ニュー速VIP

アパートの隣のお姉さんと何回かえっちした話を書く

1 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 15:35:21.61 ID:cLJKfdHl0.net
最近結婚したので、この話を成仏させてほしい
身バレ防止のためにある程度フェイクは入れる。
でもわかる人にはわかるかも。
当人に伝わってたら謝罪の意が伝わればいいんだが。

90 :名も無き被検体774号+:2021/04/06(火) 15:44:16.13 ID:b/oXbN1Yp.net

とりあえず俺が今から住むから物件名教えてくれない?

たのむぜ

59 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 18:56:54.70 ID:cLJKfdHl0.net

ぶっちゃけ思い出すだけでかなり濡れる。今日は嫁としよう。

凄く濃かっただとかなんとか言われたような気がする。
しばらく何かを言った後、お姉さんは満足したのか(わからないけど)帰った。
一方で俺は、下半身が唾液だらけで放置されていた。

このままではいろいろとまずいので、何とかしてシャワーを浴び、
泥のように眠った。久々によく眠れたのは覚えている。

19 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 16:25:36.84 ID:cLJKfdHl0.net

こうやって嘔吐しながら出社してると、だんだん朝起きるのが苦しくなってくるのよね。
俺も何とかしなきゃと思って、ラジオ式の目覚まし時計を購入した。
ついでに時間になるとライトが光って、無理やり起こしてくれるみたいな代物だった。
そいつをベッドサイドに置いて、朝はラジオと光で身体を起こす、という生活をしていた。
帰社後はラジオを流しながらゲームしたり、とにかくラジオばかり流していた。
ただ、音に関してはかなり気を付けていたつもりで、小さいボリュームで聞いていた。

36 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 17:18:38.93 ID:cLJKfdHl0.net

>>34
お姉さんには申し訳ないが、間違いなく普通の状態ではなかったと思う。
なにかお薬をキメていたかもしれないし、酒を飲み過ぎていたのかもしれない。

60 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 19:00:08.37 ID:cLJKfdHl0.net

それからしばらく、LINEでの連絡はなかった。
俺からもしなかったし、お姉さんからもなかった。
スピーカーで曲をかける時も、何も言わなかった。
それでも、何か言われたりすることはなかったし、
壁ドンをされたりすることも無かった。

そのうち、あれは夢だったんじゃないかな、と思うようになった。
というのも、嫁が飯を作りにきたり、泊まりに来ることが増えたからだ。
我ながら、自分勝手なクズ野郎だと思う。

嫁とはあまりする事もなかった。嫁自身、
そういったことにあまりいい印象がないかららしい。

31 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 17:03:43.62 ID:cLJKfdHl0.net

>>30
割とよくある、のかな。
あってほしくないんだがw

右手の甲に、キスをされた。しかも、嫁以外の女性に。
お姉さんが帰った後、水を出したコップを洗ってから、
俺は人生で初めて、「左手」でオナヌをした。右手の甲を口に押し付けながら。
我ながら恐ろしく情けない姿だったと思う。でも、なんだか止まらなかった。
嫁とは当時ペッティングぐらいはしていたが、興奮の度合いが段違いだった。

後処理をティッシュに任せて、俺はシャワーを浴びた。
ちょうど0時半ぐらいだったかな。
嫁への罪悪感と、興奮と、明日への不安、それから、隣人のお姉さんに
右手とはいえキスをされたという状況の分からなさでいっぱいになった。

88 :名も無き被検体774号+:2021/04/06(火) 04:29:36.41 ID:1Jph/E9J0.net

沖縄?

3 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 15:42:19.44 ID:m0mRWnRHr.net

vipからきました

93 :名も無き被検体774号+:2021/04/07(水) 20:41:58.99 ID:akwxR9Xh0.net

上級者の俺は壁隔てて寝てる隣のお姉さんに
とっかえひっかえ女の子の喘ぎ声を壁越しに聞かせてる。たまにすれ違う時に、なに食わぬ顔で爽やかにおはようございますと声をかけてお隣のお姉さんの反応を楽しんでいる

5 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 15:43:34.66 ID:Hrf9Vqgpd.net

当時お前も30代だったのか?

44 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 17:43:45.02 ID:cLJKfdHl0.net

>>41
なるほど……。
40代でお互い独身なら、うーん……いいの、かな?

