとするのが素直な見方。
ハウルの地毛は黒なんで、サリマンが従者をハウルに寄せたんではない。あの世界の美少年の記号的な表現だと思われる。
宮崎駿は記号表現をあんまり使わない人なんで、この点については違和感ある結び。ここから逆算すると上記の考察も覆るかもしれない。

326 :もしもしp:2018/09/02(日) 23:22:21.82 ID:u6yYy5p6.net

もっと言うと、人間は自分がなにを求めるのかも、そこへ至る道のりも、
本当は知っていると思うんですよね。
ガラクタが多すぎて、わからなくなってしまっているだけなんじゃないかと。

だから、自分の心の声に耳をすませるために、まずガラクタをお掃除するといいのではないでしょうか。ソフィのように。

99 :ピリア:2018/08/15(水) 00:15:18.67 ID:wbFY0ruP.net

今日ハウルの冒頭を一緒に見てた人が言ったんだけど
「この妹は帽子屋はしないのか?」って。

そりゃ〜向いてないね。だって妹が働いてるのお菓子屋さんだよね。
お菓子屋さんって女性客が多いところなのに、
妹の前には大勢の男性客が押し寄せて、親切に声をかけてくるスタッフも男性ばかり。
妹は容姿が華やかで、性格も良くて、もう大人気のモッテモテ。
ソフィだけじゃなく、おおかたの女性が劣等感を抱く要素がてんこもりだ。

一方、ソフィの帽子屋にあるのは女物の帽子ばかり。
この店で妹が商売しても、男が詰めかけて、女は来なくなるだろうね。

母もどう見ても妹と同じ属性だ。
だから余計にソフィは「この店を守れるのは自分だけ」とか思ってたんだろう。

230 :ピリア:2018/08/25(土) 06:12:03.43 ID:XhOL6nvL.net

なぜか半漁人という変換になるけど、半魚人だね。誤字だね。
でも顔はカエルっていうか両生類だと思う。

713 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/10/14(日) 20:55:48.73 ID:XW3X9Oi7.net

>>134
>>202
遅くなりましたが、ピリアさん、今までの返答本当にありがとうございました。
今までの投稿も含め本当に色々と人生の参考にさせてもらっています。
私はピリアさんやこのスレの人達に相談したいことがあります。
私はオカルト的な事を信じてしまいやすく、
また、それに対して霊感などは一切ないにも関わらずまるで自分の事のような恐怖を抱いてしまいます。
特に『異世界に迷いこんでしまった』『精神だけがどこか別の世界の誰かと入れ替わってしまった』などといった物に対しての恐怖がとても強く、
一時期5chのまとめをみて自分もいつか異世界に魂や体ごと迷いこんでしまいとても恐ろしい目にあってしまうのではないか、
そしてこの生活に戻ってこれなくなってしまうのではないか…
と強い恐怖に襲われ、もっと何か知っておけば対策が取れるのではないかと何度もその類いのまとめを見て、さらに不安になる…
といった負のスパイラルに捕らわれてしまっていました。
そのせいでつい最近まで精神的に不安定な状態が続いてしまい、日常生活にも影響が及んでしまうほどでした。
今はフィルタリングなどで対策をとって検索出来ないようにロックをかけているのと通院して薬を貰い、何とか安定してきましたが、
それでもたまに何らかの事故で異世界に行ってしまうのでは…と不安になってしまいます。
ですが、セピアさんやその周りの人達の考察や考え方を見て、とても気持ちが楽になりました。
そもそもスレの趣旨とかなりかけ離れてしまっていますし、何度もおこがましいのですが、
この先スピリチュアル関係においてセピアさん達のようなしっかりとした考えを持っている人に出会える機会はほとんど無いように思います。
ですので、お願いがあります。
どうかこの事についてアドバイスをお願いします。
どうすれば異世界に迷いこまずにすむのでしょうか?
どうすればオカルト的な物に振り回されずに生活出来るのでしょうか?
長文、本当に申し訳ありませんでした。面倒でしたら、無視していただいて構いません。

