なんでもまとめ

思い出話に付き合ってくれないか?

1 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 13:55:21.59 ID:mR9MWEUH0.net
俺、今プロのデザイナーとして絵を描く仕事をしてるんだ。特に絵を描くことが好きだった訳でもない俺が、絵で食っていく事を決めた高校時代の思い出話を思い出したから良ければ聞いて欲しい。10年近く昔の話だから、想像も混ぜて思い出しながら書くよ。

231 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 22:01:51.20 ID:MzdjVTRc0.net

俺「おい、お前らwww 俺がこれから何言うか分かるかwww?」

吉田「わかんねぇよwww」

佐野「慌ててどうしたんだwww」

樋口「イッチ、はしゃぎすぎでござるよwww」

嘘つけ、こいつら絶対分かってる。
だって吉田はギターで「シェリー」を弾いてるし、佐野は一度脱いだ外着をもう一度着ようとしているから。そして樋口は、初日も見たような、いつ買ったのかも分からない花火を抱き抱えていた。

188 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 11:45:42.93 ID:MzdjVTRc0.net

ハッとした。俺ばかり絵の楽しさを教えて貰ってたと思っていたけど、俺からも美凪に教えていたのだろうか。美凪はきっと誰かと絵で勝負するなんて初めてだっただろうし、タバコを吸い始めたのもたった数日前だろう。 だからあんなに咳き込んでいた。

60 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 16:37:05.32 ID:mR9MWEUH0.net

避暑地と言えど真夏の正午にもなるとさすがに暑かった。午後には繁華街から離れ、峠道の下の方にある田園風景を樋口と眺めていた。
近くの民家の縁側の方からチリンチリンと風鈴の音が聞こえたり、少し遠くの大きい家で
ビニールプールに水を張って遊ぶ子供たちも見えた。子供と一緒にはしゃぐ大人もいて、やっぱりみんな夏が好きなんだなぁと思った。

8 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 14:44:09.27 ID:AKdGRNNO0.net

出入りするからぼちぼち覗きにくるわ

34 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:36:00.65 ID:mR9MWEUH0.net

すると、話しながらも内心は急いでいたのか

樋口「よし描き終わった!イッチ、あと君!お先に失礼するぞwww」
と樋口が雑に道具を片付けて先に走って民宿へ向かって走り去ってしまった。

時計を見る。俺を置いて先に帰った裏切り者は
ギリギリ間に合うだろうが、今から片付けて帰ってもどうせ間に合わない。女の子と2人きりの状況を作ってくれた樋口に一周まわって感謝しつつ、時間は諦めて絵と女の子との雑談に力を入れることにした。

178 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 11:37:34.51 ID:MzdjVTRc0.net

俺「もう9時だぞwww まだ居たのかよwww」

美凪「イッチこそ、民宿抜けてきたの〜?www 民宿のおばさん達心配させたら怒るからね!」

俺「俺がお前を心配してんだよwww いいから俺にもタバコ1本よこせwww」

美凪「私が吸っててもなんも言わないんだ、それとも何か知ってるとか〜?」

249 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 22:15:13.10 ID:MzdjVTRc0.net

また、美凪が好きな物を語る時の口調で
はしゃいでいる。美凪が本当に楽しそうにするもんだから、皆で笑う。

360 :名も無き被検体774号+:2021/09/11(土) 12:50:27.20 ID:icNCfsQg0.net

イッチ酉付けてないけど
話し方でわかる気がするし、また来てくれるかは分からないけどゆっくり待っとこうかな。

84 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 19:34:02.88 ID:mR9MWEUH0.net

俺は負けた悔しさと、絵を描くことの楽しさについて曖昧な返事しか出来なかった恥ずかしさで
少しムスッとしながら、再び筆を持った。
美凪は筆をしまい、本を取り出しページをめくった。絵を描いていたかと思えば次は読書か、不思議な子だなと思った。

16 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 14:58:06.01 ID:mR9MWEUH0.net

後々書くが、堂々とサボって遊び回ったのはこの初日だけだと思う。だから記憶にも凄く残ってる。

真っ先に近くの小川で水浴びして、近くの農家のおじさんから冷えたスイカを貰って一緒に食べた。サボらないムードが強かった女子たちも、スイカにつられて一緒に食べる。ノッてきた女子たちとも水遊びしまくってた。

樋口「おい、水で下着透けるんじゃねwww」

俺「よしwwwwww」

91 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 19:43:43.77 ID:mR9MWEUH0.net