時計を見る余裕がなかったので、どのくらいの時間、
顔を舐めたり、キスをされていたのかわからない。体感、たっぷり30分はされ続けていたと思う。
お姉さんが舌を動かすたびに、湿った唾液と、お姉さんの独特のにおいが顔を蠢いていた。
まるで唾液を擦りこんで、マーキングするかのように、執拗に責めが続いた。

正直、何も考えられなくなっていた。
ここまで書くタイミングが無かったが、自分はかなりのマゾであって、
嫁さんと営むときもほとんど責めを受ける側だ。
だから、別にここで押し倒して逆転が起きるとかそういう話はない、とだけ言っておく。

ひとしきり激しい顔舐め、キスが終わった後、
お姉さんはそっとおでこにキスをしてきた。

35 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 17:16:39.38 ID:cLJKfdHl0.net

たっぷり20分ぐらいは硬直していたと思う。

隣人のお姉さんが俺のセミダブルベッドで、俺の枕で、
俺のかけ布団にくるまって横になっている。
しかも俺はお姉さんの名前すら知らないのだ。

してはいけない気がする。これ以上はまずい。

なのに、俺はふらふらとベッドに入った。
相手も気づいたようだが、特に何もなかった。
しばらく二人で横になっていた。

それから、なんとなく、本当に何の気なしに、お姉さんの頭を撫でてみた。
好奇心?わからない。癖の強い嫁の毛と違い、髪の毛がさらさらだったのを覚えている。

26 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 16:49:16.85 ID:cLJKfdHl0.net

時間は22時を過ぎている。

お姉さんは手提げを見せて、「漫画持ってきたんだ」と言って見せてきた。
この時かなり困惑した。この人何しに来たんだ?

それから30分ぐらい、くだらない話をした。
上司が怖いとか、ウィザードリィをやっているとか、そういう話。
状態が状態だから、かなりとりとめのない話し方だったと思う。
でもお姉さんはちゃんと話を聞いてくれた。
その中でも、ウィザードリィの話に喰いついてきた。
グレーターデーモン狩りについて話すと、
友達が昔やってたよ、ということを教えてくれた。

すごくどうでもいいが、その時の俺の忍者は50レベルを超えていた。

69 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 19:32:28.57 ID:cLJKfdHl0.net

それからお姉さんに勧められて、俺はお姉さんの部屋でシャワーを浴びた。
シャワーを浴びながら、こんなこと続けてちゃいけない、と思った。
自分から連絡したり、アクション起こしておいてこれはないよね。
ついでに、服とか隠されてたらどうしようって思った。杞憂だったけどね。

シャワーを終えて、お姉さんに、
「嫁にも悪いことをした。お姉さんにも。
もうしないほうがいい。本当にごめんなさい」
と言った。
賢者タイムって卑怯だよなぁマジで。

お姉さんは笑って、抱きしめてくれた。
「いいよ。気にしないで。またしたくなったら、すればいいんだから」
言葉の意図がわからず、お姉さんの顔を見ると、相変わらず、あの笑顔で笑っていた。

20 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 16:29:46.92 ID:cLJKfdHl0.net

ある日、上司にものすごい剣幕で怒られたことがあった。理由はよく覚えていない。

その夜、ラジオで流れていたジャズっぽい曲が気に入ったので、
Spotifyで曲を探して、スピーカーから流していた。
20時までくらいなら、スピーカーからでもいいかなと思っていたんだけど、
どうも心が落ち着かなくて、21時過ぎまで音楽を垂れ流していた。

このままだと多分眠れなくてずっと音楽をかけっぱになりそうだったので、
イヤフォンを探してみたが、引っ越しのドタバタのおかげかすぐに見つからなかった。
なので、お姉さんに「音楽がうるさかったら言ってくださいね。音量小さくします。」とLINEを入れることにした。
必要最低限伝えたので、ベッドで横になりながら、スピーカーで音楽を聴いていた。

79 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 19:59:18.95 ID:CUzIoN+/r.net

とりあえず読んでみての率直な感想

釣りじゃね?