553 :もしもしp:2018/09/30(日) 02:47:07.32 ID:7sydPQHk.net

>>552
ありがとうございます。
どうもこの掲示板に書き込むっていうので、
言いたいことをちゃんと書くのも、
書いてある意図をちゃんと読むってのも、
独特で難しいとこがありますね。
対面で話したらフィーリングで解ることが、
なかなか匿名で文字だけのやりとりだと難しい。

ユバーバとゼニーバ、良く読んでみます。

先にソフィについて答えると、
駿はちゃんと魔女以上の魔女的な存在を何と呼ぶのか、作中に入れてました。

妹の「お姉ちゃん天使にでもなっちゃったの?」

駿は魔法以上の、奇跡に触れている存在を、天使と呼ぶようです。

代償のいる魔法の力を使って魔女や魔法使いや、
マッドサイエンティストになるより、

ありふれた普通の人生を、奇跡と共に生きる天使になる方が、ずっと素晴らしいと、ハウルではそう言っているように思います。

そういや尾畑春夫さんが情熱大陸に出てたから録画したんですが、
苦労もされてますね…。悲しみもある。
でも堕落しない方法を彼は心得ています。
講演や取材を断り、お礼を受取ることを断り、
自分のなんでもやらせていただきます、という純粋な気持ちが汚れるのが怖いと言ってました。

かなりの天使ではないかと。

え、ていうか魔女増えてんの?
スゲー見てぇー。でも怖えー。

もちろん魔女、魔法というのも、
ひとつの道だと思います。
そういう道を選んで生まれた人もいるでしょう。
しかしどんな道でも、
到達したと思って満足して歩みを止めるとサリマン化が始まる。

魔女になっても、その先の天使を、奇跡を目指して、
少しずつでも歩いていけるといいですよね。

693 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/10/12(金) 02:11:37.27 ID:???.net

>>688
鹿の王の解釈も聞いてみたいなー!
精霊の守り人シリーズや、獣の奏者についてももし余裕があったら聞いてみたいー

397 :ピリア:2018/09/11(火) 06:51:30.96 ID:tHkiQ/Kx.net

リアルでも、世界を創造した神に人格があるという設定は実は正確ではない

これもうちょっと書いてみようかな。抵抗もないみたいだし。

ギリシア神話でも日本神話でも、
一番最初の神様、カオス、天御中主神、
という神様には人格の描写がない。

すぐにウラヌスとガイア、高御産巣日神、神産巣日神など、
対を為す根本原理の神様の二柱を生んで、
その後はもう登場しない。

根本原理の神様は更にいくつかの
大いなる法、みたいな神様を生んで、

ゼウスとか天照大御神くらいまで世代が下がってから、
人界に縁の深い最高神っていう感じになる。

この構造はとても黒い空間のロードマップ、層の概念に近い。
とても納得がいく。しっくりくる。だから時代を越えて支持される。
優れたインスピレーションによる、普遍性のある神話だと思う。

今までスレで説明してきた言葉でいくと、

カオス、天御中主神、が 奇跡 創造 の領域だ。
これは多くの神話における最高原理だと思う。

ウラヌスとガイア、高御産巣日神、神産巣日神などが、
法則の層を示す神様だ。法の層はなんか体系的にまとまってるというか、
上位概念と、それに従う下位概念、みたいにはなってくるらしい。
それが二柱の神々が更に生みだす神々のことだ。

この辺の法則の話はどうしたもんかと思うから、本から抜粋。

真実の法則を頂点に、運動の法則、速度の法則、因果の法則がある。
真実の法則の下に自由意思の法則、思考の法則がある。

磁気の法則の下に重力、時間、引力の法則がある。
時間の法則の下に次元、幻想、DNAの法則がある
時間の法則の下にはアカシックレコードもある。

まあ、詳しくしたい人はシータヒーリングの本参照で。
その辺はあんまり紙幅はないけど。

神話の神々がどの法則にあてはまるのか考えるのも面白そうではある。
クロノスは時間、ネメシスは因果応報、モイラは運命だから幻想かな。
イザナミとイザナギは女性原理と男性原理とか。
この辺の神々はエピソードがあるけど、
それは説明のための擬人化であって、法則にも人格はない。

