なんでもまとめ

続・ハウルの動く城を解説したい

1 :ピリア:2018/10/15(月) 03:49:58.76 ID:QBEC2Hbc.net
金ローのハウルからえんえんと宮崎駿アニメの話してたけど、
長文連投しすぎて、700コメ過ぎでスレが500kb容量オーバーに。
予想外だった・・・。

337 :ピリア:2018/11/09(金) 03:04:01.97 ID:5CWQMMVi.net

荒れ地の魔女の呪いを解けたのは、この時かなあ。

暗雲のようだったソフィの心に、雲間から光が射した時。

「私なんて美しかったことなんか一度もないわ」
の場面では、もう中年になるしな。
その時には老婆化はソフィの無意識がコントロールしてる。

あ、老婆化は暗示や催眠でもいいけど、変身と言ってもいいな。
ハウルも鳥に変身するし。三下魔法使いも怪物に変身する。
変身はポピュラーな魔法らしい。

147 :指輪:2018/10/26(金) 21:54:20.01 ID:6Cs9OafK.net

>>115
こちらこそ改めてよろしくお願いします。
今、ピリアさんの考察を見ながらもののけ姫を見ています。
ながら見なのでストーリー自体はあまり入っては来ないですけど、ここではあの人がそう考えてたからこうなったのだと、
ある意味客観的に観賞することが出来、私なりにもののけ姫を楽しんでいます。
これもピリアさんやスレの皆さんのおかげです。ありがとうございます。

150 :ピリア:2018/10/27(土) 01:33:16.85 ID:UNQvKBuj.net

エボシは怖い人だなー。

自分の治めるコミュニティのなかにある対立を、
あえて煽って、負の感情を力にしている。

女たちだけを集めて、
「男は頼りにならない」
「石火矢衆と戦う事になるかも」と言う。

で、男たちは戦場で唐傘連の作戦の捨て駒にする。

普通、善き為政者といえば、
いさかいがあるなら仲裁して、
みんなで一緒にがんばろう!と言うところを、

エボシはそのいさかいをかえって煽るんだろうな。

男と女を分断し対立させる。

タタラ場の民と石火矢衆がうちとけることがないように釘をさす。

業病の者達を隔離するのはまあしゃーないけど、
でも、互いに歩み寄れるような言葉をかけたりはしてないと思うぞ。
病のものにも情けをかけろ、とエボシが言えば、
みんな聞くかもしれないけど、それはしてないと思う。

そして対立の弱者、
女、業病の者達、石火矢衆の力で戦う。

国崩しとか、外敵から領土を切り取るときは、
そのやり方でもいいだろうけど、

平和な世を治められるタイプじゃないな。

内政に格差と不満をつくって、
それを外敵にぶつけることで解消しつつ何かを得る、というやり方だから。

・・・そういう治世の国も、まだまだありますねえ。

モロに腕をとられて、
シシ神の変身を見たあとは心が変わってるとは思う。

「ここをいい村にしよう」って言うからな。

うーん。つまりなんていうか、
今まで、いい村をつくろうなんて全然思ってなかったんだろうな・・・。

207 :ピリア:2018/10/29(月) 01:07:45.68 ID:K06z+UpE.net

ホオポノポノのヒューレンも、
ジョーゼフキャンベルもアメリカの人だったww

英語圏にもそういうことが解ってる新世代がきっといますよ。
へーきへーきww

614 :ピリア:2018/11/29(木) 18:15:31.50 ID:6aG5Af2b.net

君の名は、は超圧縮モードで駆け抜ける、みたいな爽快感がありますよね。

処理できない情報を一気に流しこまれると、
それはそれでオーバーフロー感が快感になります。
それはそれで、ガラクタを再生してるヒマがない一種の境地と言うか。
高速処理、F1レーサーとかの境地に似てるかも。
ポルコもいいパイロットの条件はインスピレーションだと言ってたけど。

SKY-HIの高速ラップもそんな感じがする。

次の1200年後の彗星落下にはもう対策を取らないのか

今マギを読み直してるんだけど、まさにそのテーマで笑ったww
33巻、ちょっと改変しつつ引用。

百年後、千年後・・・!?遠い未来・・・!?

あんたは一体何を言ってるんだ?
最近のあんたはバカみたいに遠くばかり見ている。

百年後、確かに同盟はなくなり、戦争は起きているかもしれない。
でも、そんなこと、知った事じゃない!

それは百年後の人間が正すべき未来だ。

平和を築いた、私たちは夢を叶えた。

築いたものを後の者に任せることに怯えるな。

「今」から逃げるな!