ガチだとしたらマジレスすると1番の被害者はお姉さんじゃん
お姉さんは>>1のことを好きだっただけだし彼女いること知ってるから迷惑なら言ってとか要所要所でちゃんと拒否の道をくれてる
でも>>1がまるでピンサロにでも通うかのごとく口で抜いてもらうだけでお姉さんの気持ちも考えず弄んだだけじゃん
彼女いる時に部屋に行こうとしたのも嫉妬からでしょ
確かに少し変なのかただの不器用なのか知らないけどお姉さんマジでかわいそう
一方的にブロックして時を経て勝手にブロック解除してLINE送れないからドアノブに手土産とメモとか傷口に塩を塗り付けるような行為としか思えん

55 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 18:31:39.47 ID:cLJKfdHl0.net

相変わらず、意味のわからないLINEが飛んでくる。
「音は時間によって気を付けるタイミングがあると思います」
「大丈夫なの?」
「いってもいい?」
「いくよ?」

殆ど間髪いれずにメッセージが来て、あっという間にインターフォンが鳴った。
ドアスコープを見ると、お姉さんが立っていた。今回は手提げを持っていなかった。
時間はだいたい、20時ぐらいだったと思う。多分。

68 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 19:28:53.84 ID:cLJKfdHl0.net

それから正直、書くことはあまりない。

また流れるように下を脱がされて、またお姉さんの口の中に出した。
今度はじらすようなことはなかった。

俺はお姉さんの枕を自分の顔に押し付けて、なるべく顔を見ないようにした。
声を殺すようなことはしなかった。全部、お姉さんの枕に向かって声を上げたから。

お姉さんの寝具のにおいをかぎながら、お姉さんの唾液で息子をマーキングされて、
こみ上げてくる射精感で動く腰を手で抑えられながら、じゅるじゅると、内臓まで吸い出されそうな勢いで精を吸われた。

「この前より濃い。とてもうれしい」
お姉さんはそう言って、シンクで水を飲んでいた。

82 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 20:04:27.34 ID:wc3QJrZP0.net

まあお姉さんの幸せを常に祈りつつ精一杯生きろよ

63 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 19:11:12.17 ID:cLJKfdHl0.net

それからしばらく、お姉さんと連絡することはなかった。
ゴミ捨てで顔を合わせても、特に挨拶しかしないような感じ。

その間に、嫁とは何度か致すことがあった。
しかし、あの時のような、びりびりするような背徳感は全くなかった。

それから、実家に帰省している間に、お姉さんからLINEが来た。
「遊びに行ってもいい?」
俺は、
「今は実家なので駄目です。」
と書いたが、少し考えて、
「xx日夜に戻ります」
と付け加えておいた。

書いてるとなかなか自分がクズだなっていうのを実感する……。
きついもんだ。

62 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 19:09:57.76 ID:PVbsayC5a.net

なんだセックスはしてないのか

9 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 15:51:21.18 ID:cLJKfdHl0.net

>>7
すまんな……。

引っ越し時に手土産を渡す、というのはよくある話だと思う。
大学生時代も、それで隣人が同じ大学の先輩だったのがわかったりして、
色々助けられたり、OLさんから簡単なお返しをもらったりしていた。
ある程度の騒音も、顔見知りなら許容できるしね。
だから、今回もきちんと挨拶をして、手土産を渡す、という手順を踏んだ。
特段おかしなことはないと思う。

53 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 18:23:32.65 ID:cLJKfdHl0.net

それから、お姉さんからLINEが来た。
「昨日はごめんね」と、エヴァか何かのスタンプ。違ったかな……?
俺は魂が抜けたみたいなスタンプだけを送った。

もうこんな思いはごめんだ、という自分と、
もっといじめて欲しかった、という自分がいた。

1週間くらいは何もなかった、と思う。
しばらくオナヌもできなかったし、嫁にも会えなかった。会わせる顔がなかった。

61 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 19:06:13.00 ID:cLJKfdHl0.net