シェリー、いつになれば俺は這い上がれるだろう。
シェリー、どこに行けば俺はたどりつけるだろう。

切ない曲調なのに美凪は楽しそうに歌っていた。
ぶっちゃけ美凪は、そこまで歌は上手くなかったんだが、俺もついついのっちゃって歌ってみたりした。

「傷つけた人々へ」 「Forget‐me‐not」 「街路樹」 …………とか色んな話をしたのを覚えてる。

10 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 14:48:56.71 ID:mR9MWEUH0.net

俺と同じ班の男子、(以下 樋口)は
クラスでは俺と真逆の大人しいタイプ。
(大人しいと言っても、クラスでは静かなだけで部活になると大はしゃぎして俺らと話すような奴だが)
そんなギャップが萌えると美術部の女子たちにはマスコットキャラ的な存在として可愛がられてたのは懐かしいな。それで、俺と樋口は勿論サボるわけで、バスの中ではサボり計画を立てて楽しんでいた。

321 :名も無き被検体774号+:2021/08/16(月) 07:46:23.66 ID:KyQ/J34w0.net

そしてこれはついこの前の8月に入る前頃のこと。

111 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 21:16:29.14 ID:mR9MWEUH0.net

おばさんは50歳くらい。歳の割に若く見えるし優しいから、去年から美術部の皆とは仲がいい。
俺が入学する前からも毎年うちの美術部が夏休みに合宿に来てるらしく、美術部宛に毎年年賀状を書いてくれる。

332 :名も無き被検体774号+:2021/08/16(月) 13:08:20.55 ID:a94RwQdja.net

213 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 13:03:47.29 ID:RYQY69WE0.net

今北産業

324 :名も無き被検体774号+:2021/08/16(月) 07:48:58.03 ID:KyQ/J34w0.net

俺は驚かなかったよ。だって、美凪がいつか夢を叶えるって信じていたから。
安心はしたけどね。もしここに本当に美凪がいるなら、やっと再会出来るんだなって。

29 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:28:11.01 ID:mR9MWEUH0.net

東屋で絵を描いている人に近づく。一人の女の子だった。俺らと同じくらいの歳かな。
芝生には子供たちがいるものの、東屋近くには人が少なかったためかなり目立った。
しかも長年使ったような立派なイーゼルを立ててまるで画家のような数の沢山の筆で絵を描いていた。肩までかかるくらいの黒髪と画家姿が良く似合う女の子。さすがにベレー帽は被ってなかったが。

246 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 22:13:38.74 ID:MzdjVTRc0.net

美凪「やっぱり来た、待ってたよ〜!」

俺「おまたせ、最後の夜だからみんな連れてきたwwwwww」

樋口「久しぶり美凪ちゃんwww 民宿抜けてきたwww」

吉田「またギター弾きに来たぞwwwwww」

佐野「よし、樋口、花火だせ!」

樋口「そうだな、皆で花火でもやるかwwwwww」

323 :名も無き被検体774号+:2021/08/16(月) 07:47:25.20 ID:KyQ/J34w0.net

その美術部のホームページを見たとき、顧問の名前に美凪の名前があったんだ。昔の苗字のまま。

145 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 22:01:26.00 ID:mR9MWEUH0.net

たった数日でここまで美凪と打ち解けた。
そりゃもちろん地元に帰るのには寂しさがある。
だが、まだ美凪には届いていないものの
自分の実力を認められたのはとても嬉しかった。
陸上部時代にタイムを縮めた時のような感動を、まさか美術部でも経験するとは思わなかった。
そして、合宿が終わる寂しさよりも、せめて美凪に勝ってから地元へ帰ろうという気持ちがより強まった。

351 :名も無き被検体774号+:2021/08/25(水) 23:07:48.47 ID:G6sKlZTl0.net

336 :名も無き被検体774号+:2021/08/16(月) 14:14:51.09 ID:KyQ/J34w0.net

皆さん、ありがとうございました。
美術部の皆について書くのを忘れていましたね。皆とは今でも仲良くさせてもらってます。

樋口と佐野は今、同じIT系の会社で同僚として働いています。あいつらバカだったのに、IT系の仕事に就くと聞いた時は本当に驚きました。

吉田は実家の楽器屋を継ぎました。
吉田のギター好きって、実家が楽器屋だったことから来てるんですよね。今でもよくギターで、尾崎豊の 「シェリー」 を弾いてくれます。

今でも5人でよく飲みに行ったりします。
みんな上京してるんですが、たまには地元に皆で帰ったり、旅行に行ったり。本当に良い友達を持ったな、と思います。

そして、美術部の顧問ながら熱血指導で俺たちを導いてくれた中嶋先生。合宿当時は30歳ほどだったので、10年ちょっとたった今でも現役で先生をやっています。もちろん、俺たちの母校で美術部の顧問。今でも、たまにOBとして顔を出してます。