・・・
だってさ。

精霊の守り人なんかでも、語り継がれたことが失われてて、窮地になるんだけど。

でも、そもそも、その伝承も、いつか誰かがその時々で最善を尽くした事の記録だ。

未来の人間にもきっと、最善を尽くすことができると信じて、

まあ、対策のヒントくらい残せてたら、きっと御の字、くらいの気持ちでもいいんじゃないかな。

そして、それを信じるためには、今を生きろ!と、叱咤激励されてる王様がいるんだが・・・。まあ、うん。

586 :特異点になりたい人:2018/11/27(火) 14:15:36.53 ID:zUJR4L9u.net

なるほどー
確かに神秘だけ語ってる人、神秘に至る方法も教えてくれる人、それぞれいますね
食レポの例えがすごく分かりやすいです(笑)
自分はそんな美味しい食べ物、神秘があるという事をアニータさんの本で初めて知ったというか、改めて知ったというか。
周りに信仰を持ってる人が何人かいて、よく話には聞いていましたが、アニータさんの言葉が一番分かりやすかった。

至る方法のことは確か、自分が喜びを感じることならなんでもいい、みたいに書いてたような。うろ覚えです(笑)

自分の場合は、至る方法も知りたいし出来るなら実践して見る気持ちはありますが、具体的な方法を書かれると逆に胡散臭く思えてしまって。
だから、神秘の内容、そして至る方法は喜び。それぞれの至り方でいいとする彼女の言葉はシンプルで安心しています。

シータヒーリングは怖そうで読んでません。
特異点という名前が示すように、自分に足りないのは理系の発想というか。論理的なことが難しいようです。
サリマンの嘘やソフィの嘘でさえこのスレで読むまではまっっったく分かってなかった(笑)
ハートとエネルギーが多くを占める自分のような人間は、それこそカルト宗教の支配者や依存させようとする人間のカモになりやすいのですよね。理論武装が弱い分、ハートをコントロールされやすいというか。
だから安易にスピ系の本は読めないのですが。
そんな自分でも、アニータさんの本は安心して読めました。あの手の本によくあるような、読後に毒に当てられた感じもなく、ただ心が温かくなります。

堕落についてはまた考えておこうかな。
堕落した人、何人もいました。ピリアさんの知ってる方のドロドロ具合は分かりませんが、全然気持ちのいいものではありませんよね。人を傷付け悲しませるだけですから。

思考クリーニングの話ですが、自分のはまだまとまってないので置いとこう(笑)
名前考え中さんの経歴が只者じゃない感がすごい…みんなそれぞれの道があり、歩んでいる。他人からわからなくても。人生そのものが道。この言葉が心に響きます。

ピリアさんにも、もしよければ名前考え中さんにも、お聞きしたい。
思考クリーニングは今まで話して来ましたが、感情をクリーニングする方法についてはどんなものがあると思われますか?

前スレで、支配に憤ったコメントをした方に対しピリアさんは、「女の子にフラれてドロドロや闇の精霊を呼び出してしまったハウルのように、何かドロドロした感情を発散させてみてください」と仰っていました

自分は思考もガラクタ塗れですが、それ以上に感情が昂りやすく、感情のクリーニングの方が重要な気がしまして。

何かあれば聞いてみたいな〜〜〜

212 :もしもしp:2018/10/29(月) 15:19:35.32 ID:sENuLEPq.net

自分だって、ちょっと知識をかじって、
バグやアプリをアンインストールして
処理を軽くするっていう小技を覚えたレベルに過ぎないしなww

世の中にはパソコンを自作する人や、
メモリの増設や、
基本ソフトの大幅アップデートや、
そんな感じのことまでやっちゃってる
色んなマスターがいると思うわw

SKYHIは多分沢山のパソコンをネットでつないで並列化して
情報処理を高度化してるww

54 :もしもしp:2018/10/20(土) 16:15:51.15 ID:0WtCopOc.net

ぼく、お魚のポニョも、
半魚人のポニョも、
人間のポニョも、みーんな好きだよ。

これだな。
この境地を求めてるから、
自分のハイヤーなネームはピリア、愛なんだ。

カオナシ、金髪少年、トキさん、
そういう段階の学びの人を愛する。
それが自分に足りないフィーリングで、テーマだ。

理詰めでごめん。
優しくなりたいと思ってるw

216 :もしもしp:2018/10/29(月) 19:58:22.63 ID:4dd9QFgF.net

赤青白黒の4色を使おうと思うと、
今度は陰陽道の四神相応とかになってきて、
それはそれで興味深い世界だけど、
駿は陰陽道や仏教にはイマイチ興味なさそうなんだよなー。

173 :もしもしp:2018/10/28(日) 09:24:34.05 ID:3uv8Z9oo.net

生と死をもつというなら、
生がやってくるのは、その領域じゃん。

0次元、一次元、二次元あたりの神格化なのか。

0次元の神格化というなら、
まああの人格とかを感じないフィーリングは近い気もする。
けど、夜で母で森だからな。
昼と父と太陽とは分かれた存在で、
観測できる実体があるからな。