ある夜、嫁が泊まっている間に、
お姉さんからLINEが来た。
「楽しそうな声してるけど、遊びに行ってもいい?」

正直、非常に困ったので簡潔に、困ります、とメッセージを送った。

既読がつく前に、インターフォンが鳴った。
ドアスコープを見ると、やはり隣のお姉さんだった。
しかも、なんかいつもより露出がきついように感じた。

俺は嫁を部屋の奥に行かせてから、ドアを開けた。

お姉さんは、すぐに入ろうとしてきたので、
「あの……本当に困るんです。酔ってますか?」
と聞くと、
「酔ってないよぉ。楽しそうなんだもん」
と言った。
俺は外に出て、ドアを後ろ手に閉めた。それから、
「水、ちゃんと飲んでくださいよ」
と言って、お姉さんを隣の部屋に返そうとした。
「そういうとこだよ 好きになっちゃう」
確かこんなことを言われた。

俺は聞かなかったことにして、
お姉さんを部屋に返した。

嫁には
「酔っぱらってたみたい」
と適当に嘘をついて誤魔化した。まぁ、たぶん酔ってたんだろうとは思うんだけどね。

101 :名も無き被検体774号+:2021/04/27(火) 16:27:54.24 ID:V2mDbIVKM.net

大麻の甘い香りで、しょっ引かれて会えなくなったんだろ

29 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 16:55:22.19 ID:cLJKfdHl0.net

>>5
書き忘れたごめん。
当時の俺は20代前半でした。

33 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 17:11:29.83 ID:cLJKfdHl0.net

少し躊躇して、ドアを開ける。
お姉さんはちょっと強引に部屋に入ってきた。
その時点で、止める気もさらさらなかったわけだが。

どういう流れで、どういう話をしたのかは、あまりよく覚えていない。
そのあとの事は、今でも鮮明に覚えているんだけどね。

お姉さんはまた座椅子に座っていたのだが、
眠いからここのベッドで寝かせてくれ、と言って、
勝手に俺のベッドに入って布団をかぶってしまった。

41 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 17:31:22.93 ID:cLJKfdHl0.net

>>37
だよね……。実は、結婚してから嫁に話したことがあって、
「それ完全にレイプだから。あんた被害者だよ」と言われたよ。

なぜかわからないけど、お姉さんはありがとう、だとかなんとか言って
俺に覆いかぶさってきた。
自分よりずっとずっと小柄なはずなのに、全く抵抗が出来なかった。

俺がヒョロヒョロでガリガリ君には違いないだろうけど、そういう意味じゃなくて
「抵抗する」という選択肢が、頭からごっそり抜け落ちてた。
かといって「受け入れる」という選択肢でもない。
何もできなかった。何も考えられず、されるがままだった。

お姉さんは、そのままディープキスをしてきた。

51 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 18:13:36.99 ID:cLJKfdHl0.net

エロ漫画みたいな展開でもさ、エロ漫画じゃないんだよ。
俺はもう一発出してるわけで……。あんなすぐに出せるわけがない。

なかなかイカなかった。というより、
イカせてもらえなかったのかもしれない。
亀頭だけを責められると、なかなかいかない。いけない。
しかも2発目だ。苦しいのと気持ちいいの間を、ずっといったりきたりしていた。

ただひたすら出口のない快感に襲われて、お姉さんに腰を抑えられて、
あまり動くこともできず、ひたすら声を上げ続けた。
時々かわいいとか言われてた気もするが、気のせいかもしれない。

25 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 16:44:51.71 ID:cLJKfdHl0.net

>>23
風邪ひくなよ。

適当に水を入れてあげると、お姉さんはこたつの座椅子に座って
おいしそうに水を飲んだ。そして、おもむろに話を始めた。
大した話じゃないし、仔細は覚えていないんだけど、要約すると

「いつも吐いてて、大丈夫かな、って心配だ」
「今日は吐かなくてよかったな、とか思った」
みたいな。

そんなことを言われたもんだから、俺も申し訳ないなぁと思って
「心配かけちゃってごめんなさい」って言った。
お姉さんは、
別に気にしてないから、あたしがただ勝手に心配してただけ、と言って
グラスに残っている水を飲み干した。それから部屋を見渡して、
あたしの部屋、エアコンの効きが悪くてさ、と語り始めた。

完全に酔ってるな、と思った。
ただ、この考えは間違いだったことが後に分かる。

49 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 18:03:31.81 ID:cLJKfdHl0.net

いろんなことが頭を駆け回った。
嫁への裏切りになるってことや、殆ど知らないお姉さんにされているという状況、
何より顔や耳に塗りこまれた唾液の、独特のにおい。

すごいスピードでいろんなものが駆け回るんだけど、
お姉さんの舌が、先端の裏をチロチロ動くたびに、
駆け回ってたものが消えて、ただひたすら、気持ちがいい。
頭の中が快感だけになっていく。