そして異界存在の最高位がゼウスとか天照大御神ということになってくると思う。
異界存在には自分たちと同じように、心や性格、人格がある。
もちろんレベルは違うけど、理解としてはそれでいいはず。

こういう類型が、人間の精神の原型とも合致する、人間存在本来の神話だと思う。

では、光あれ、との言葉からすべてを創造し、
世界の創造があらかた終わった後もひっこまず、創造物の全てに干渉を続ける神様って、

なんなんだろうね〜、どういう存在なんだろうね〜、っていうね。

興味がある人は小室直樹先生の本を読もう。
ま、日本人なら知らなくてもあまり問題はないと思う。

424 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/09/14(金) 07:40:52.42 ID:GWAli8QH.net

おはようございます
魔法つながりな話ですが、ピリアさんは今放送しているブラッククローバーは見ていますか?
我が家は家族ではまって見ています

75 :ピリア:2018/08/13(月) 18:53:06.89 ID:eVuSLOWU.net

悪魔っていうのも、その多くはキリスト教によって追いやられた、
その土地の神様達だったりするからね。
サタンも元は人に知恵(の実)を与える慈母神だったんだと
ジョーゼフキャンベルの本で読んことある。

482 :ピリア:2018/09/21(金) 19:04:55.82 ID:giWtMhLK.net

マーニーは、
不思議な少女、
孫を思う祖母、
過去の人、幽霊
という三つの役割をもったキャラで、
場面ごとにどの役の意味が強いのかが異なる。

アンナとお喋りしたり舟に乗ったりダンスしたり、
友情を深めていくところは少女で、

「大好きよ」「許して」とか、笑顔でバイバイのときは
孫を思う祖母で、

アンナをカズヒコと呼んだり、
アンナじゃない花売りとダンスしてたり、
日記の内容のところは過去の人だ。

そう考えると結構むずかしいキャラではあるけど、
破綻なく描けていると思う。
でもな〜、
この作品が技術的に色々高度なのはわかるけど、
素直にわくわくできるか、面白いかって言うとな・・・。
丁寧できれいなんだけど。

手間がかかった割に、ん?ってなった料理のような。
やっすい肉ともやし炒めて
市販のソースぶっかけのほうが
わかりやすくウマイってこともあるよなみたいな。

米林監督は力はあるので、今後に期待。

287 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/09/01(土) 02:15:56.81 ID:???.net

>>284
そういう楽しみ方っていわゆる同人誌的なもので一つの作品として生かされてないオマージュは元ネタありきの二次創作では?
駿も他作品の影響が随所にあるけど受け手にあるその他作品の評価を移植したいわけではなく自分の表現としての模倣だったり
若しくは本当に小ネタとして仕込んでこちらが気付くかどうか教養レベルを試してたりするものだったりしてるはずだよ
メアリは観てないけどジェネリックジブリを求められてやってしまったようなそれを手放しに褒めてしまうのは危ういと思う
個人の感想なんて自由だけども引っ掛かる

598 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/10/03(水) 00:26:03.50 ID:PyKD0ase.net

アルさんのまとめ、やっと読んでみました
最初にピリアさんが教えてくださった時は、
アルさんの幼少時の虚弱体質が可哀想で読み進める事が出来ませんでした
でも今日、ピリアさんが再びリンクを貼ってくださった事をきっかけに読みました
(イルミネーションと言葉を置き換えた辺りで話が怖くなってやめました)

そういえば何年も前に夫もプレアデスの本を読んだり、フォトンベルトがどうとか言ってました
夫も私もオカルト好きという人種では無いのですが
過去と現在と未来は繋がっているのだなぁと感じました
アルさんのブログはブックマークに入れてあるので、また読んでみます