317 :名も無き被検体774号+:2021/08/16(月) 07:44:27.58 ID:KyQ/J34w0.net

大切な人と離れることは寂しいということは
今でもたまに思う。美凪とまた勝負するまでは寂しくないって思ってた。けど単純に、美凪と話せないことを寂しく思ったりするんだな。それに、お母さんを亡くした美凪も幼い頃から寂しい思いをしていたと思うと、どうしても涙が出る時もあるなぁ。でも、あの夏の10日間からは、美凪も寂しい思いはしてないんだろうなと安心する。

221 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 21:54:11.38 ID:MzdjVTRc0.net

それからも、合宿中はひたすらに絵を描いた。
俺にも夢ができたし、美凪と絵を描くことが今は何よりも楽しかったから。

この前乗ったボロ自転車に乗ってひまわり畑に行って絵を描いた。皆で遊んだ川や民宿の絵も描いた。東屋からの景色も何回描いたかも覚えてないくらい。以前から秘密で描き続けている美凪の人物画もかなり上達してきた。鉛筆で描いてみたり、水彩で描いてみたり。色々な絵にして残しておきたかった。

287 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 23:09:02.28 ID:MzdjVTRc0.net

美凪「じゃあ、とびきり上手く描いてよね〜!」

東屋の中で向かい合い、座る美凪を描く。
初めて美凪に会った時、美凪に教えてもらった集中力を使って必死に描いた。バスのことなど気にせずに30分ほど描いていたと思う。

298 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 23:18:31.07 ID:MzdjVTRc0.net

ここまで付き合ってくださりありがとうございました。

ここで完結とさせていただきます。
やっぱり青春時代を思い出すと、泣きそうなくらい思い出が沢山詰まってますね。

78 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 19:22:35.28 ID:1oi2NbMra.net

頼んだ

244 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 22:12:05.43 ID:MzdjVTRc0.net

少し遠くに見える駅周りの繁華街の明かり、美凪と訪れたひまわり畑、樋口とも絵の勝負をした場所などを眺めながら走る。夜なのに、そこら中の民家から風鈴の音が聴こえた。

169 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 11:26:21.73 ID:MzdjVTRc0.net

樋口「わりい、遅くなったでござるwww」

樋口「イッチ、寝てるかのか〜?www」

樋口「そうだよなぁ」

熱血な祖父に「人前で見せていい涙は、産まれた時の涙と嬉し涙だけだ」と叩き込まれてきた俺は、樋口の前では泣いちゃいけないと必死に涙を堪えていた。

262 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 22:42:33.89 ID:MzdjVTRc0.net

休憩しすぎました、戻りました。

133 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 21:49:25.07 ID:mR9MWEUH0.net

俺「お前、結構音楽詳しいよな?」

吉田「まあな、かなり聴いてるつもりだしだいたい弾けるぞ」

俺「じゃあやっぱりあれ弾いて貰うしかないよなwww」

385 :名も無き被検体774号+:2021/10/02(土) 00:10:50.55 ID:nAuGnArg0.net

再会おめでとう
色っぽい話にはならなかったのかw
夢は現実に打ちのめされてきたおっさんだけど若者には頑張って欲しいなと思ってる
俺もちっさい夢ひとつずつ叶えていくわ
ありがとな

30 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:28:43.92 ID:mR9MWEUH0.net

俺 樋口「ごめんなさーい!ここ、俺らも使っていいかな?絵を描きたくて。」と話しかける。

女の子は大人しそうな見た目に反して
女の子「君たちも絵を描くの〜?」
と元気に答えた。

294 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 23:16:07.24 ID:MzdjVTRc0.net

帰りのバスで1時間ほど走った頃だったかな。
これまでの濃い10日間を締めくくるような、強い眠気に襲われた。俺は窓に寄りかかり、目を閉じようとした。その時、窓に映る俺の袖が見えた。その袖は、やっぱり絵の具で汚れていた。

311 :名も無き被検体774号+:2021/08/16(月) 07:37:15.27 ID:KyQ/J34w0.net

今でも、毎日集中して絵を描いて服の袖を絵の具で汚すことがある。クリーニングに出したり、色んな洗剤で擦ってみたり、汚れを綺麗に落とそうと思えば色んな方法があるのだろうけど、俺はあえて洗濯機に入れるだけ。僅かに残った絵の具の汚れも努力の証だと思って大切にしている。

71 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 16:48:23.91 ID:mR9MWEUH0.net

俺「今日こそ勝負勝つからな!」

美凪「昨日悔しそうだったもんね〜www」

俺「そりゃ悔しいしさ、年下に負けたら」

早速美凪と俺が準備を始め昨日と同じ景色を
描き始める。昨日の夕日とは違って、大きな入道雲が空を覆っていた。

101 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 19:56:05.19 ID:mR9MWEUH0.net