ある程度舐められてるうちに、
ここをやられると声が出る、っていう場所がお姉さんにバレつつあった。
お姉さんもそれがわかっているようで、俺のほうを上目遣いで見ながら、
そこをちくちくと舌でなぞってきた。

39 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 17:22:57.72 ID:cLJKfdHl0.net

おでこに手を当てると、お姉さんのおでこはじっとり濡れていた。

正直、汗をかいているとは思っていなかった。
汗で張り付く手のひらの感じは、不思議と不快な感じではない。
お姉さんは微動だにせず、寝息を立てているようだった。

何やってんだろう、俺……。
そう思って、手をそっと放した。それから、天井をしばらく見上げていた。
間違いなく、この状況じゃ眠れないよなぁ、とか、そんなことを考えていた。

18 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 16:23:11.92 ID:cLJKfdHl0.net

>>15
ありがとう。うれしいよ。

アパートって、排水管とかの関係上お風呂が隣室同士でそばにあったりするんだよ。
俺がいたアパートはトイレとバスが共同だったから、
朝7時30ぐらいになると嘔吐している音はお姉さんも聞こえていたんだと思う。
時々エレベータで顔を合わせては、「大丈夫?」とか聞いてくれてた。
駄目なんです、とも言えずに俺は「なんとかやってます」と答えるのが精いっぱいだった。

75 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 19:46:47.80 ID:cLJKfdHl0.net

どうでもいいけど、アパートの管理会社はとんでもないいい加減で
契約書出してくれなかったりと、かなり大変だった記憶がある

34 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 17:14:37.43 ID:OCfSsNgf0.net

このお姉さんだいぶガイキチだよな

67 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 19:24:08.91 ID:cLJKfdHl0.net

部屋に入って、あぁ、大人の女性の部屋ってこんな感じか、
なんて思った。

でも、奥に入るとそんなことはなかった。
俺の部屋側の壁には穴が開いているし、(お姉さん曰く、以前の外国人がうるさくて殴って開けたらしい)
お姉さんの写真が大量に飾られていることだった。

話を聞くとお姉さんは双子のようだった。
姉だか妹だかがすでに結婚していて、子供もいるらしい。
たくさん壁に並んでいる写真は、お姉さんの姉か妹だそうだ。旦那さんと映っている写真もある。

俺、双子の事ってよくわからない。
でも、こんなのって……普通、じゃないと思うんだよな……。普通なのかな……。

46 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 17:50:51.48 ID:s8Q71osO0.net

メンヘル板からきますた

83 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 20:06:36.46 ID:cLJKfdHl0.net

吐き出したかったんだ
話の一部はフェイクだけど、さ

98 :名も無き被検体774号+:2021/04/23(金) 10:22:04.59 ID:GneQgfl40.net

お姉さんシャブやってたんだろな

17 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 16:20:13.58 ID:cLJKfdHl0.net

さて、会社での研修が終わり、本配属となった。
仕事自体は全く苦ではなかったが、人間関係は結構な苦痛を俺に与えていた。
初めのうちは、嫌な上司だなとか、怖い上司だな程度にしか思っていなかったのだが、
そのうち朝トイレで吐いてから出社、というルーチンが出来上がってきた。
何をしても怒られる。話しかけても怒られ、黙っていても怒られ、完全にイビリの対象になっていたような気がする。
そんな状態だから、吐かない日もあるが、
だいたい一週間に2回くらいは朝吐いてから出社、という状態だった。

初老の社員さんなんかは、「顔が真っ白だぞ。大丈夫か?」と心配してくれていたが、
当の上司は「やる気がないから覇気もない。上司への口のきき方ガー」とよく怒っていた。

100 :名も無き被検体774号+:2021/04/25(日) 14:59:15.07 ID:Zdl+Gwuz0.net

シャブやってただけにシャブってくれたってかぁ?