龍使いについては、息子に聞いてみますね
「知らん」って言われそうですがw

そうです、スレの初期から何度も書き込みをしています

532 :ピリア:2018/09/29(土) 08:20:58.17 ID:NP1BUZSv.net

魔法ってのは過程をとばすか省略して、結果を手に入れる方法だ。

そう考えるとゼニーバは魔女らしくない。

でも過程をとばすか、省略するためには、それを熟知していなくてはならない。

そう考えるとゼニーバは魔女らしい。

なんか例えがいるかな。
例えば江戸時代の人間の前で、
スマホを使って遠くの人間と会話したら
魔法だと思われるだろう。

でも、スマホを使うのは難しくなくても、
スマホを作ろうと思ったら?
あるいは修理しようと思ったら?
専門の知識と技術の習得が必要になってくる、
道具も材料もいる。

スマホでも電子レンジでも車でもなんでもいいけど、

魔法ってのは、まあ概ねそういう感じの理解でいいはずだ。

ゼニーバは強力な魔女だから、更に魔法への理解を深めているのか、
それとも湯バーバに魔法を奪われているから、
リハビリかトレーニングでもしているのか。

でもな〜。

320 :もしもしp:2018/09/02(日) 15:06:23.13 ID:plfjFYpy.net

>>316
は、よくその内容で書き込めたなw
でもありがとう。本当に本当にありがとう。
女性賛美の流れが、男と女という二項対立の感情を煽っていた、と受け取りました。
対立を越え、心を完全性へと以下略がこのスレで繰り返し強調するべきテーマな気がしてきたw

62 :ピリア:2018/08/13(月) 01:54:55.57 ID:JMfyyQhF.net

上記の特徴のすべてはサリマンの巧妙な目くらまし。
サリマンはハウルにとっては「支配する母性」だけど、
宮崎駿がサリマンという存在で暗喩しようとしたものは、
もっとマジ半端なく恐ろしい存在だ。この地球で生きる人類すべての脅威と言っていい。

328 :ピリア:2018/09/04(火) 00:01:53.77 ID:BVJMLBsL.net

以下クッッソ怪しい話スルー推奨w

シータヒーリングの本をマジで買った方がおられるようなので、
自分のやりたてほやほやの失敗談をひとつ。

あの本のメソッドは危ないのでおすすめはしません。絶対しませんよ。

が、自分はあの方法を他人に対しては決して使わないこと、
ホオポノポノとの合わせ技と、「使役」以外のイメージでいけそうだな、と
思って使っておりましたwサーセンw

このスレさせてもらいながら、そうか「支配者を愛する」
なるほどいいかも、と思ってその感覚をインストールしてみたら

ちょっとしたぎっくり腰になりました。
そのくらいで済んでよかったwwもう治りましたww

これはあの本でいうところの二重の信念体系になったということです。
パソコン的にいうと、プログラムが衝突。クラッシュしたということです。

完全に抜けていなかった 支配を憎む と 支配を愛する が、
ぶつかって体に影響が出たわけですが、
他にどんな事がありえたかを思うとちょっと怖いです。

支配を愛する、をアンインストールして、
支配 にまつわる全ての感覚と感情と記憶を全てのレベルで
しっかりクリーニングすることですっきりしましたが、あのメソッドには

1、他者の心に触れることで精神汚染がおきる
2、使役の思考パターンを使うべきではない

プラス
3、うっかり二重の信念体系になると悪影響がある

という問題もありそうです。
道を進むときは、失敗しそこから学ぶことも大切ですが、
強力な方法には、強力な落とし穴があることもあると思います。
急がばまわれかもしれません。反省しました。

71 :ピリア:2018/08/13(月) 04:16:07.63 ID:jaFhlayH.net

ヒンがサリマンの足など、サリマンの一部であるなら、
彼女もソフィ達が成した完全性の中に組み込まれている、ということもあり得ますね。
対立を超え、支配を退け、敵だったものをも統合に巻き込み、さらに大きな調和を完成させる。
ということまで描写されているというのか・・・。