スレイヤーズでいう
たゆたう混沌、金色の魔王、闇なる母神、そういう感じだ。
あっちはキャラはっちゃけてるけど。

120 :ピリア:2018/10/25(木) 06:48:53.23 ID:YTAmmJMp.net

不思議ネットにまとめてもらってたー。

不思議ネットさん今回もありがとうございました。

621 :ピリア:2018/11/30(金) 21:04:14.68 ID:3na8Tbzz.net

マギはキャラクターの関係性がしっかり考えられてて、
最初から最後までテーマはブレてない。

ちょっと助長になったりダイジェストになったりはするけどww

ハウルとテーマも良く似てる。むりやり一言で言っちゃうと、

支配からの自立だ。

サリマンとハウル。支配するものと、それを越えるもの。

それがシンドバットとアリババだ。

アリババは、ハウルより自立が進んでる。

悩みも苦しみも落ち込みもするが、
そもそも持って生まれた魂のレベルが高そうな、
常守朱みたいな主人公だ。

シンドバットは、支配するものだと
言い切るのをためらう魅力的な人物だ。
英雄で、カリスマがあって、皆のことを考えて、導いている。

まあサリマンも、視点を変えれば、もうちょっと出番があれば、
そういう魅力があったという描写もできただろうな。

国民の目線でみれば、
あのカーチスみたいな国王、愛すべきアホの子より、
為政者としてはサリマンの方がマシには違いない。

94 :ピリア:2018/10/24(水) 12:43:14.07 ID:HQoguDFr.net

乙女たちを守るために、
アシタカは今までのすべてを諦める覚悟で、

神に弓を引く。

そして呪いを受けて、村を追放される。

そうやって物語が始まる。
この物語の始め方には元型、アーキタイプがある。

聖書の有名なやつ、楽園追放、
そして更にその元型は、バーストラウマだ。

これはとても普遍的な物語で、万人の心に響くものがある。

585 :ピリア:2018/11/27(火) 12:48:12.12 ID:A9P8FKA+.net

>>583
ありがとうございます。

うわすごいグサッときた。

これはなにかあるな。慢心?
はい、ちょっと融和を試みてきます。
ありがとうございます。

28 :ピリア:2018/10/17(水) 01:26:17.15 ID:z5iUaChQ.net

自身の中に父性を見出す、というなら、

知や技の研鑽を以て、社会と関わる。
知や技の研鑽を以て、その領域へと道を歩もうとする。

左脳的な論理や科学のアプローチを追求していく、

自らの中に愛を見出したなら、

それをより高めるための方法を模索する。
その正体を見極めていこうとする。

奇跡を、奇跡のまま終わらせず、知によって明らかにし、
再現可能なものにできないか、
エビデンスによって証明できないかと、
思考し、試行し、それを積み上げていく。

そういうことが、父性、男性性の象徴する力かなー。

183 :ミュトス:2018/10/28(日) 15:21:54.70 ID:/3KEwsPC.net

人間の到達できる3つの領域

英知・霊知・神秘(語り得ぬ領域)…祈り・瞑想・芸術によって到達する
──境界線(ウィトゲンシュタインの線)──
未知(語り得る領域)…記号(言葉・数字)によって到達する
──この境界線を拡張する努力=学問──
既知(語られた領域)

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/tamaki-coaching/entry-12344194988.html%3Fusqp%3Dmq331AQECAEoAQ%253D%253D

595 :ピリア:2018/11/28(水) 00:43:02.05 ID:HOLrq7Yh.net

ハウルの緑のネバネバはねえ・・・。

前スレ344 あのくだりはちょっと誤解を生んでたな。ごめん。

調律はいいんだけど、年代物で大物のガラクタを解放すると、
ちょっと反動があることもあるんだよな。好転反応というか。その後はすっきりするんだけど。

ハウルは、ソフィのクリーニングで母性の支配というガラクタに気が付いた。

「美しくなかったら、生きていたってしかたない」

金髪でなければ、サリマンに愛してもらえない、という意味だ。

支配を受け入れないと、愛してもらえない、という気づきの痛みが緑のネバネバだ。

ガラクタガラクタと、なんていうか散々な言い方をしてきてるけど、

そもそもは、嬉しいもの大事なものだと思ったから、とっといてるんだよな、

少年のとき、金髪おかっぱにしたらサリマン先生に美しいと誉めてもらえた、愛してもらえた。

という、喜び。それをハウルは再生し続けていたわけだ。

それを手放すのは、痛い、つらい、泣きたい。そういうこともある。

サリマンの愛は自分を満たさないものだ。それを認める痛みだ。

だからソフィに当たり散らすし、ネバネバ出すし、介抱もしてもらうし、

そうやってひとしきり発散したら、幼児退行して休む。

ソフィも同じだ。

「私なんか美しかったことなんか一度もないわ」

これを言った後、「こんなとこもう嫌」で出て行って、
泣く。雨も降っている。雨が、悲しみ、痛み、心の涙の表現と言うか。
で、カブに寄り添ってもらう。マルクルに必要としてもらう。それで癒される。

