なんでもまとめ

犯罪者と遊んでた時の話する

1 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 09:55:44.41 ID:vWBZ2FgJ0.net
JKの頃の話。
暇だから書いていくから暇つぶしに読んでくれ。
ちなみに書き溜めてはいないかは時間はかかる

65 :名も無き被検体774号+:2021/12/01(水) 17:44:21.61 ID:blPA/E+8a.net

続き今考えてるのか

53 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 17:21:09.21 ID:03acYgw80.net

殺されなくてよかったな

54 :フシアナ :2021/11/30(火) 17:21:58.14 ID:miI6L1AOd.net

続き気になる

35 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 15:18:58.03 ID:vWBZ2FgJ0.net

するとオッサンは

「……!」

「ぁぁああ…!ああああ!!」

「フタリ ケス!!!!」

と席を立った。

挑発しといてなんだが怖すぎて武器の存在も忘れてトイレに逃げた。

するとオッサンももちろん追いかけて来た。

A子と同じ個室に入って「どうする?どうしよ?!」と挑発した事を後悔しながらオロオロしてた。

そしたら武器持ってる事に気がついて2人とも武器を装備しトイレに出る事にした。

37 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 15:33:02.46 ID:vWBZ2FgJ0.net

その後もオッサンとは毎日会うがそれ以降、特に追いかけられる事もなくオッサンの臭いがキツかったり2リットルペットボトルを抱えたたりと変わらずのオッサン。

ワイ達もオッサンとたまにスリーショット撮ってケラケラ笑ってるくらいだった。

こうして青春はオッサンと共にあったのだが別れは突然ですがきた。

24 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 11:14:22.33 ID:vWBZ2FgJ0.net

オッサンがしばらくしても動かないからバレたと悟ってこの日は引き返すことにした。

次の日、商業施設に行くとオッサンはいつものように座ってた。

この謎多きオッサンにjk心をくすぐられいっぱい一緒に写真撮ったりした。
ある時はプリクラ撮ろうと誘ってみた。プリクラが何かわかってないのか「???」というような顔をしていた。

オッサンがいる所は1階、プリクラがある所は3階にありオッサンをエスカレーターに誘導して撮ろう!と乗せた。

するとオッサンは2階に上がって無言で速攻、下に降り立った。
オッサンは頑なに2階には行きたがらなかった。だからプリクラは諦めて一緒に写メを撮ってその日は帰った。

そして次の日…

15 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 10:36:00.70 ID:vWBZ2FgJ0.net

>>13
ありがとう、文才ないし遅いけどごめんな

97 :名も無き被検体774号+:2021/12/11(土) 06:58:51.36 ID:UziX9B+U0.net

もう戻ってこないのか…
でもブックマーク外せねぇw

3 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 10:03:35.15 ID:vWBZ2FgJ0.net

もちろんお金もないからクーポン使用してポテトと水を頼んで椅子に座ってA子と談笑を始めた。

ふと目を横にやると隣の席のおっさんがうつ伏せになって寝てた。
おっさんが寝てんなーと思いながら話の続きをしてたら、おっさんがパッと顔をあげた。
顔が赤かった。

5 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 10:11:31.00 ID:vWBZ2FgJ0.net

ワイ 「あの、大丈夫ですか?」

オッサン 「ふじこふじこ!」

と何言ってるかわからない返事がきたから大丈夫だろと思って無視しながらポテト食ってた。

16 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 10:39:21.53 ID:vWBZ2FgJ0.net

その次の日からオッサンの行動に変化が出た。

いつものようにオッサンがいる椅子がある広場に行くともちろん居た。
オッサン、よ!と挨拶だけしてワイらは話に花を咲かせてた。で、トイレに行きたくなったからトイレに行こうとA子と向かった。

すると後ろからオッサンが後ろから着いてきた。

61 :名も無き被検体774号+:2021/12/01(水) 07:04:37.85 ID:KePdVGWZ0.net

オッサン…

61 :名も無き被検体774号+:2021/12/01(水) 07:04:37.85 ID:KePdVGWZ0.net

オッサン…

17 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 10:43:13.71 ID:vWBZ2FgJ0.net

そこのトイレは男女一緒の場所にあるんじゃなく
男は離れた場所、女も離れた場所にあるトイレだから確実にオッサンはトイレに着いてきているとわかった。

オッサンは毎日ワイらが学校から商業施設に行ったら必ず居て帰りもワイらが帰る時間までいるからオッサンが歩く姿を見たのは初めてだった。

その事もあり、いきなりトイレについてこられて怖すぎてとりあえずA子とダッシュでトイレに逃げた。

77 :名も無き被検体774号+:2021/12/04(土) 15:22:06.71 ID:vfuiURGR0.net

JK時代でもそんな度胸なかったわ

55 :てきとお:2021/11/30(火) 17:25:13.08 ID:bK0jDL730.net

聖水プレイに興味はありませんか?