そういえばヒンはサリマンの足元に座っていましたねえ・・・。

604 :ピリア:2018/10/03(水) 06:24:41.16 ID:7eeNRG55.net

なるほどな〜。
シータヒーリングの著者も
この方法なら魔女を越えられるのにな。
ばっちり顔出しの本名で活動するのが、
エゴとヒーリングが結びつく隙になっている。

ネイティブアメリカンなら、
縁の深いスピリットの名前を借りるような、
シャーマンの文化があるはずだがな・・・。

感謝され敬意をはらわれるのは、象徴的な役であるべきだ。
それを揺れる心をもつ人間のまま受け取ってしまうと、どうしてもバランスを崩す。

感謝し敬意を払う方の人も、象徴的な役には依存ってことにならない。
個人的な関係を築けない、自分だけ目をかけてはもらえない、ってことが解るんだ。

神秘を語って、ジプシー達とどろどろになってった
自分の師も、そういう仮面や名前をつくって、
ジプシー達と関わる時だけかぶれば良かったんだ。

自分も参考にしていこう。
はー、勉強になる・・・。なり過ぎるw

もう読んでる人ポカーンだろうな。
これを分かりやすくしていけるか・・・?どうすれば・・・?

45 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/12(日) 04:35:33.09 ID:7NsMx7YN.net

ソフィが作中で使ったと思しき魔法は、まずカルシファーの守りを解いて動く城に入る、
老婆化をコントロールする、ハウルの深層心理やその先の領域にアクセスする、
動く城を解体する、カルシファーに水をかけても死なない、
もうほぼ力尽きているハウルにキスをしてカルシファーのところへ移動する、
キスでカブの呪いを解く、などまだまだあって、

なんなの万能なの?、
ご都合主義乙wwつまんねwとか思ってた。初見の時は。

はっきり代償があったのは髪を与えてカルシファーの力を増したとこと、
あと、星の色に染まったという髪。
これは「どうかカルシファーが千年も生き、ハウルが心を取り戻しますように」の代償だろう。

354 :ピリア:2018/09/06(木) 19:04:14.25 ID:R/YXJH9A.net

>>351
ああ、素晴らしいです、ありがとうございます。

自分は音楽はあまり向かなかったので憧れがあります。

この間、恩田陸の蜜蜂と遠雷を読んで目からウロコ落ちまくりでした。
言葉に翻訳されてやっと少し音楽の世界観が理解できるというwww

大量のガラクタと結びついて、その処理の重さで飛べなくなる、
魔女宅のキキのようなスランプには自分も覚えがあります。
体を壊して、○んだ方がマシだと何年かかなり思い詰めていました。

そのころアルさんの記事を繰り返し読んでいましたね。
内容もさることながら、文から滲む人柄に救われていました。

苦しんだことも、悲しんだことも、
いつか誰かの気持ちに寄り添える糧となるなら
素敵なことだと、そんな風に書いてありました。

地震も豪雨も、災害で今現在大変な思いをされている方に、
安易な言葉はかけられないのですが、

でもきっと、大切なのは心だというのは変わらないと思います。
どうか心だけでも安らかであるよう、お祈りしています。

130 :ピリア:2018/08/16(木) 04:24:20.35 ID:VpItIcZs.net

>>126 カルシファーについてもう少し。

>>107で、
ハウルでは流れ星存在に、心臓という自分の血肉、物質の依り代を与えるんだ。
すると流れ星はカルシファーになる。

これさらっとやったけど意味わかるかなぁ。
何かを使って召喚する、契約して行使するっていう
イメージやモチーフはほかの作品でもよく扱われるよね。

Fateだっけ、サーヴァントを召喚するときもなんか対象の英霊に関係あるアイテムがいるとか、
安部晴明とか陰陽師は札をつかったり、人形とか形代(かたしろ)使ったり、名前をつけたりする。
FF7だと召喚獣使うのにマテリアが必要だったり、マギだとジンと金属器とか、
ポケモン使う時はいっぺんバトルに勝ってモンスターボールがいるとか。