376 :ミュトス@別端末:2018/11/15(木) 14:32:00.27 ID:5RT7bIdj.net

殴りたいワラタwwww
H2Oの三態(汽・水・氷)やヨーグルトシャーベットとかすごく分かりやすくて腑に落ちたわ
嘘は人間の特権なんだな

63 :ピリア:2018/10/22(月) 05:30:34.61 ID:UzQm3lXz.net

越えていくことができるのは、支配だけじゃない。

他者との関係性のなかにある、

すべてを越えていっていい。
すべてを許していっていい。

しかもそれには、他者を必要としない。
自分の心のなかだけで、できる。

やればやるほど、心は自由に、完全性に近づいていく。

えーとつまり、

まずサンは、親にひどい目に合わされる。
エボシのところの売られた娘達よりひどいと思う。

危機にあって守ってもらえるはずの存在に、
守ってもらえない。裏切られる。

身代わりにしね、食われろ、というのは
幼子の心がどんだけ傷つくか計り知れない。

売られた娘たちは、
まだその金が一家をしばらく生き延びさせるかも、
売られた先に、また違う人生があるかも、
という気持ちの救済がなくもない。

親サイドにだって言い分はあるだろう。

生き延びれば子どもはまたつくれる、
成人が生きる方が結果的に子孫は増える可能性が高いとか、

どうしようもなく食い扶持がない、一家で飢えてしぬより、
娘を売れば、一家が食えるし、売られた先で娘も食っていける、とか。

でも、もっとどうしようもなく、子を苦しめる親や、子を欲の餌食にする親、
ろくな言い分すらもない親だって、いくらだっているだろう。
保護者が親じゃないこともある。

ちいさいひと、ていう漫画とか
透明なゆりかご、とか、

ブラックラグーンなら双子とかね。

494 :ピリア:2018/11/24(土) 02:29:04.07 ID:D4e+OEF4.net

シビュラに、リーダー格の脳がいるかどうか。

とても面白い視点だと思います。

ちょっと作中の描写からは分からないかなあ・・・。

でも、並列処理、という単語をチラつかせているので、

リーダー脳はいないという設定かな、と自分は思います。

指揮者のいないオーケストラで、
お互いを意識して連携しながら、をやってる気がします。

そうすると、なんつーか、
お互いに情報を共有している、
シビュラとしての決断に
それぞれの脳はどうやって関わっているのか、

これ、自分は感覚としては知ってる、解る、と思うんですが、
説明し辛いんですよね。

思考する、というより、直感する、
って感覚になってくると思います。

インスピレーション的です。

シビュラのことを、神託の巫女と言ったり、
局長の中の人は、神話に出てくる預言者の気分、と言ってましたが、

かなりこの言葉は、感覚として的確かと。
このセリフ考えた脚本家のインスピも優れていると思います。

思考とか決断、というのは、左脳優位な感覚がします。

右脳左脳両方をシンクロで使うと、
情報処理の感覚は、インスピレーションになる。

神託、予言、啓示、そういう言葉のニュアンスも出てくる。

あ、そっか。って解る。

アイコンタクトとか阿吽の呼吸、という感覚になっていく。

で、そこから検証や言語化に左脳を使う。

答えが先に解るんです、検証は後からです。

思考や検証を積み重ねていくんじゃない、そういう情報処理のモードがあって、

それをシビュラは使ってると思います。
オーケストラも多分そうだと思います。

126 :ピリア:2018/10/25(木) 18:12:11.59 ID:YdJtBuID.net

駿が差別について意見を作品に盛り込んでいるとしたら、

調子こいて差別してると、
そのうち手痛いしっぺ返しがくるぞってことかな。

対立における弱者は、不当な扱いに不満を溜めている。怒っている。
それはエネルギーになる。それをまとめるあげるのがエボシなわけだが。

駿はずっと女性性の力、魔女の力、聖母の力について卓越した描写のある監督だったけど、

現代ってのは男性的なものの支配や、父権が強い時代で、
左脳的なもの、科学や論理や、肉体や物質的なものが優位な時代と見ることができる。

いずれ女性的なものが必要とされる、揺り返しが来ると思う。
右脳的なもの、魔法や直感や、精神的なものだ。

対立は、優勢と劣勢のシーソーゲームだ。

劣勢なものが、たとえ少数派であっても、機があれば、
時代に必要なフィーリングであれば、状況は覆る。

これがずっとずっと繰り返されてきたんだ。

でも、それを越えていくときが、きっと来てると思う。

左脳と右脳は対立項じゃなくて、
同レベルに引き上げて整えて、共鳴させて調和させて使うものなんだ。
それが本来の使い方で、そうすると片方優位のときよりはるかに処理が向上する。