76 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 19:47:36.33 ID:cLJKfdHl0.net

なんか質問疑問あったらどうぞです。

16 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 16:15:41.32 ID:cLJKfdHl0.net

LINEを交換した後、またコンビニの袋を出して「ほろ酔い」を2本ほど差し入れとしてもらった。
お姉さん曰く「とっても美味しい」とのこと。
お酒は嫌いじゃなかったので頂いて、
「何かあったら、お互いに連絡とっていきましょうね。」
という話でお姉さんは帰っていった。

うるさかったから来たのかな……と思いつつウィザードリィの続きをやっていると、
すぐにお姉さんからメッセージが来ていた。
”突然連絡先を交換してごめんね。何かあったらいつでも言ってね”
みたいな内容だった。俺は、
“ご丁寧にありがとうございます”とメッセージ送った。

その後、お姉さんは”あたし歌を歌ったりすることがあるから、うるさかったら遠慮なくいってください(笑)”と返してきた。
個人的には、アパート騒音に関してはお互い様だと思っているので、特に指摘するつもりは毛頭なかった。

54 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 18:24:51.96 ID:cLJKfdHl0.net

でもまぁ、健全な20代男子、1週間も抜かないとどうなるか?
夢の中にも出てくるようになるんだよ。あの光景がさ。

結局、俺はまた曲をスピーカーで鳴らして、
「うるさかったら言ってください」ってお姉さんにLINEをした。

92 :名も無き被検体774号+:2021/04/06(火) 23:13:05.25 ID:nd+Mjtds0.net

>>1が不自然なほどクズなのが気になるな
当人に伝わって謝罪の意とか書いてあるけど、この話だけだと>>1に謝罪の姿勢が感じられんわ
何がフェイクなのかはそのお姉さんが見ればわかることなのかな

24 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 16:40:23.84 ID:cLJKfdHl0.net

お隣のお姉さんだった。
手提げみたいなのを持っているのをドアスコープで確認した。
その時の俺は、「ラジオがうるさいから殺されるのかもしれない」と、
非常にびくびくしながらドアを開けた。
「こ、こんばんは……」
「こんばんは〜」

お姉さんは笑顔だった。微妙に怖い笑顔だった。
友達と出会って「よっ!」ってやる笑顔じゃなくて、
営業スマイルとも違う、なんだか張り付いたような不気味な笑顔。
何が何だかわからなかった。

戸口でまごまごしていると、お姉さんは
「とりあえず、入れてくれる?」と言った。
本来であれば、ここでこの変な状態のお姉さんを部屋に入れるのは不味いと思う。
でも、自分の事で手いっぱいだった状態で、俺は頭が回らなかった。
結局俺は押しに負けて、お姉さんを部屋に入れることにした。
多分、酔っぱらってるんだ。水でも飲ませて、適当に帰ってもらおう。と思った。

10 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 15:53:27.74 ID:cLJKfdHl0.net

ただ、そのお姉さんはちょっと変わっていた。
手土産を渡して1時間しないうちに、部屋のインターフォンが鳴った。
「隣の者です」
開けてみると、今コンビニ行ってきましたというような袋を片手に、
さっきのお姉さんが立っていた。
何かまずいことしちゃったかな、と思っているとお姉さんはおもむろに
「さっきのお返しをしようと思ったんだけど、すぐに渡せる物が無くて……」
と、なぜかコンビニで買ったであろうバナナを1本(≠1房ではない)をくれた。

28 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 16:54:39.37 ID:cLJKfdHl0.net

ちょっとトイレ行くね。
書き溜めができてなくてごめんね。

73 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 19:44:15.50 ID:cLJKfdHl0.net

以上がお話になります。
フェイクも一部入ってますが、おおむね話の通りです。

今日は夢にお姉さんが出てきたので、自分の中で整理付けないと、
と思って書き込みました。ちなみに嫁はこのことを知っています。
「あたしたち楽しそうだったからしょうがないよね。せっかくなら3Pしたかった」とか言ってます。すごい嫁だな……。

73 :名も無き被検体774号+:2021/04/05(月) 19:44:15.50 ID:cLJKfdHl0.net

以上がお話になります。
フェイクも一部入ってますが、おおむね話の通りです。

今日は夢にお姉さんが出てきたので、自分の中で整理付けないと、
と思って書き込みました。ちなみに嫁はこのことを知っています。
「あたしたち楽しそうだったからしょうがないよね。せっかくなら3Pしたかった」とか言ってます。すごい嫁だな……。