無事100スレに到達。
キリも良いので少し休憩します。
まだ長く続くと思いますが、完結まで
良ければ付き合ってください笑

質問や希望にもできる範囲で答えます。
良ければどうぞ笑

ただの思い出話に付き合ってくれてありがとうございます。

176 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 11:36:30.49 ID:MzdjVTRc0.net

泣きそうになりながらタバコを吸ってる女の子なんて、今までの人生で一度も見た事がないけど、俺がすることは決まっていた。俺も樋口みたいになれるかな。

俺「お〜い美凪〜www 俺にもタバコ1本くれ〜www」

168 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 11:25:40.32 ID:MzdjVTRc0.net

そして、夜の病室で一人で号泣してる時、今まで見舞いに来なかった樋口が、面会時間もとっくに過ぎているのにドアを蹴飛ばす勢いで病室に飛び込んで来たのを思い出した。入院初日の夜だった。

282 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 23:03:27.02 ID:MzdjVTRc0.net

やり残したこと、何一つないつもりだった。
別れの挨拶も、お礼も、夢を叶える約束も、最後の勝負も全てした。だけど、もう一つだけどうしてもしたいことがあった。中嶋先生もその事に気付いていたのかもしれないな。

そう思うと皆から少し遅れ、画材だけ持ってバスを降りた。皆は既に東屋に入っていた。

239 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 22:09:48.20 ID:MzdjVTRc0.net

樋口「キィオクノハカヴァニヴァラマカレタマルデセッメイノダストカンドゥノメイキュッ!wwwwwwwww」

俺「デスボイスやめろwwwwwwwww」

235 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 22:06:08.00 ID:MzdjVTRc0.net

ミーティング開始5分前。入口からは人が多いため、抜け出せないことを分かっていた。
だから、部屋のベランダから非常用のロープを吊るし、4人で降りていく作戦を決行。

夏とはいえ夜の7時にもなると、空のほとんどが紫色で覆われており薄暗い。窓を開けると風で風鈴がチリンチリンと鳴り始めた。

58 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 16:35:50.75 ID:mR9MWEUH0.net

消灯後は布団を囲んで定番の恋バナ。やっぱり恋バナはいつになっても楽しいもんだよね。クラスや美術部の可愛い子の話、太ももがセクシーな子ランキング、などくだらん話をしているうちに皆爆睡。やっぱり吉田と佐野は2人揃って、俺の彼女が一番だろ!とか言ってて羨ましかったな。

134 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 21:50:31.12 ID:mR9MWEUH0.net

美凪「尾崎豊弾ける?『シェリー』弾いてよ!」

吉田「渋いなーwww 俺も好きだけどなwww」

吉田が来たことで大盛り上がり。
吉田もテンション上がりすぎていつもはしない弾き語りしてるし、それに交じって美凪も歌ってる。やっぱりどっちも歌はあんまり上手くはないwww

32 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:31:20.71 ID:mR9MWEUH0.net

俺と樋口は少ない残り時間で急ぎながら、
だけど女の子と喋りながら絵を描いた。
ここら辺は夕日が良く見えるんだよ〜、とか
筆は何使ってるの〜、とか、話してた。
女の子が使ってる筆やイーゼルは年季が入っていたが、道具に詳しくない俺らから見てもいい物だと分かった。

357 :全クリ連大阪支部長:2021/09/11(土) 08:47:00.42 ID:v8X3xWted.net

美凪との再会は近日中にお知らせしますね。
これって運命なんだと思いました!

55 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 16:34:26.13 ID:mR9MWEUH0.net

部屋での会話で、美凪という名前は意図的に使わなかったのは今でも鮮明に覚えている。まだ名前を知っているのは自分だけという優越感に浸っていたかった。

樋口「女の子と一緒とはいえ、イッチが真面目に絵を描くなんていつぶりでござるかwww」

俺「うるせえ、そんな気分の時もあるだろw」

276 :名も無き被検体774号+:2021/08/15(日) 22:54:25.79 ID:MzdjVTRc0.net

中嶋先生が、行きのバスで使ったカラオケ用のマイクのスイッチをあげたと思えば大声で叫んだ。

中嶋先生「ごめんなさーーーい!!!停めてください!!!バス停めて!!!」

42 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:42:25.71 ID:mR9MWEUH0.net

俺「嘘だろやばいぞwwwwwwそろそろ戻らなきゃな!」

と、さっきの裏切り者のように雑に道具を片付けて足早に去ろうとした。

俺は絵を描いてる途中の雑談で、
この女の子がよくここで絵を描いてること、
小さい頃から絵が好きだということ、
俺の1つ年下の高校一年生だということ
を知った。でも肝心なことをまだ聞いていない。