そういう風に、シーソーゲームの右のものと左のもの、
それは拮抗するまで対立した後、融和していくべきものだと思う。

98 :ピリア:2018/10/24(水) 12:44:59.45 ID:HQoguDFr.net

で、その楽園追放の元型がバーストラウマだ。

人はひとりの例外もなく、母親から生まれてくる。
十月十日、母の胎内で育つ。

母の胎内ってのは、いわば楽園だ。

温かく、守られていて、空腹もない。
意識がいつ生まれるのかは知らないが
人間の最も最も最初の経験ていうのは、
まどろみながら、羊水に浮かびながら、
ほんの小さな細胞から、
ぐんぐんと身体が組みあがっていく
という素晴らしい奇跡をずっと味わっている。
そういうものだ。

そこには生老病死の苦しみの一切がない。
それを知る前だ。考えもしない。

そしてその楽園から追放される時が来る。

出産というのは母子ともに命がけの大仕事だ。
本当に命を落とすこともある。

死の恐怖。
産道をくぐるとき、まずそれを味わう。

で、無事に産まれてきても、
休む間もなく大仕事が山積みだ。
生まれ落ちたこの世界は楽園だった胎内とは、
なにもかも違っている。

まず呼吸をしなくてはならない。できないとしぬ。
つぎに授乳だ。できないとしぬ。

暑いとか寒いとか、なんかむずがゆいとか、
身体が不快という感覚を知る。

空腹とか眠いとか体の欲求は不快感で表れる。
欲求を満たさなければ不快はつづく。
不快が肉体の限界までつづくとしぬ。

死の恐怖と、肉体の不快感、

それが生まれた世界での最初の経験だ。

生まれる前はあまりにも安らかで奇跡を感じているばかりだったから、
ギャップがひどい。だからトラウマになる。

こういうのをバーストラウマという。生まれてきた時の精神的外傷だ。

352 :ピリア:2018/11/10(土) 21:48:48.08 ID:Mm7/4G77.net

>>351
ありがとうございます。

あー、なるほど。

男性がXYでアンバランスゆえに能動的で、

女性がXXで安定的すぎて受動的になる、

その辺とも符合してくるような。

見るなの座敷、見るなのタブーの話は、

民話の類型にも多いですね。鶴の恩返しとか。

ギリシャ神話にもオルフェウス、
黄泉に妻を取り戻しに行き、
見るなという姿をみてしまって失敗するという、
同じパターンの物語がありますね。

これはなんだろうな〜。

この話のどこが人類の精神にとって
普遍的なテーマなんだろ?

647 :ピリア:2018/12/02(日) 05:20:47.61 ID:bxt8xrFQ.net

イル・イラーというのは人格を感じない法に近い神なので、

今までの話のなかでいうと、シシ神に近いな。

ソロモンはシシ神の首を飛ばしたエボシだ。

シシ神が命を奪ったり与えたりするのはおかしい、
皆でシシ神の力を分けよう、みたいな?

アルバが、まさかのアシタカだww
シシ神に首を返し、里山を神聖不可侵の大森林に戻すことを望んでいる。

イル・イラーやシシ神は人間と心のレベルが違うので、
基本的に理解が及ばない。その声が聞こえる、というのは、
恐らくかなり自己流の解釈になる。ならざるを得ないと思う。

ダビデやシンドバットは、シシ神に成り代わろうとしている。

シシ神になって、他のシシ神レベルの神々、
それ以上の神々と渡り合っていこうとしている。

213 :ピリア:2018/10/29(月) 18:16:48.32 ID:yrDc0+zP.net

その例えで続けて言うと、

神様ってのは、ディスプレイのないスパコンみたいなものだ。

どんな情報処理が行われているのか、知ろうと思ったら、

接続して、自分のディスプレイに表示して見るしかない。

ちょっと自分のパソコンだけじゃできないスケールの
お仕事があるときには、
そちらの高度情報処理のマシンパワーで
やっていただけないでしょうか。
と、お願いすることもできるわけだ。

まあ、直接お願いすると
対価、代償がいることもあるから、
おススメはしない。

高性能のスパコン、
高位の存在ほど、
代償を求めない傾向はあると思う。

菩薩以上って感じならお願いしてもいいかと思う。
聞いていただけるかどうかは分からない。
向こうにも色々都合とか相性とか事情があるらしい

神様ってのはそういう感だ。
ただそういうディスプレイがないパソコン的な存在にも
色んなタイプ、色んなレベルがあって、深入りするとめんどいから、

至るべき領域に至ることを優先するほうが、おススメだ。

640 :もしもしp:2018/12/01(土) 13:54:06.00 ID:1bwDDppl.net

アルマトラン編辺りで飽きてきたら仲間ww
37冊は多いですよね〜。
一気読みすると頭がぼーっとしました。

409 :ピリア:2018/11/17(土) 03:42:09.64 ID:o13Qsa/y.net

なんでシビュラが脳の集合という正体を隠してるかっていうと、
まー色々理由はつけてくるだろうが、実はシンプルに、

そのビジュアルのヤバさが受け容れられないだろうってことだ。

要するに民衆をナメてるからなんだよなー。

情報統制は支配者のはじまりだー。
四次元のダークサイドだー。

シビュラが民衆をナメてかかって、情報を制限するから、
よけいに民衆はなんも考えない衆愚になっていく。
負のスパイラルだ。

朱さんを見ろww
どんな真実を突き付けられても呑みこんで、
自分の信念を見出し、
堂々とシビュラと対話や取り引きをするタフネス、あれも人間だ。
あんな逸材は槙島並みに滅多にいないと思うけどww