71 :名も無き被検体774号+:2021/12/03(金) 15:29:56.76 ID:dAyGT8pO0.net

おっさんは>>1なんだろ?

2 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 09:58:41.16 ID:vWBZ2FgJ0.net

JKの頃。
学校は遠くて数回乗り継ぎをして行くような学校に通ってた。仲が良かった友達A子も同じく遠方から通学していてお互いの乗り換え駅の街で良く遊んでいた。

JKの遊びって言っても話したりプリクラ取ったりといったもの。
とある日も喋ろうとなりマックへ行くことになった。

56 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 17:51:39.38 ID:P5rr+CsB0.net

>>51
プールだな。

100 :名も無き被検体774号+:2021/12/24(金) 14:57:34.38 ID:UYVPr0nJ0EVE.net

1!!!はよ帰ってこーい!!!

82 :名も無き被検体774号+:2021/12/04(土) 23:45:14.02 ID:49RO57Zu0.net

気になる

64 :名も無き被検体774号+:2021/12/01(水) 16:48:22.28 ID:RBRWRSNfM.net

続きあく

30 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 12:12:11.78 ID:aiY5KmwVr.net

なんだこの話ww
続きはよwww

83 :名も無き被検体774号+:2021/12/04(土) 23:48:30.04 ID:49RO57Zu0.net

気になる

68 :名も無き被検体774号+:2021/12/01(水) 22:19:08.85 ID:KePdVGWZ0.net

>>67
とりあえず保守しとこうよ
望み薄そうだけど

98 :名も無き被検体774号+:2021/12/14(火) 01:06:11.54 ID:yWexlSqU0.net

そもそも

32 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 12:30:18.16 ID:djADs+UCM.net

シャブの売人か乱用者か
楽しみである

79 :名も無き被検体774号+:2021/12/04(土) 18:59:43.73 ID:aFNqPJXj0.net

よんだぞ
はよつづき

40 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 15:49:59.10 ID:CRmEIyuBa.net

みてるぞ

19 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 10:50:09.05 ID:P5rr+CsB0.net

あれ、不法侵入じゃん

4 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 10:06:48.38 ID:vWBZ2FgJ0.net

酔っぱらってんだなと思った。
オッサンはうつ伏せになって起き上がってを繰り返してて、なんか気になって声をかけた。

86 :名も無き被検体774号+:2021/12/05(日) 13:05:23.90 ID:JZ1t8eXk0.net

>>81
嘘松で暇つぶし
1が飽きる
おまえ来る

33 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 13:16:38.50 ID:bqr+v+dU0.net

ちょっと風呂断ちしてマック行ってくる

20 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 10:56:51.60 ID:vWBZ2FgJ0.net

オッサンがまだいた事にビックリして「ギャーー!」と声を上げてトイレに引き返したらさすがに他の客が気がついてオッサンは警備員に連行されてった。

今まで無害だったオッサンが追いかけてくる事なんてなかったから怖かった。

臭いって言ったのがダメだったのか?とA子と話しながらその日は帰った。

次の日、オッサンはもちろん居た。

ノリだけで生きているjkは昨日の恐怖を忘れ、オッサンの謎が深まるばかりで色々探ってみることにした。

なぜ毎日いるのか、なぜ毎日2リットルペットボトルを持っているのか、家はどこか。

これを探るべくオッサンに話しかけた。

「なんで毎日ここにいんの?」と。

オッサンはこの質問に黙っていた。

「ポテト買って」と聞くと

小銭しかないといいポケットを指差した。
オッサンのポケットに手を突っ込むと数十円とレシート一枚が出てきた。

そのレシートを見るといつもいる商業施設から電車で15分くらいかかる所のスーパーで、いつも持参してるペットボトルを購入したレシートだった。
家もおそらくその辺だろう。

42 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 16:15:44.62 ID:vWBZ2FgJ0.net

そうしてオッサンの存在は完全に忘れてしまい、自分の人生を楽しんでいました。

そしてワイ、19歳になった時のこと。

当時交際していた彼氏の家に行く事になり電車で1時間かけて向かってった。

駅を出ようと思ったら、icカードの残金不足に気がつき、めんどくさいがチャージするしかないしチャージ機に行き、列に並びました。

結構な人数が並んでてダルいなーと思いつつボケーっとしてるとチャージ機の横にあるポスターに目をやった。

すると

探しています!!