枚挙に暇がないほど何度も何度も物語はこういうイメージを使うんだ。
これは実に人類にとって馴染みの深いパターンで、
異界の存在の力は条件によって、この現実で肉体や物質の依り代を得て力を発揮できる。
その方法に通じているのが、魔女、魔法使い、魔術師、陰陽師・・・とか呼ばれる人達なわけだ。

そんなわけで、 
心臓という物質の依り代を得て、流れ星は受肉してカルシファーになるんだけど、

なんで水でも風でもなくて、火の悪魔なんだろね、ていう。

それは多分ハウルが情動、感情のキャラだからかな。
情熱 という言葉には 熱 が入ってるし、
感情を表すとき、燃えるような思い、とか
火や熱のイメージが浮かぶのは人類共通なんじゃないかと。

634 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/10/05(金) 13:21:35.20 ID:x6FrD4f+.net

龍使いの千尋かっこいい!と感動しました。
こういうスレを見て勉強になるのはとても良いのですが、具体的にどうしたらいいか、どう行動またはどう考えるかがなかなか分からなくて。。
龍使いになるとか、知性のソフィーのようになるとかワクワクしますが、具体的にどうすればよいのでしょう。
自分でも考えてみますがいまいち分からず(笑)

366 :ピリア:2018/09/08(土) 15:46:23.62 ID:3klDptkq.net

ここで大地の悪魔とは、人間から人間性を剥ぎとり、
意識の次元を著しく落とすなにかの暗喩かと思いました。

異性やお金への執着など諸々のガラクタの思考パターンも含まれますが、もっと強力な感じですね。
ドラ○グ(抗○剤なども含む)、ア○コール、パチ○コやソシャゲなどギャン○ル、暴力の快感などなど。
精神活動を麻痺させ、依存させるもの。人を獣以下の存在へと堕落させていくもの。
ひいてはそれらを流布する勢力が、大地の悪魔かな、と。

そんな新世代たちも育っていって、社会に参加する時が来る。
それが壁が超大型に蹴破られるということです。価値観が流入してくる。

たくさんの人間が無垢の巨人に食われる。
新世代たちは、低次の意識と結びつき、傷つき、心を閉ざしていきます。

まあ例えば、いじ○にあうとか、ブラ○ク企業に社畜にされるとかでしょうか。
そこまでじゃなくてもネットの政治がどうとか男女がどうとかという風潮に染まってしまうとか。
テレビの悲惨なニュースやゴシップばかりで頭がいっぱいになってしまうとか。

402 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/09/11(火) 17:37:18.67 ID:???.net

400

715 :特異点になりたい人:2018/10/14(日) 21:25:14.96 ID:UZFjEGTf.net

読解力というか、そこらへんの知識があるので、勘に近いかと思います(笑)国語のテスト苦手でした…←

昨日唐突に思い付いたのですが、進撃の巨人アニメのEDの歌詞が自分なりに少し解釈できました

大地と大空は なぜ分かれたのだろう
世界は残酷で されど美しい

というところ、初っ端が一番分かりませんでしたが、こういうことかな?

「あの領域」では大地も青空も別れる事はない、しかしこの世では何故分かれているのだろう
=自分はなぜこの(醜い)世界に生まれてきたのだろう
世界は残酷で醜い、不快に満ちている。でもとても美しい。醜く不快なものがあるけれど、同じくらい美しく素晴らしい。=生きることは苦しい、しかし喜びと愛も満ちている

という意味かなと解釈しました
このスレのおかげで勘が冴えてきたかもしれません

703 :ピリア:2018/10/13(土) 14:16:51.54 ID:0qvGjGlm.net

もっと時代が進んだら、次元の意識が進んだら、
まず出産に対する意識が変わると思う。

生まれた赤ちゃんをいきなりライトで照らしたりしないほうがいい。
できるだけ暗くて赤くて暖かい胎内の環境と似た雰囲気をつくって、
できるだけ静かに、すぐ母親の胸元に持って行って、
なんか色々、とにかく、新生児にもすぐ、
バーストラウマのケアをするようになると思うよ。

産屋で、母と産婆で出産てな時代の良さもあったんだよね。
まあ死亡率とかなにか事故とか考えると、
病院での出産が良くないとは一概には言えないけども。

まあ、自分も、あなたも、人類のほぼほぼみんなも
バーストラウマのケアをしてもらえなかったのは残念だけど、
今からでもできるから、しよう。

生きるのは罪でも罰でもない、この一瞬の、本物の奇跡だ。
と、心から、ほんとうに心の底からただただそう思えたら、素晴らしいとおもわん?