サイコパス見てていつもちょっと思うのは、
常守朱の脳をシビュラに取り込むと、どーなるのかな〜っていう。

主人公としてありえないので、やって欲しくはないが。

297 :ピリア:2018/11/06(火) 01:24:37.19 ID:xjyWJC/b.net

男女逆転はな・・・。
もう戦国武将だろうが英雄だろうがやりたい放題だよなw
とりあえずやっとけみたいなww

よしながふみの大奥とか、
ちゃんと設定考えてあるほうが稀で、

とにかく美少女にしとけみたいな風潮、
あきれつつ、でも結構好きww

戦う美少女はいいものだ。

でも、まるきり美少女だともう倒錯がないんだよな。

男装の麗人くらいだと、セイバーくらい?
でも鎧も私服もスカートなんだよな。

リボンの騎士やオスカルみたいなキャラは
あんまり流行ってないなー。

282 :ピリア:2018/11/02(金) 23:12:56.59 ID:/uzpg1C3.net

紅の豚面白かった・・・。

こんなスカッと爽やかな話に考察はいらんやろ、

と思ってたけど、今回はジェンダーという視点があったからな。

そうすると、やけに男が、女が、というセリフが多いのに気が付く。

ナウシカやもののけ姫の、自然対人間、という対立まではいかないが、

男の世界と、女の世界、という対比はあるわけだ。

そして赤毛のフィオは、

異種を受け入れ交流する不思議な力を持ち、

その二つの世界の融和させることができる使者、というわけだな〜。

87 :ピリア:2018/10/24(水) 12:39:13.31 ID:HQoguDFr.net

思えば夏休みの金ローのハウルからえんえんとこのスレやってるんだな・・・。

今週の金曜ロードショーはもののけ姫だ。
予習と復習にもなるかと思うし、
まとめて考察っていうか読み解きっていうか、
書いたから投下してく。

みんなで今週もののけ姫見て、もっと話していけたらとも思う。

よろしく。

220 :もしもしp:2018/10/30(火) 02:21:24.60 ID:MtCnw5gB.net

ペルソナとシャドー、それをクリーニングするのも面白そうだな。

ネットではハイヤーな名前をつけて
好き勝手に思ったことを書くけど、

本名の自分に戻ると、
怪しい話はTPOをわきまえて、
常識的な言動をこころがける、
排斥や依存を望まないから、
そういう自分を演じる。
これはペルソナだ。

でも凄いことに気がついたんだ!
言いたい!聞いてほしい!
と思う衝動があって、それはシャドーというわけだ。

378 :ミュトス@別端末:2018/11/15(木) 14:48:30.44 ID:5RT7bIdj.net

ヒト(氷者)とか妄想してた

6 :特異点になりたい人:2018/10/15(月) 06:32:46.06 ID:zPCjCX5h.net

おぉスレできてた
ありがとうございます、良かった
なんか自分の投稿でスレが終わってしまい、焦りました(笑)
ジブリと関係ない、進撃の巨人ED歌詞考察でしたが大丈夫ですかね〜
触発された結果長文になってしまい、考察の半分しか投稿できなかった…タイミングを見てまた投稿してもいいかな

318 :ピリア:2018/11/06(火) 22:05:25.07 ID:uvKSwsWm.net

あ、それと、

青い光の指輪に導かれてソフィとヒンがくぐった黒い扉の向こうが、

過去じゃなくて、心のなかとか深層心理とかいうのには、伏線があって、

サリマンと対決した後ぼろぼろのハウルが帰ってきて、
若い娘の姿のソフィがそれを追って、
ハウルの私室に入ると、部屋がトンネルになってる場面がある。

そのときトンネルは二股に分岐してる描写がある。

ソフィはその時は怪物になったハウルがいるほう、
顕在意識のハウルがいるほうに進む。

で、無意識に続いてたもう片方のトンネルの先はどうなってるのか、
それが後半のソフィとヒンが行く黒い扉の向こうである、と。

そういう伏線だと思う。

498 :ピリア:2018/11/24(土) 03:56:10.78 ID:D4e+OEF4.net

逆に言うと、インスピレーションを全く使わないで、

常識とか論理とか記憶とか積み上げていく思考だけ使ってる人は、

できることがAIとまるかぶりで競うことになるから、厳しいのかも。

うん、やっぱ心を完全性に近づけよう、てのは、

支配を越えるということからも、AIを監督するということからも、

重要になってくる気がしてきた。

よ〜し未来のためにも、もっとwwアニメ見ようwww

603 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/11/28(水) 13:05:56.36 ID:fJaI3ZFj.net

467 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/11/21(水) 20:21:39.36 ID:OghQx5+5.net