見つけたら110番!!!

と書かれた顔写真付きのオッサンが…。

41 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 16:05:30.89 ID:GlPKpn6Hp.net

見てるよ

39 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 15:44:43.08 ID:vWBZ2FgJ0.net

オッサンがいない日はなかったのに今日に限って居ないのか…?とオッサンに会えなかったことに落ち込み、また別の日に来てみる事になった。

でも何度来てもオッサンは現れる事はなかった。
自分達が見てたのは幻だったのか?と疑ってしまう程パタリと消えてしまった。

92 :名も無き被検体774号+:2021/12/07(火) 02:16:53.78 ID:AnHYDNEc0.net

作者が飽きて打ち切り定期

70 :名も無き被検体774号+:2021/12/03(金) 15:15:14.65 ID:CsxJEfCm0.net

あれ?
まだ来てないの?
長い習い事だなぁ

31 :フシアナ :2021/11/30(火) 12:15:45.14 ID:miI6L1AOd.net

しぇん

74 :名も無き被検体774号+:2021/12/03(金) 21:59:49.66 ID:kUxfokN+p.net

まだか…

91 :名も無き被検体774号+:2021/12/06(月) 23:50:44.02 ID:tXgrFlga0.net

続き気になる

80 :名も無き被検体774号+:2021/12/04(土) 19:56:51.29 ID:oEUUXwJ+0.net

つづきはまだか

44 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 16:20:53.44 ID:vWBZ2FgJ0.net

え!?オッサン?!?!

と思いつつ写真を撮ってA子に慌てて電話し、これあのオッサンじゃね?と問うとA子もオッサンに違いない!!と。

とりあえず警察に電話してみる事にした。

「あの、〇〇駅のポスター見たんですけど…犯人知ってます」

おまわり「お待ち下さいー」と何やら調べている様子。

おまわり「ご協力ありがとうございます、実はその犯人は逮捕されました。まもなく起訴されます」

オッサン、捕まってた。

52 :ナルミータン:2021/11/30(火) 16:53:23.69 ID:WTGnfApt0.net

ここまで全く面白くなくてワロタ

23 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 11:07:33.74 ID:vWBZ2FgJ0.net

オッサンはその商業施設が閉まる頃、店を出た。
その後は気付かれないように距離をとって着いて行った。

辺りは薄暗く、駅に向かう様子はない。
拙い歩き方で薄暗い道へブツブツ何か言いながら歩いてった。

10分くらいつけてた時。

いきなりオッサンが後ろを振り返った。

咄嗟に近くにあった建物に隠れたがバレたかも…とドキドキしながら建物の隙間からオッサンを覗いたらオッサンは前を向いて突っ立ってた。

34 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 15:14:33.63 ID:vWBZ2FgJ0.net

遅くなってすまん、続きを書く。

とりあえず何かあってもいいように各々武器を持ち寄ろうとなりワイはゴキジェットを持参した。
あとは鞄を盾に使える様に教科書入れて強化した。

そして学校を終えてオッサンの所へ向かった。

オッサンがいつ襲い掛かってもいい様にゴキジェットを後ろ手に隠して近づいた。
オッサンがワイ達に気がついてこっちをじっと見てきた。

恐る恐る近づいて見てもオッサンは微動だにしない。

なのでこっちから話しかけて見た。

「明日2人消すんじゃないの?もう今日だよ」って。

43 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 16:18:08.00 ID:fxdGvtRXd.net

見てるよ

76 :名も無き被検体774号+:2021/12/04(土) 14:30:06.77 ID:ZF0Jk+dr0.net

続きを

58 :名も無き被検体774号+:2021/11/30(火) 18:59:57.70 ID:0edgwihkd.net

気になる待ってるからね