死の恐怖と肉体の不快もクリーニング推奨だ。
消えはしないが、ガラクタがとれれば本来の姿にもどる。
怖い怖いおばけちゃんが、親しくて頼もしい友人になる感じ?かな。多分。

30 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/11(土) 22:52:24.87 ID:IDN+agqr.net

なるほど、面白いし納得です
まだ続くのかな?もし最後だったら終わりってレスして欲しいな

82 :ピリア:2018/08/14(火) 01:22:19.97 ID:SpjvcyQ3.net

神木隆之介と言えば千と千尋とハウルの間の時期かな?キリクの主演もやってるよね。
あれも対立を争いを超えて解決する素晴らしい物語で、そこもハウルに通じるものがある。
しかもハウルは難解だけど、キリクは明快にそれが解るし。

227 :ピリア:2018/08/25(土) 05:22:37.19 ID:XhOL6nvL.net

さて・・・、タロットでは月、というのはあまりいい意味のカードではないらしい。
月が好きな人はこの先の話に気を悪くするかも。ごめん。
まあ、あくまで象徴とか、例えの話だ。

ポニョは海の話なので、潮の満ち引きを起こす月は当然重要アイテムだ。

月の場面を見ていくと、
舟の墓場?の上に海がおそらく月の重力に引かれて盛り上がっている。

月は画面の真ん中にどーんと大きく描かれる。
その次の太陽は画面の左寄りに小さく、しかも雲がかかって描かれる。

これは色んな意味にとれる・・・、が月(見えない世界・魔法)の力が増して
太陽(見える世界・文明)の力が霞んでる、弱まってる、としておこう。

そしてフジモトが更に大きくなった月を指して「もう時間がない」と言う。
どんどん近づいてきてやばい、状況にタイムリミットがあるってことに月が使われる。

アルさんのまとめにも、月に違和感を感じる、人工物な気がするとあったが、

大澤義孝のタロットの本にも似た印象の記述がある。
月の図像には横顔が描かれるが、半分の顔しか見せない、裏の顔があるという意味。
月の下には犬が2匹いて、それは争う二つの陣営の意味だったり、
四角いプールにザリガニがいるのは養殖池ってことだったり。

絵で月に向かって雫が落ちているのは、どこぞのインキュベーターのように、
絶望と希望の相転移の感情エネルギーを集めて利用してる存在がいるんじゃないか、
とか書いてあるwww怪しすぎるww楽しいww

だからっていうか、まあ、
ポニョでも、サリマン的な支配するなんかの象徴として月が描かれてる気がする。
あくまでソフトにね、これはタロットや陰謀論の先入観による深読み。

341 :もしもしp:2018/09/04(火) 19:01:41.75 ID:oa9wKvOU.net

あ、ていうか、幽白には霊界は広大な魔界の一部に過ぎないとか、
魔界が何層にもなって深く深く広がっている、
ていうモロな設定あったな。
それもコエンマが説明してた。
あれは冨樫は元ネタの本でもあったのか、
インスピレーションでそうなったのか…。
ちょっと幽白読み直そうかな。