>>464
ああ、やはりそういう方面に理由があるんですね。

172 :もしもしp:2018/10/28(日) 09:18:16.65 ID:3uv8Z9oo.net

待てよ、一次元二次元より下は、
0次元はまた、その領域じゃんね…。

608 :名前考え中:2018/11/28(水) 22:51:09.76 ID:KHsUZ9UT.net

>>604
ごめんなさい!気がつかなかった。ものすごく意味深になっている。
見えない・聞こえない・感じない、何もない人です><

私もそういう話好き・・・だけど自分では何もない〜。
期待に胸いっぱいの様子が目に浮かびます。申し訳なかったです。

お詫びに私のたった一つの不思議体験を披露してみよう。
題して「光の玉衝突事件」

妊娠してつわりが酷くて倒れているしかなかったある日。
目を閉じてぼんやりしていたところ、
何にもない視界の10mほど先に
ふわふわと漂う白っぽく明るい光の玉が。
大きさは直径20センチくらい。

何だろう?と眺めていたら、光の玉の方も私に気が付いたらしい。
あ!って感じでこちらを凝視(そんなふうに感じた)
それからすごい勢いでこちらに飛んできた。
ええええ?!ぶつかる〜〜と身構えたけれど、
何の感触もなく体に入った。
通り抜けた様子もなかった。

そんなこともすっかり忘れた6年後。
やはり妊娠初期でつわりで倒れていた。
テレビの音や家族の会話の声もちゃんと聞こえていたから
寝てはいないと思う。
ふわふわふわと光の玉が飛んできて、
何だこれ見たことある〜と思っていたら体にスポッと入った。
ここで6年前のことを思い出し、これってもしかして子供の魂?
と考えたんだけど、残念ながらすぐに流産。

しかし体が回復するとすぐにまた妊娠。
また光の玉がくるかも〜と思って待っていたんだが、
今度はこなかった。
もしかしてこれは、2回目の光の玉が新しい体ができるのをそのまま待っていた?
と結論づけてみた。

ここで終わればよかったんだが、それから数年後。
またきたんですよ。光の玉w
でも今度は妊娠していない。
朝日で明るい部屋で目が覚め、起きないとな〜とぼんやりしていたところに
ふわふわふわと飛んできた。
目は開けているし部屋の様子も見えている。
光っているな〜と見ていたら、ふわふわと近寄ってきて頭にスポッ。

子供の魂ではなかったのか><
ならばあれは何〜〜〜???

という事件でした。

631 :ピリア:2018/12/01(土) 05:26:19.27 ID:fhVvUjgj.net

シンドバットには、トラウマというか癒えないものというか、
再生し続けている記憶がある。戦火に呑まれる国だ。

あのとき、救えなかった、今度こそ。と思っている。

それがあるからこそ、世界を平定するまで漕ぎつけるんだけど。

でも、シンドバットは民を見ていない。過去を見ている。

みんな平和になって良かった、ありがとう、と言ってるのに、聞いてない。

更に、もっと、みんなを救おうとする。

余計なお世話なんだな。
カーチャンってやつはな。
悪気はないから断りづらいけど、いらないんだって・・・。

まあ、そういう時の常套句はこれだ。

「あなたのためを思ってやってる」

32巻でシンドバットも紅玉にこういうのを言ってる。

「あれは必要なことでした、なぜわからないのですか?」って。

634 :ピリア:2018/12/01(土) 06:10:41.33 ID:fhVvUjgj.net

後、そういう顔をするのは、
側近のジャーファルに諌められる場面だ。

>>614

414 :ピリア:2018/11/17(土) 12:50:56.99 ID:RxV27uwm.net

ある情報処理の集合、その集合をさらに情報処理として観測する。

このフラクタルで考える。

情報処理のユニットのフラクタルだ。

するとユニットがある大きさになった時、国くらいになった時
槙島聖護のような異端を排除しない方がいい、という規模があるし、

ユニットを小さくして考えて、個人の脳も集合であり、
潜在犯とか判定値越えの人間をエリミネーターでぶっとばさなくても、
その集合の一部をケアすれば、集合全体をぶっとばさなくても、
なんとかなるよなっていう考え方がある。

シビュラだってそうしたわけだし。

鹿矛囲桐斗の問題提起はとても重要で面白い。

ここからなんとかもう少し解りやすく書けるかがんばるw

469 :ピリア:2018/11/21(水) 21:33:28.26 ID:cAkUtsJN.net

>>466
えっなにそれ面白そう。

ありがとうございます。

いや本当の魔法使いは逆にそうするってこともあるかもww

八卦の空、というややマイナーな漫画があるんですけど、

それに出てくる敵の強力な道士は、そんな感じでした。
自分の名前をけっして明かさない。
他人をいつも適当なあだ名で呼ぶ。
なにかここぞという時、命令、支配するときだけ本名で呼ぶ、という。

あれは徹底した設定だったなあ、と思い出してるところでした。

最後やっつけ気味で終わらなければ名作だったのに。

そっか、名前の力を知り過ぎてる故に名前がつけられない、
特に自分につける名前には慎重になる、なるほど。

ぬ〜べ〜の郷子の真名の話とか、
夢枕獏の陰陽師の名は呪であるという話とか、
前スレで書いたなそういえば。

しかし推測ですが、

名前も有限のなにかである以上は、
クリーニング、色即是空、0に書き換える、というメソッドが通用するかと。

ホオポノポノが上手になれば、
その領域とシンクロする感覚を強めていけば、

そんなに難しく考えなくても良くなりそうです。

263 :メディアみっくす☆名無しさん:2018/11/01(木) 16:37:59.28 ID:QMzqdb1C.net

漫画家うげっぱさん、44歳で死去…「ハウンド 特殊性犯罪指定捜査部」連載中
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000103-sph-ent
【放射能は安全、無機水銀は安全】 オウム真理教もサリンは安全″と言えば死刑にならなかったんだな
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1541038695/l50

505 :ピリア:2018/11/24(土) 12:25:07.98 ID:lRzXn033.net

シビュラ的な情報処理、SKY-HIのライブには参加してみたいが、

培養脳で、自分の情報処理を拡張増幅できますよ、と、もし誘われても

あまり魅力を感じないな・・・。

飛行船とか、気球に乗れますよ、と言われたら、鳥瞰の景色を楽しむために乗るけど、

車を今のコンパクトカーから、10トントラックにできますよ、と言われても、

いや・・・、あんまり。そんなに荷物乗せたくないし、小回り効かなさそうだし、いいです。

みたいな。

196 :520:2018/10/28(日) 22:22:18.06 ID:S2qEz/2P.net

なんだか、全てのジブリ作品が宮崎駿の統合への道に見えてきちゃいましたwヤバいw

152 :151:2018/10/27(土) 02:27:30.56 ID:V1GHDiCf.net

 母権社会・女性性というテーゼに対して父権社会・男性性というアンチテーゼが存在するのならば、この二つの概念は対立ではなく止揚、アウフヘーベンしなければならなかった。
 しかし、実際には人間社会の価値観は男性性に偏重し、女性性に属するものは未熟なもの、劣ったものとして抑圧されてしまっている。
 物事は何であれ振り子のように揺れ動くものである以上、いずれは女性性への揺り戻しが起きるでしょう。
 その時、今度こそ止揚せねばならな

323 :ピリア:2018/11/08(木) 05:10:15.78 ID:QgmJzpTt.net

>>125 >>178 >>199

あたりで書いた事をもう少し展開していけそう。

エボシは、
男と女、
健常者と業病者、
タタラ場民と石火矢衆、

そして自然と人間。

どの対立でも穢れているとされる方、弱者である方の味方になって、
不当へ反発する力をまとめあげて大きな力にしてると書いた。

ケガレって、穢れと書くけど、気、枯れ、という意味でもある。

藤井聡の話だと、
土木を行う者も、ケガレている者で、
人とは見做されない民の仕事だった。

井戸みたいに深く土を堀る、木を切る。
神体である自然を鉄器を削るもの、
つまり神をころすものだからな。

江戸の身分、士農工商が行き渡る以前は、
農民、里に暮らすものが人間の基本で、
それ以外は見下すという風潮だったという。
その精神性は、未だ日本人の文化に根付いている。

土木を行うもの、
タタラなどモノを作る職人、
狩人など山の民、
旅人、旅芸人、河原もの、
屠畜など死に触れるものとか。

もののけ姫に登場する人物は皆そうだなwww
ケガレてるとされるもの、
アウトローしかいないwww

タタラ場は山に刃を入れて、切り拓いて作った。
タタラ場には田がない。エボシの庭に小さな畑があるだけだ。
米も食料も自給では足りない。里で買ってくる。

ジバシリは山の民、ジコ坊は唱門師という旅芸人、
アシタカは旅人だ。

71 :ピリア:2018/10/23(火) 18:58:10.65 ID:if1Rwv1P.net

もののけ姫書きためてるけど、
スピとオカルト控えめで書こうとするとめっちゃやりにくいww
わろたww

345 :ピリア:2018/11/10(土) 16:15:51.19 ID:pW3wvxfT.net

あらー
ミュトスさんじゃなかったんですね。

339さんミュトスさん
申し訳ありませんでした。

いや目が滑るのはもう仕方ないと思いますww
自分でも何か解った気がするのに
書いてみるとなにがなんだかww

神秘をじかに語ろうとすると、
そんなもんだとは思うんですが、

もうちょっとしっかり掴んで
解りやすく書けるようになってみたいです。

339さん初書き込みなのかな?
このスレに今まで古事記を引用してくるような
猛者の気配はなかった気がしましたが。

もっと色々聞いてみたいですね〜
ミュトスさんに同意。
いつでもお願いします。

間違ってたらご指導ご鞭撻も頂けると有難いです。