671 :ピリア:2018/10/08(月) 20:16:46.97 ID:AsERS8kG.net

さて、ここまでスレが進むと、
魔法という言葉の意味がちょっと多岐にわたってて混乱するな。
定義できる材料が揃ってきたってことでもあるから、ちょと書いてみよう。

魔法のレベルは、いかにその領域に近いものかってことで決まる。

生命や、この世界のすべての創造は最高位の魔法だ。

ソフィの魔法解除や、メアリの全ての魔法を解く魔法、
イマジンブレイカ―、ギガスレイブ、ホオポノポノは、
創造された有限を無限に還す、それも高位の魔法だ。

キキのように空を飛ぶ、はその次くらい。

で、時間や因果や運命や重力や、
色んな法則ってものがあって、それに従う魔法が、

真の名、力ある名を直感してつける、という魔法、

陰陽師や湯バーバの名前の力を使う魔法や
ハウルやサリマンや異界存在との契約の魔法とかだ。

サリマンやマダムの電気の魔法になってくると、
もう科学の手が届くところ、という感じがする。
この辺は「十分に発達した科学は魔法と判別がつかない」というアレだ。

これをここまで、全部魔法と呼んできたからなwww
まw認識が進まないと定義もできなかったんでww
これで合ってるかどうか解る人に添削して欲しいな〜。
駿とSKY-HIに聞いてみたいw

SKY-HIのライブの魔法ってのは、
もう見る人が見れば解るテクニックだとも思う。
あなたはだんだん眠くなる〜の催眠術の手法や、
音の波長や光の波長がチャクラに対応してることや、
ネガティブも共鳴させて増幅させると、ある時
逆位相との交流が起きて消える、
音叉やホメオパシーみたいな手法を使ってる。

まあどれもまだエセ科学とか呼ばれることもあるし、スルーよろ。

そういうのを小技として使いつつ、ちゃんと音楽で歌でライブで、
なによりSKY-HIのハートが円満だから、すべては善き魔法となるんだ。

16 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/08/11(土) 06:18:20.41 ID:nV+5EbST.net

城の温室でソフィがサリマンに啖呵をきった後、ようやく出て来たハウルはサリマンと一戦交える。
おそらくは初めての師への反発だったのだろう。
そして動く城に帰ってきて「引越しをしよう」と言うハウルの恰好は冒頭とは全然違っている。
サリマンの趣味(サリマンの恰好も宝石もりもり)の金髪カラフル派手外套から、
黒髪、白シャツ、黒ズボン。形はオサレだが超シンプルである。

675 :ピリア:2018/10/08(月) 22:27:12.76 ID:AsERS8kG.net

SKY-HIの中の人は、シャイで優しい。
空の高み、という語感にある、
気位が高いとか、目線が高い感じが全然ない。
いつも弱者のことを考えて話す。
まあ理想は高いが。

ピリアの中の人は、理屈が好きで口が悪い。
反骨とか言いつつオラオラしている。
で、アルさんのようなハートの円満さが好きだ。

つまりハイヤーなネームには、
自分に足りないフィーリングや、
自分に必要なフィーリングがあることになりそう。

駿も偏屈なおっさんなのに、
ジブリ、風の天使ってそりゃナウシカのことだ。
ナウシカは聖母かつ英雄だ。
駿のヒロインは聖母的ってのはよく言われてるよな。

米林のポノックは深夜0時、
時計はなー、柱時計なんかは昔は家格をあらわす家具だし、
腕時計も重要なおしゃれアイテムだ。
技術と美術の粋をこらしたものを求める文化がある。
うん・・・、メカやモンスターのデザインがモサいもんな・・・。
勘定の描写はほんといいんだけどな・・・。

特異点さんはきっとアレだな。
理数系とか空間把握とかが
苦手な文系じゃないかな。
地に足をつけて堅実に暮らしてそう。
園芸とかアースな感じがしそう。
森ガール系とか。
好き勝手言って申し訳ない。

86 :ピリア:2018/08/14(火) 02:14:07.02 ID:XQu8DUdJ.net

しかも外からみると巨大なのに、中の生活空間は広いとは言えない。
めちゃくちゃに散らかって天井から埃が垂れ下がるレベルの汚部屋であることを差し置いても、
暖炉のある一階はキッチンとダイニングと玄関がひとまとめにあって、
二階はマルクルの私室、ハウルの私室、ベランダも大して広くない。
あろうことかトイレ、風呂は同室だ。ユニットバスの城なんか聞いたことねーわ。
当然客間もないからソフィは一階の隅で寝てたよね。